fc2ブログ
高橋洋一:どうしても5類に引き下げたくない既得権者は医師会とマスコミ


本日は一週間前に掲載した高橋洋一チャンネルのスレッドを引用させて頂いた。新型コロナについては、とっくに5類(インフルエンザ並み)になって然りなのだが、なかなかそうならない。私は以前から根強い利権を持つ者(高橋洋一氏は既得権者と表現)が居ると踏んでいたが、高橋氏の説明を聞くと全てが噛み合ってくるのである。

・週刊ダイヤモンド誌に、夏の参議院選挙後に「新型コロナを5類並み(インフルエンザと同等)に見直すことを検討する」という飛ばし記事(裏付けをとっていない記事で一種のフェイク)が掲載された。

・フェイクであるにも関わらず、この記事に東京医師会の尾崎会長が食らいつき「5類にするのはダメだ」と言ったという。これによって医師会の思惑(新型コロナを5類にしたくない)がはっきりと見えた。

・この利害は厚生労働省も同じである。即ち、現状の感染症2類扱いのほうがはるかに予算を取り付けやすいからである。

・更にメディアにも同じことが言える。彼らはコロナが5類になってしまうと記事ネタにならないので困ってしまう。そうなると、コロナは怖いと吹聴しまくったメディアも立派な既得権者と言える。

・コロナワクチンは厚生労働省が大量(7億本)に購入してしまい、余るのは確実であり、世論に叩かれるのを恐れている。幸いにも堀内詔子ワクチン担当大臣が居なくなり、有耶無耶に出来そうな状況。

・国民から見れば無責任そのものだが、政府としては闇に葬りたいというのが本音である。本来ならばこれを追求するのが野党の役割だが、今の野党では役不足。恐らくこれを追求できないものと察する。(滝に向かって石を投げるようなもの)

1分類

コロナにおける金権腐敗の構図を描いてみた。こう考えることで辻褄が合い、全てが利権で繋がっているのがおわかり頂けると考えている。

2模式図

横町コメント
一般のメディアはもちろん、このようなことを報道しません。従って政府や厚生労働省の述べることをまともに信じている国民が多いのでないでしょうか?コロナウイルスは徐々に変異してオミクロン株になり、そのオミクロン株もBA2やXEに置き換わりつつありますが、甘い汁を吸った既得権者としては金づるをそう簡単に手放したくないのです。

ちなみに、高橋洋一氏はこのスレッド以外にも、新型コロナへの対応の矛盾点を鋭く突いています。信じる、信じないは皆さんの自由ですが、陽性者とされた場合やクラスターが発生した際の社会的損失の大きさを考えると、どう考えても新型コロナを5類にしないということは納得できないことです。皆さんはどちらがまともなことを言っているとお思いでしょうか?お聞かせ頂ければと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

3七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

徐々に新型コロナの厄介な点が解明されつつ
ありますね。
ワクチンも含め利権が大きく関与していると
感じます。

URL | ichan ID:-

ここまで来ても未だ、5類指定に変えないのは、やはり、おっしゃるような構図があると思わざるを得ませんね…。
そして、同様の構図がコロナ禍以外の問題においてもあるのでしょうね…。これを無くさない限りは、日本の政治は、明朗で合理的なものとはならない気がしております…。

URL | boubou ID:-

「5類にすべき」との髙橋洋一氏の主張にはもちろん同意いたします。
そして、「既得権益」をめぐっての解説にも心から納得するものを感じました。
テレビのワイドショーなど、コロナのおかげでかなりの視聴率をとれたといいます。
彼らにとっては、願ってもないビジネスチャンスであったのだと思っています。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。コロナに対する扱いが国民本位のものでないのは明らかなようです。わかりやすくするために模式図を描いてみました。自分らさえ潤えばいいという考えにはどうも合点が行きません。早や見えのする高橋洋一氏はそれを上から見透かしているように見えます。但し利権でがんじがらめにされた現状がどうにもなりません。こういう構図は”飽食の時代における普遍”とも言えます。

これにメスを入れるのが野党の役割と思うのですが…歯がゆくてなりません;ご配慮により、本日も有意義な御意見を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

若いかたが政治に無関心の原因がこのあたりにある(自分の利害とは直接関係ない)と考えています。但し真相を知ってそうなるのと無関心では雲泥の違いがあると考えています。国民が無関心であればあるほど不正の度合いは更に進行するのでないでしょうか?今の政界と医療界は癒着しているとしか言いようがありません;

そしてこれにマスコミが加わることで、招かざる強固極まる利害関係の共有体が生まれた。こけにされたのは国民と言えるのでないでしょうか?命を懸けた政治家と言うのは、国が危機に瀕した時期にしかありえない。飽食の時代はどうしても利害に左右される。これは明治維新に活躍した御仁を見れば明らかなことです。コメントを頂きありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

新型コロナの感染症5類への転換は現実的でないと述べた岸田首相の背後に、利害共有の構図があることに気づきます。医療はもはや仁術とはかけ離れ、腐敗としか言いようのない実態にうんざりしています。組織やイベントにおいて、いまだにクラスターを出すのは脅威ですが、その根本がこのような利害に発していることを思うと情けなくなって参ります。

高橋洋一氏の切れ味鋭いですが、時折勇み足を生ずるようで、もう少し言葉を選んで欲しいとも考えています。おはからいにより、本日も有意義な話題を提起して頂きました。コメントを頂きありがとうございます。

ずっと前から言われている問題が今もって改善されないというのは、政治・経済・海外を含む世の中の状況が「過剰に恐れていられるような平和な時代」じゃなくなっていますから、そのままにしておきたい人々は一層頑なになってるんでしょうね。
ワクチンが余ることについては、これは危機管理の面から仕方ないことですし(タミフルの例もありますし「やりすぎ」の感はありますが)、問題に目をつぶるような姑息なことはせず、リスクはあります、でも必要なんです、と言えるような人に指揮をとってもらいたいものです。

へろんさん、ありがとうございます。

自分はずっと以前からテレビのニュースでコロナの情報が放送される度に即座にチャンネルを替えています。その理由は誤った情報に感化されるからです。最近は信頼できる筋から入る情報しか見ないようにしています。

高橋洋一氏はご存知と思いますが、元内閣官房参与で、例のさざ波発言の波紋で身を引きました。但し鋭い切れ味で存在感を示しています。他には松田政策研究所なども見ています。拙ブログのカテゴリーに「お気に入りYOU TUBE」と題したものを設置していますが、このようなブログの使い方があってもいいと認識しております。

週刊ダイヤモンド誌のフェイク情報で本性を出してしまった医師会ですが、思考は見え見えです。政界との癒着は昔からですが、国民本位の医療からはかけ離れたものになっている気が致します。「医は仁術なり」は昔の言葉であり、今は「医は金儲け」となっていると考えています。

ワクチンに関してはmRNAワクチンの安全性は未だに信じていません。(実績のある蛋白質組換えワクチンは別です)ワクチンが有効か否かは飽くまでも個人の判断に委ねるべきであり、もしわからないのなら自分から調べるべきと考えています。私の場合は政府筋の話をまともに信じていません。それは利権にまみれている所以です。コロナ分科会の識者の話は、如何にももっともらしく聞こえますが、そういう情報にけして流されることなく、自らの篩にかけて情報を判断しています。また同調圧力にはけして屈しないと言う信念もあります。

政治家で指揮を任せられる人物はおりません。この候補者なら少しはましだろうというくらいの基準で選挙に臨んでいます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)