fc2ブログ
私の書いた啓発書論文「サラリーマンの心得」が文芸誌みちのく春秋2018年新春号に掲載された。みちのく春秋上での題名は前作の「現代サラリーマン処世術」(上・下)となっており、1月発刊の新春号と3月(春号)の二回に分けて掲載される。


目次である。「現代サラリーマン処世術」(上)は76ページから4ページに渡って掲載されている。

この著物は単なる机上の理論ではない。50を前にして鬱病を発症した私が満身創痍となりながら、どうやって定年退職を勝ち取ったかについて書いたものである。

ミック挨拶
これまでのサラリーマンの啓発本は、主にフレッシュマンや中堅社員を対象にしたものが多く、内容についてはどうやって組織に溶け込んで自分を磨くかについて書かれたものが多いと受け止めております。逆に、出世を逸し、既に軌道を踏み外してしまった者を対象に書いたものは少ないと考えています。

私はここに着目してこの著物を書きました。サラリーマン敗者から見た生き残り法、巻き返し法があってもいいと感じたのです。かと言って、若手や中堅社員にとっても、読むに価するものを書いたつもりです。また不本意にも勤め半ばで心の病を患ってしまったかたにも是非読んで頂きたい所存です。

私の書いた啓発本が一人でも多くのサラリーマンの心に灯火を燈すものになれば、これ以上の幸いはないと認識しております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)