fc2ブログ
バイクのキャリア(非メーカー純正品)の色(白)がボディカラーと合わず、以前から気になっていた。そこで思い切って塗り替えることにした。刷毛塗り、スプレー塗装を問わず、塗装の基本は目荒らし(表面を研磨してざらざらにして塗料のつきを良くする作業)である。この工程を省くと、後から塗料が剥がれる恐れがある。また仕上がりの良し悪しにも響くので入念に行った。使用したサンドペーパーは#320である。

1サンドペーパー

面倒がらずに作業の邪魔になる金具は外すことにした。

2金具外し

塗っていけない場所はこのようにビニールやテープで入念に養生を行った。

3養生

使用した塗料は日本ペイントアップルグリーン(水性)である。尚、Kawasakiのライムグリーンよりはやや黄色みがかった色合いである。

4アップルグリーン

やや細めの刷毛で丁寧に塗っていった。

5刷毛塗り

これで完成である。黄色味がかったアップルグリーンは明るくて好印象である。

6右側

バイク全体を眺めても違和感なく仕上がった😃👌

7完成左側

横町コメント
自家塗装をする際、スプレー塗りにするか、それとも刷毛塗りにするかは場合によります。今回のような細いものを塗るときは刷毛で塗るのが一番です。従来のキャリアの色は白でしたが、黄緑で塗ることで、ライムグリーンの部分との一体感が増し、全体がツートンに近づいた気がします。今回の塗装により、増々愛着が湧いた気がします。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

8六百横町
関連記事

コメント

いつもながら、こまめな手入れに感心です…。ライムグリーンと完全同色でないのが、かえっていいですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

面倒がらずに塗装の基本を実践される横町さんは、流石です。
つい手抜きをし、後悔したことがあります。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

付加価値として装着したリアキャリアですが、ノーマルの白では何か物足りないものを感じておりました。この塗色に緑を加えればKawasakiライムグリーンに近づくのですが、敢えてそうしなかったのは正解(少しだけ目立つようにする)と考えています。

ご配慮により、本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。自己満足とも言えそうですが、前よりはよくなったかなと思っています。キャリアやBOXをつけるのは抵抗がないと言ったら嘘になりますが、そこは利便性との対話です。

今回の変更がモチベーション高揚に繋がったのは何よりでした。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

真心のこもった再塗装によって、バイクも新たな生命を得たように見えます。

声なき声さん、ありがとうございます。

些細なことですが得るものの大きなDIYでした。このモチベーションを公私に活かしたい所存です。

ご配慮により、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんばんは~♬

そうですね。
下準備が大切ですよね。
わたしは、そこを適当にしてしまうので、
出来上がりがイマイチのこと多いです。
気になるところを、手直しする。
わたしも真似したいです。

URL | 布遊 ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。塗装は特に下準備(素地こしらえや養生)が大切ですね。心配したのはシリコーンコーキングの成分が反応しないか?(シリコンはほとんどの塗料をはねつける性質を有します)ということです。杞憂に終わったようで胸を撫でおろしています。

拙い作業ですが、参考にして頂ければ幸いです。ご配慮により、本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)