fc2ブログ

お気づきのかたもいらっしゃると察しているが、拙ブログのヘッダーに表示されるカテゴリーとして「礼節の在り方」を追加した。意図としては、ダイバーシティの容認という世の流れの下で、乱れつつある昨今の礼節の在り方を問いただすものである。煙たがれることを百も承知してのことである。


さて、下の画像をご覧頂きたい。新潟県某市の市長選で当選を果たした候補者が支持者とともに、自らの当選を祝う様子である。祝うと申し上げたのは当の本人が取り巻きと一緒になって万歳をしているからである。先の参議院選はもとより、最近うんざりするのが政治家のモラル(特に礼節)の低下である。当選した多くの政治家は選挙事務所で支持者らと一緒になって万歳する姿を見て、日本のモラルも落ちたものだなと痛感するのである。


少なくても昭和や平成の中頃までは、選挙で当選を果たすと、その多くは万歳三唱の席で、一緒に万歳をせずに深々と首を垂れたものである。それがいつの間にか一緒になって万歳するのが普通になってきた。これをモラルの低下と言わずして何と言うのか?


1一緒に万歳はNG

安倍元首相暗殺の訃報を受けて、先の参議院選挙では、当選しても万歳をしない候補者が見受けられた。これは理の当然というべきであろう。但し、安倍元首相の訃報がなければ、これらの候補者は取り巻きと一緒に万歳をしていたのかも知れない。

2万歳自粛11日

岩手県で初当選を果たした候補者は今どき珍しく首を垂れていたが、翌日のニュースでは取り巻きと一緒に万歳をしている画像がヒットした。今どき謙虚な政治家は居ないのだろうか?

3深々と礼をする広瀬めぐみ

万歳の真意に迫ってみたい。起源は明治中期に遡る。Wikipediaを見てわかるのは、万歳は喜びや祝いを表す動作などを指していう言葉ながら、元々天皇への長寿や、国の未来永劫に渡る存続に類する意を表す行為であり、けして自己の慶事に対して用いるべき筋合いのものではない。

4東條英機学徒動員1943年

私のような考えは特殊な考えなのだろうか?不安を感じてヤフー知恵袋で検索したところ、次のようなコメントが出てきた。自分と同じ考えを持ったかたが居るのだと確信した次第である。

最もシンパシーを感じた言葉は「政治家は当選するのが目的でない」ということである。政治家は当選した時点で、立派な公人であり私とは決別し、公の為に身を尽くさなければならないことを念頭に置けば、自らの当選を万歳で祝うという考えなど微塵も出て来ないのでないだろうか?

5ヤフー知恵袋でのやり取り
【コラム】
行動が伴わないのに、口で立派なことを言える政治家は掃いて捨てるほど存在します。今の時勢、真に民の為に我が身を捧げようという政治家は居るのでしょうか?居たとしてもごく少数という気が致します。大変残念に思うのは、我が国の倫理観が衰退の一途をたどっていることです。今は「謙譲は美徳」という言葉は死語になりつつあります。即ち、欧米並みの「自己主張も実力のうちであり、言った者勝ち」ということです。

でも私は「言った者勝ち」というスタンスの政治家に一切徳を感じません。それと自分の当選に万歳をするような政治家には政治を任せられません。そういう政治家は権力を手にしたとたんに驕り高ぶり、私事に走る懸念を抱くからです。儒教思想に「徳治主義」(徳を以って秩序を得て、民を統率する)という思考がございますが、今の多くの政治家に明らかに不足しているのが徳治主義的思考と捉えています。

自分は自らの当選に万歳をするような候補者に票を投じたくありません。そのような考えで、本日はこのような記事を書いた次第です。皆さんはどんな考えをお持ちでしょうか?お聞かせ頂ければ幸いと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

6七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)