fc2ブログ
本日は皆さんと一緒に、完全リタイヤを何歳でするべきかを考えてみたい。何を隠そう、私は最近YOU TUBEで60歳や、60代前半で完全リタイヤしたかたの動画を見て、自分もこうしてられないと思い始めたのである。

このテーマについて思い悩んでいる現役世代も多いのでないだろうか?これには
②経済力(老後への蓄え)
③人生への価値観
が密接に絡んでいるものと考えている。

1二つの選択肢

こちらは男女別の平均寿命と健康寿命の比較である。男女において健康寿命は3歳弱とさほど差がないのに比べて、平均寿命は6歳以上違う。女性のほうが健康寿命が尽きてから長く生きる年数が3年以上も長いのである。これを言い換えれば、男性の場合、健康寿命が尽きると平均的実像として10年は生きられないということである。😖💧

2男女

ここで着目されるのが健康寿命を延ばすための対策五箇条である。引用はYOU TUBEの「メディンバリー大学病院/医師監修」である。私としてはここに適度な運動を加えて、六箇条にしたいと考えている。

3五つの条件

横町コメント
ブロ友様の中には既に完全リタイヤしたかたもおいでです。人は人、自分は自分とは言え、このあたりは気にならないと言ったら嘘になります。本心を述べるならば、健康寿命が尽きないうちにリタイヤして、好きなことをして余生をなるべく長く愉しみたい気が致します。

皆さんはどんなお考えをお持ちでしょうか?お聞かせいただければ幸いです。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

4七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

深くは考えていませんが、自由気ままの
完全リタイアは難しいと感じています。
体が動く限りはそうしなければと思って
います。

URL | ichan ID:-

挙げられてように、完全リタイヤに及ぼす条件は、

①健康寿命
②経済力(老後への蓄え)
③人生への価値観

などですが、私の場合は、これに加え、もう少し働く予定が、がんの闘病が入り、完全リタイヤに入りました…。が、結果的には、リタイヤするには早すぎたという感はなくて、よかったと思ったという経験があります…。

ということは、思った時が潮時ということではないかと今となっては思うのですね…。要するに。上の3条件も、絶対ではなく、どうとでもなるというように、今は思っております…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。確かにそうかも知れません。価値観を他人様と比較するのはNGと考えていますが、どうしても気になるのが人情と自覚しております;それでも、理想だけは持ちたいですね。例え実現できなくても…

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

私は65歳になる前に会社を退職し、その時点で一切仕事はしないと決めました。
とりたてて事情なり心境の変化なりがあったわけではありません。
経済的収入が欲しければ我慢してそのまま勤務したでしょうし、社会との接点を失いたくないのであればボランティアの集まりに参画することもできます。
会社勤め以外にも自分の人生を切り開いていく可能性はあると判断し、完全リタイヤを決めた次第です。
それから5年経過した現在では、その判断は間違っていなかったと確信しています。

boubouさん、ありがとうございます。

なるほど、不可抗力の要素とそうでないものとが入り混じっている部分だけに、難しいもの(予測は神のみぞ知る領域)を重ねます。大事なのは自分なりのビジョンを持つことでしょうね。例えそのビジョンが間違っていても後ろを振り向かずに、ひたすら信じて前に進む。その選択肢を前に、最近自分はいろいろと考えることが多いです。

セカンドライフで別な企業に勤めることを決意した自分ですが、次の段階に差し掛かってきたと考えています。歳月は人を待ってくれないだけに考えさせられます。お陰様で、本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

有意義なご意見を頂戴しました。一寸先は闇ですが、ネガティブなことを考えずに進みたいと考えています。後戻りが難しい年齢だけに慎重に進路を決めたいと捉えています。

後から客観的に「賽は振られた。後は天命に委ねる飲み」と言えるようなセカンドライフを送りたいと考えています。そう言う意味で、先賢の生き様は大変参考になります。おはからいにより、今回もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

じつは私もこの3月に契約更新をしようかと悩み、大学のクラブ同期の女性(4人)に相談しました。
その回答は、年齢で区切るのは意味がない。
相手側からそういうことで、拒否されたわけではないのに、自ら年齢で縛る必要なしと。
彼女たちもフルタイムも含めて今でも元気に働いており、元気なうちは働き続けると。
男性とは違うところもありますが、でも少なくとも、年齢などの外的要因で縛る必要はないとの意見でしでした。

私も結局更新し、出来ることはしようとしています。

スミレさん、ありがとうございます。

最近、YOU TUBEで完全リタイヤしたかたのスレッドを見ているだけに気になります。年齢にこだわる必要がないと言われれば確かにその通りであり、題名のつけかたを間違えたと反省しきりです。😖💧自己の幸福感を他人と比較しないことを言い聞かせている自分ですが、時にどうしても気になる時(矛盾を百も自覚)がございます。

それはさておき、セカンドライフを謳歌するには健康寿命を延ばすことが鍵と受け止めております。その為に為すべきこと(ウォーキング、適度な飲食、睡眠、ストレスを溜めない)を心掛けて参りたい所存です。

おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。



コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)