fc2ブログ
 Slade - Run Runaway 
リンク曲について
寒波襲来とのことで日本列島が氷づいている。(一部の南日本を除く)そんな時は1984年に大ヒットを飛ばしたSladeのRun Runawayのような景気のいい曲を聴きながら、お湯割りのウイスキーで体を温めたい。和洋を問わず暖かい酒は腸(はらわた)に浸みる。

白楽天は自らの詩「卯時の酒」(ぼうじのさけ)の中で、「明け方に飲む酒は、はらわたの中を春風が駆け抜ける如し」と詠っている。2013年7月8日ミック投稿
ミック随筆「白楽天卯時の酒」参照。然らば、畏怖さえ抱く天才詩人にあやかり、己の体内だけでも一足早く春の気配を感じたいものである。

もちろん、こういう酒の飲み方は日頃の憂さも晴らしてくれる。本日はこの陽気極まる曲と付き合い、だいぶ日が伸びた冬の夕刻の珠玉の一時を愛で、心行くまで週の中休みの余韻に浸りたいのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
今日の仙台は真冬日で大変寒い一日であった。終日陽の当たらない路地の状態はこの通りで、圧雪、アイスバーン状態である。そんな中、家でじっとしているのが苦手な私は雪中ウォーキングに出掛けることにした。履物は長靴、上着はダウンのジャンバーである。

青葉区の輪王寺を訪ねると境内はご覧の通りの雪景色である。

お地蔵さんも寒そうだ。

山門に向って階段を下りてゆくと一匹の猫が寄ってきた。どうやら人懐こい野良猫のようだ。




体を撫でてもまったく逃げる気配がない。それどころか、猫は私の進路を邪魔するように擦りよってくる。これには参った。


この後猫は私の後を追ってきたが、山門のあたりで諦めたようだ。恐らく空腹で餌をねだったのだろう。

この後町のほうに向かって歩くと吹雪模様になってきた。


歩き続けてないと体温を奪われそうになるシチュエーションである。

商店街の一番町に行くとようやく吹雪も収まってきた。

私はアーケードのマクドナルドに入り、冷えた体をホットコーヒーで暖めた。



PM1時となっても気温はマイナス2度


道理で寒いはずである。

ミック挨拶
仕事の話で何ですが、何かと行事の多い一月でした。その行事も昨日で恙無く終わり、今日は胸を撫で下ろしながら貴重な週半ばの休日を過ごしました。寒かったですが達成感もあり、じっとしているよりは良かったと受け止めております。大寒を過ぎ一年で一番寒い頃となりましたが、これからの休日もこうした雪中ウォーキングを大いに取り入れ、身体を鍛えるとともに、最も大切なモチベーションを絶やさないよう心掛けて参りたいと思います。さあ、今からSladeのRun Runawayを聴きながら至福の晩酌を愉しみたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)