fc2ブログ



俺は集中砲火の嵐の中で産み落とされたのさ
荒れ狂う豪雨で母親に泣き喚いたのさ
でも全然大丈夫だ!むしろカッコいいだろう!
最高だぜ!
歯のない髭のある婆に育てられたんだ
背中を鞭で打たれしつけられたんだ
だけどもう大丈夫だ!結構カッコいいだろう!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【コラム】
週の中休みを前にリラックスした気持ちでローリング・ストーンズのヒット曲ジャンピン・ジャック・フラッシュを聞いている。Jumping Jackは”操り人形”という意味である。自分をあやつり人形に例えたミック・ジャガーの作詞である。当初のローリング・ストーンズは優等生ぶった曲が多かったが、プロデュースサイドより「ビートルズと同じ路線を踏んだのでは売れない」という思惑が入り、途中から不良路線👤🥖に転じた。68年発表のJumping Jackは、不良路線の先陣を切った曲と言える。

歌詞にはもちろんミック・ジャガーの創作が入っていることだろう。だが彼はけして生え抜きの優等生ではなかったのでないだろうか?或いはプロデューサーの不良への導きが”渡りに船”だった可能性も否めないのではないのだろうか?仔細は言えないが実は自分も過去において、不良ぶっていた時があった.それだけに彼の心情が痛いほどわかる気がするのである。

それはさておき、ミック・ジャガーは1943年生まれなので、この曲が収録された2019年で、既に76歳になる。スレンダーな体型とピンと張った背筋を見ると、とても76歳には見えない。仮に自分が彼と同じ年齢になった時に、このようなフィジカルコンディションを保てるかどうか、まったく自信がない。他のメンバーに関しても全く同じである。

このような動画はもちろん大いに励みになる。つい先日、作家の櫻井秀勲氏の「長生きしたければ几帳面はNG、多少不良のほうがいい」という言葉を借りたばかりの私だが、その理を改めて重ねる、ローリング・ストーンズの往年のヒット曲である。

0ローリングストーンズ

本日の帰宅時、私はいつものように仙台三越の前を通った。入口にはご覧のような七夕飾り🎋が飾られていた。仙台七夕は8月6日~8月8日に掛けての三日間である。2014年のデータによると来場の予定数は三日間で200万人を超すと言われる。

1三越前

或る文具店の前に差し掛かった。ここにも七夕飾り🎋が設置されていた。気分は既に七夕🎋モードである。

2文具店前

仙台市役所の前を通りかかると、例年のように七夕飾りが設置されていた。

3市役所

コロナの第7波到来と言われているが、今後のコロナの動向は気になるところである。

4市役所アップ

横町コメント
今宵は54年前にリリースされたローリング・ストーンズの名曲を愛でつつ、仙台七夕への期待に浸っています。音楽共々楽しんで頂ければ、これ以上の幸いはないと受け止めております。記事のカテゴリーは敢えてThe Rolling Stonesとさせて頂きます。 

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)