fc2ブログ
2年半ほど前にドン・キホーテで縁なしの角型老眼鏡を購入した。価格は確か¥2000に消費税だったと記憶している。死角が少なく開放感に富んでいる点が気に入っている。しかしながら、デザインを重視するあまりレンズが厚く、時に様々なトラブルを起こす。全体の重量が重いので、床に落とせば破損しやすいのである。

1百均との比較

過去にはこのようなトラブルがあったが、都度裏技を使って修理を施し現在に至っている。様々な汎用品を駆使し、レンズにドリルで穴を開けてでも直すのが横町流である。精密ナットは普通のホームセンターにはなく、コーナン(プロでないほうの一般のホームセンター)で入手した経緯があった。

2増し締めのナット群

今回、不注意にもドアの開け閉めをしているうちに眼鏡をドアに当ててしまった。破損こそしなかったものの、結構な衝撃を受けたので、大事を取ってナットを増し締めすることにした。レンズを固定しているナットは六角ナットと思われるが、あまりにもサイズが小さく、ダイソーで求めたミニレンチでも合わない。増し締めに最も適した道具は小型のペンチである。但し、レンズがプラスチックということもあり、必要以上に大きな力で締め付けるのは無用である。

3ペンチ

横町コメント
ちょっとしたメンテナンスで、ふにゃふにゃ感が収まり、以前の強度を取り戻しました。非常に気に入った眼鏡ですが、難を言えばコンパクトでないので、専ら家で使うことにしています。同じデザインのもので度数1・5もあり、こちらは車の運転時にも使えます。

それはさておき、2年半使っているうちに愛着も湧いてきました😃👌こういう武骨なデザインの老眼鏡は他店にない(一般的に老眼鏡は大人しい無難なデザインが多い)ので、これからもずっと大切にしたい気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)