fc2ブログ
新型コロナのため、一昨年、昨年と中止になった仙台・青葉まつりが三年ぶりに開催される。開催日は5月14日(土)と15日(日)の二日間である。

0青葉まつり告示

青葉区一番町と中央通りには既に山鉾が置かれている。これは政宗公山鉾である。仙台・青葉まつりは、昭和60年の伊達政宗公没後350年を契機とし、長年途絶えていた歴史ある「仙台祭」と「青葉まつり」を“市民がつくる市民のまつり”として復活したものである。

1政宗公の山車

仙台のみならず、今の宮城県の骨格を創った人物が伊達政宗公(1567~1636)である。生誕450年を過ぎ、未だに政宗公を凌ぐ人物は宮城県に現れていない。彼は最後の戦国武将という異名を持っているが、生まれるのがあと20~30年早ければ天下を取れたとも言われている。

時の天下人であった豊臣秀吉や徳川家康とも渡り合い、臣下にくだったものの、先見性、大胆さ、人徳…全てにおいて異彩を放つものを感ずる。宮城県人として敬愛して止まないが、まさに政宗公は偉大な武将であった。

2政宗公山鉾説明

こちらは中央通に置かれた山鉾である。藤崎の前に当たるが警備のかたが昼夜を問わず、山鉾を見回っている。

3囃子ガードマン

山鉾の名は囃子山鉾である。

5恵比寿山鉾

囃子山鉾のスポンサーは藤崎(デパート)だが、ルーツを遡れば近江商人と言われる。

6恵比寿説明

定禅寺通には既にこのように櫓門が組まれ、祭り当日への期待を抱かせる。

7櫓

横町コメント
仙台・青葉まつりは三年ぶりの開催ということで待ち遠しいものを感じます。土日の天気予報がいまいちなだけに気になるとことです。但し中央通や一番町の一部のぶらんど~む一番町は全天候型アーケードを備えているので、すずめ踊りが見られそうです。詳しくは大会ホームページをご覧ください。https://aoba-matsuri.com/

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

コロナの影響で開催できなかったお祭りも
各地で再開されています。
今年の仙台の青葉まつり、楽しみですね。
続報をお待ちしています。

URL | ichan ID:-

祭りをこの土日に控えて、貴兄の心弾むお気持ちが伝わってまいりました…。当日のお天気がいまいちだとのことですが、お祭りが盛り上がることを心より祈念しております…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。山鉾を見て今年こそ!と思いました。仙台市民が待ち望んだ祭りだけに今から楽しみです。問題は天候です。やや怪しい先行きですが祈るのみといったところです。
コロナを2類のままにしておいたツケが回ってきている気がしますが、宮城県の村井知事は「コロナをそろそろインフルエンザなみに」という見解を持っているようで、期待したい所存です。

ご配慮により、本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂戴しありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

政宗公山鉾を見て、久しぶりに政宗公への熱き思いがフラッシュバック✨しました。規模は縮小ということですが、すずめ踊りは間近で見たいと考えています。コロナに関しては早く5類に転換して頂きたいと考えています。

ご配慮により、今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

3年ぶりに青葉まつりが再開されるとのこと、世を騒がせた疾病騒動が幕を下ろすような気がいたします。
お天気に恵まれますよう祈念いたしております。

声なき声さん、ありがとうございます。

宮城県知事が「コロナをインフルエンザ並みに」と発言したそうですが、医師会や国の動向が気になります。国民本位の医療となっていないだけに不信感は増すばかりです。それはさておき、待望の青葉まつりが開催されることで精神の高揚を感じています。あとは天候を祈るのみです。

おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)