fc2ブログ
   The Who - You Better You Bet - Top Of The Pops 1981   


【コラム】
今宵は久しぶりにザ・フーのパンチの利いた曲に酔っている。合わせる酒は芋焼酎のロックである。一年ごとの契約となる今の職場だが、私は企業の依頼を受け、もっう少しだけサラリーマンライフを続けることにした。不満がないと言ったら嘘になるが、自分を必要とする企業がある以上、その期待に応えたいと思ったのである。自分の仕事はけして一般的な仕事ではない。建設業における安全に特化したポジションである。

現役時代、様々な現場を渡り歩いたが、その経験を活かせる職場と踏んでいる。安全パトロールを行い、人と接して是正を促すのが主な職務である。下手をすればただの揚げ足取りともなりかねないゆえに、礼節や仁を欠かないよう気を使わねばならない仕事である。忠恕(人にされて嫌なことをしない)と仁(他人への慈しみ)は似ていて非なるものがある。それは仁の履行は忠恕を凌ぐことである。セットではあるが、モアベターを心掛けるならば迷わず仁を心掛けるべきである。

今の仕事に求められるのはずばり”コミュニケーション力”である。若い時分は苦手としていただけに、自分としては意外なものを感じている。そんな自分が心掛けているのは、プライドを捨てることである。プライドを持ってパトロールに臨めば相手もそれを察して構える。こうなると相手が本音を出さないことになる。剣術に”誘いの隙”という言葉があるが、自らを飾らずにわざと弱みを出すことで、初めて相手は心を許すのである。世間話を欠かせないのを切に感じる時である。

時に知っていても知らないふりをする。有体に言えば無知を装う。これによって先方は初めて心を開いてくれる。わざとしゃべらせるのである。医療の場において「医は仁術」という言葉があるが、これは何も医療の場のみのものではない。建設業の安全パトロールにおいても、これと同じことが言える。今宵はそんな情感を抱きながら、往年のザ・フーの名曲に酔っている。これは余談だが、自分も若い頃ボーカルのロジャー・ダルトリ―のような髪型(洋髪)をしていたことがあった。私はSNSやブログに在りがちな”成り切り”を敢えて否定しない。それが大衆の心理に他ならないと確信しているからである。

0ザ・フー

帰宅してからは自分の世界に浸るに限る。多くの先人は酒を飲むことで自己の解放と悟りを求めた。今の自分もまったく同じである。

1芋いちパック

業務スーパー販売の菊川の芋いちはけして自然の産物を活かした焼酎ではない。さつまいもの成分は8パーセントのみで、後は人工的な成分である。それでも文句なく美味い。美味い酒に理屈などないのである。従って私はこのあたりには敢えてこだわりたくないのである。

2オンザロック

横町コメント
ブログのネタの心配がないと言ったら嘘になりますが、先ずは自分を信ずることです。自分を信ずることで記事を滞りなく書けるし、酒も美味くなります。立夏も過ぎ増々いい気候になって参りましたが、今の自分はそんな天命(孔子いわく、天命には二つの意図するものがあり、一つは変えることのできない運命。もう一つが自らの人生で為すべき生業である)を有難く受け止めています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

3六百横町

関連記事

コメント

こんばんは

晩酌タイムに入られていたのですね。
好みの酒であれば「美味しい」のは同感
です。
横町さんにとって、音楽と酒とブログ
には深い繋がりがあるように感じました。

URL | ichan ID:-

若い頃は人付き合いが苦手だったという貴兄が、今や建設業における安全管理の職に就き、職場を歩きながら、危険のポテンシャルを感じた場合には、適切なアドバイスをする…。
それを、正論を振りかざして単刀直入に指摘すると、相手は自分のやり方が間違っていると露骨に指摘されたと感じ、ムッとして、言い返したりして、素直に改めない場合がある…。
そこを、うまく納得してもらって改善してもらうというのは、なかなか技がいると思います…。そこまで、考えながらアドバイスをして、職場全体の安全レベルを上げてゆくのが貴兄の仕事だと思うのですが、1年毎の契約が更改されたというのは、貴兄の仕事ぶりが評価されたということで、まことに慶賀なことと思います…。
本来苦手だったことを克服され、セカンドライフを乗り切って行かれていることをうれしく思います…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~♬

お仕事が終わってからの晩酌は、
格別なひとときと思います。
わたしも若い時は、人と接触する仕事は敬遠していましたが・・最後はそんな仕事に就き、それも楽しかったので、何でもやってみないとわからないものと実感しています。
1年毎の更新とか・・頑張ってくださいね。

URL | 布遊 ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。心情に添って頂き感謝申し上げます。コラムの欄に本音を吐露させて頂きました。知っていても知らないふりをすれば相手の面子を潰さずに済む。これも謙譲のうちと捉えています。普段はこれを心掛けていますが、もちろんブログでもそうさせて頂いております。

ネタがないのなら、創意工夫で自ら作り出せばよい。これは”人生は自分なりのフィクションを描くことである”というかの先人の言葉にあやかったものです。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

もったいないお言葉を頂戴しました。現役時代の後半は茨の道でしたが、その先に光があるのを信じて勤務してきました。支えになったのが儒教的な思想(宗教的な意味でなく哲学として)でした。儒教において謙譲の重要性が挙げられますが、それをどう用いるか?これは自らが試行錯誤するしかありません。これはもちろん職場のみでなく、プライベートでもブログにも言えることです。

相手を構えさせないということは、自らが大上段に構えないことです。中段の構えよりも、むしろ下段の構えが宜しいと解釈しています。わざとらしくでなくこれを自然体で出す。常にこれを心掛けております。面と向かってスタンスを変えさせるのは難しいですが、自ら悟ってもらえばその限りでなくなります。先ずは信頼の構築ですが、自分から肩の力を抜かないとなかなかそうは行かないと解釈しています。

一方でユーチューバーのたそがれ様のようなセカンドライフにも憧れています。実現は極めて難しいですが、そのスタンスから得るヒントは多い気が致します。おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。自分の中で葛藤がないと言えば嘘になりますが、様々なこだわりを捨てることで選択肢が増す気が致します。自分の為よりも人の為というのはありますが、これがやがて自分にも跳ね返ってくる。然るにこの順番を間違えればまずいと受け止めております。また仏法でよく言われるように、見返りを期待するのもよくない気が致します。

時間の使い方、断捨離、読書…布遊さんには、いろいろ見倣うべきものがございます。改めまして、今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。

ご配慮により、本日も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

安全パトロールのお仕事に哲学を持たれていることに、心からの敬意を表します。
その緊張感から解放されての晩酌には、味わい深いものがあるに違いありません。

声なき声さん、ありがとうございます。

分不相応なお言葉を頂戴し恐縮しています。先ずは礼節と仁を怠らず下手に出て、先方の出方を見る。これだけで相手のガードが下がります。構えないようにさせるには時に世間話も取り入れています。

昨日は帰宅してから自分自身がネタのつもりで記事を書きました。お陰様で、本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

安全パトロールを行い是正を促すお仕事とのこと、私が医療機器の取り扱いにおいて内部監査にて法律順守を促すことと近いお仕事ですね。どの分野も同じかと思いますが、法律は年々厳しくなる一方、営業活動の最前線を理解して法規制遵守とのバランスを取ることには難儀させられています。
コミュニケーションの大切さは痛感させられますよね。

へろんさん、ありがとうございます。

仕事柄、労働安全コンサルタントのかたと接する機会の多い自分です。コンサルタントに対して思うのは江戸時代の儒者である三浦梅園の言葉です。「知識というものは、それが学習者の心に同化し、かつその人の性質に表れるときにのみ真の知識となる 」 、「学問は置き所によりて善悪分かれる。臍の下よし、鼻の上悪し」です。

いくら言っている言葉が立派でも礼節や仁を疎かにして、謙虚な振る舞いが出来なければ人心を得ることは出来ない。これが自分の言いたいことです。自分は「宜しくお願いします」を略して「お願いします」という言葉に不遜を感じます。自分が実生活のみならず、私生活で礼節を重んじる理由がここにあります。(もちろんブログでも)現場で働く作業員を持ち上げずして、良好なコミュニケーションなど在り得ません。

貴兄が自分のことを述べたいのはよくわかるが、仕事同様にブログでもコミュニケーションを重んずるならば、訪問、コメント時は我を抑え聞き役に徹する。そして礼節も視野に入れたほうがいい。それが誼を構築する原点と受け止めております。如何なものでしょうか?

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)