fc2ブログ
本日は愛用している老眼鏡の一部を紹介したい。両方とも度数は2・5だが、ともに販売中止となって久しい。右側の縁ありのほうは若干ブルーが入っているが非常に頑丈で、今までノーメンテナンスである。

これに対して左側のものが縁なしである。開放感は抜群だが縁がない分、力が直接レンズに加わり、ネジが緩みやすいのが欠点である。

1正面から

本日、ついにナットが緩んで柄が外れた。ナットを紛失してしまったので、、思い切ってワンサイズ太いネジとナットに交換することにした。どうやら先日ホームセンター・コーナンで購入したものが使えるようだ。

2小ねじM2

元々1ミリのネジが通っていたところに2ミリのネジを通すので、ドリルで穴を広げなければならない。レンズはプラスチックなので容易だが、金属フレームの柄の穴を広げるのには結構気を使った。

3レンズに穴を開ける

4箇所あるネジ止め箇所のうち、今回は3箇所交換した。残りの1箇所は緩んでから交換することにした。工具は精密ドライバーの+、ナットの保持はプライヤー(ペンチの小型のもの)を使った。

4取り付け

今回はこれで完成とした。以前と比べて強度が大幅に増した印象である。ネジの向きは見栄えを優先するならばレンズの内側に向けたいところだが、今回はメンテナンス性を考えて、敢えてレンズの外側出し(ナットも外側)とした。

5完成

横町コメント
紹介した百均老眼鏡は、記憶では10年以上前に購入したもので、とっくに廃版となっています。それがこのような形で復活して嬉しく思います。百均製品は当たり外れがありますが、例え外れであっても、このように改造を加えることで、長く使えるものとなります。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)