FC2ブログ
私が中世豪族・十文字氏の館跡を訪ねたのは2015年4月28日のことだった。館があったとされるのは宮城県南部の亘理町の逢隈十文字地区である。私はこの年の4月から相馬転勤となり、亘理町にアパートを借り単身赴任生活を始めたばかりの頃であった。

実は、4月28日にブログにアップしてから一年以上経た昨年の1月、近くに住まわれるさくらパパ様からコメントを頂いた。なんと滅ぼされたとされる十文字氏は宮城県北部の遠田郡涌谷に移封されたという情報であった。そして昨日(2018年1月6日)さくらパパ様から二度目のコメントを頂いた。

その内容は驚くべきものであった。涌谷に移り住んだとされる十文字氏はその後東京に移住し、末裔のかたが私学の十文字学園を経営されているというのである。本日は2015年4月に撮影した写真を掲載し、つわものどもが住んだ跡地を偲びつつ、十文字氏の歩んだ軌跡にスポットを当ててみたい。

南東部から撮影した十文字館跡。防御の手薄な平城ゆえ、恐らく往時は水濠が周囲に巡らされていたと推察する。

ほぼ南から撮影。屋敷林のような左の林の手前に石碑と墓標、僧侶と思しき石像が建っている。

北東側からのアングル。石碑や墓標は右の木立のところに位置する。

館跡の西側には十文字神社がある。十文字氏を祀った神社と思われる。

石碑と墓標らしきもの。

石碑の上部には「十文字家始祖誌」と刻まれている。

木立の下には僧侶らしき石像もある。ここで中世豪族・十文字氏の始祖について触れておきたい。(以下「ふるさと亘理 歴史の散歩路」より引用)源義経の家臣であった渡辺綱の子孫と言われる源左衛門綱安が衣川の戦いに敗れて落ち武者になってこの地に根つき、地名から十文字(道が十字型に交わる)を名乗ったと伝えられる。

最近の研究では武石氏(亘理氏:相馬氏の祖であり源頼朝に仕え、奥州藤原征伐で武功のあった千葉常胤の三男)の一族とも言われ、一時は相馬氏と結びその同盟の証として、各地に現亘理町各地に妙見社を建立したとされる。相馬氏の庇護の下、一時は栄華の兆しを見せた十文字氏であるが、その後伊達氏による伊具奪回などの巻き返しが始まり、一気に旗色が悪くなる。そして1585年に伊達成実(伊達政宗の従兄弟)に滅ぼされ、末裔は帰農し、宮城県北部の涌谷に移封されたという。

十文字氏の末裔には十文字大元氏という著名人も居られる。

十文字大元(1868~1924)
涌谷藩(仙台藩の支藩)師範・十文字秀雄を父に陸奥国涌谷(宮城県)に生まれる。東京に出て、明治37年金門商会(のちの金門製作所)を創立し、日本で初めてガス・水道メーターを製造・販売を行う。一方で自彊術の開始者・中井房五郎により脊髄病を治療して以来、大正5年から自彊術の宣伝・普及に努め、多数の共鳴者を得た。また明治30年東京神田の錦輝館で、初めて活動写真が公開された際に、この説明を試み、映画の活弁の始まりと言われる。兄に政治家・実業家の十文字信介がいる。

十文字学園
十文字大元氏は大正131221日、57歳で逝去しているが、十文字氏が創始した会社は現在も続いている。十文字学園(東京都豊島区北大塚1-10-33)は、十文字氏の妻・こと氏が大正11年に(前身は文華高等女学校)創立した。こと(旧姓は高畑)氏は、女子高等師範(現在のお茶の水女子大学)を卒業、京都府尋常師範学校女子部(現在の京都教育大学)の教諭、東京市本郷区龍岡町(現在の東京都文京区湯島4丁目)の日本女学校(相模女子大学)教諭を勤めている。夫の大元氏が、全国規模で普及活動を行っていた自彊術による体操を、学園の身体教育に取り入れ、現在も同校では朝礼後に、十文字学園伝統の自彊術体操が行われている。
挨 拶
私は2015年4月28日に十文字館に関する情報を求めることを記事に書きましたが、さくらパパ様のご協力で十文字氏のその後が一部解明し、大変感謝しています。こういうことを踏まえた上で歴史関係の記事を更新する際は、これからも広く情報の提起を呼びかけてゆく所存です。最初は単なる点にしか過ぎなかった史跡が、情報を得ることで線に進化する。改めまして、歴史の醍醐味はこのようなところにあるのだと認識しています。史実の積み重ねが進むと、エッセイ執筆の題材としても事欠きません。そういう意味で大変大きな進展と収穫のあった今回の十文字氏に関する情報でした。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

> 62まきさん
新たな情報を知り、亘理町図書館での文献調べ、現地調査の甲斐がございました。以前から私は人脈を大切にして参りましたが、改めまして、その重要性を痛感した今回のさくらパパ様からの情報提供でした。

これを追い風として新たな作品に取り組んで参りたい所存です。今回もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

今も広大な土地に残ってる石碑など十文字神社からも如何に
大きな豪族で城まで構えてた当時の権力をも想像ができますね、
後に十文字学園なるも創立でしたか、
栄華と衰退を繰り返す歴史もブロガーさんの情報も大きな
源になるのですね、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
私も昨夜「西郷どん」を見ました。主人公と主役のオーラがオーラゆえ、高い視聴率を獲得するのは確実と捉えています。

さて、十文字氏の情報提供は新たな課題も頂戴しました。即ち、何故権力に抗って後世に生き延びられたのか?近世に入って、子孫が涌谷藩の重要なポストに就けたのか?という点です。

これに対して研究を重ねれば新たな執筆に繋がるものと受け止めております。suisyou様には、今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
ブログで歴史を扱って良かった…読者様に情報提供を呼びかけて本当に良かった…と何度も認識した昨日でした。
記事は新しい古いで価値を決めるものでない。これは文学や歴史、思想哲学を扱うブロガー様に共通の認識と受け止めております。

但し、よほどのことがない限り、過去に更新した記事は見て頂けません。ではどうすれば過去の記事を見て頂けるのか?
仔細は敢えて申し上げませんが、私はここにブログ運営に欠かせないものを見出した気が致します。

貴兄におかれましては、いつもは格別なお引き立てを頂き感謝しております。今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
記事という「媒体」を通して、読者様、ブロ友様とこうして繋がれるのはブロガーにとっての肝と認識しております。ブログを続けるにはどうすればいいのか?モチベーションはどうやってキープするのか?

開設十年目に入って、昨日はその答えがはっきり見えた気が致します。ともたん様にはいつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。今回もコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> あ~ちゃんさん
三度に渡ってコメント頂いたさくらパパ様はブログを開設していませんが、にも関わらず真摯な対応を頂戴し痛み入っております。こうして得られた情報が次に何を書くか?というヒント、モチベーションに繋がる。然らば、「ブログにおける相乗効果の極意」を改めて、認識しが気が致しております。

歴史は生きたドラマだとよく言われますが、十文字氏は滅亡を免れ、宮城県北部で名士となり、その後東京に渡って成功を収めたわけで、これだけでドラマ性を感じております。

あ~ちゃん様には、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
分不相応なお言葉を頂戴し恐縮しています。「十文字氏は伊達家に下って、涌谷氏の家来となったのか?」とのご質問は今後の研究課題とさせてください。

まとまった折にはまた発表させて頂きたい所存です。このへんのヒントを解き明かす鍵は①涌谷の郷土史に詳しい方を訪ねるか、②涌谷の図書館で文献を探すかetcに掛かっている気が致します。

motoyoshi様には、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
インターネットの情報は単独(①十文字館跡、②十文字大元)は個別に存在しても両者を結びつけるサイトは少ないと受け止めております。然らばそれを徹底的に調べ上げることが、ブログの独自性を上げることに繋がると認識しております。

源頼朝の家臣として使えた過去から近代に至るまでの波乱万丈な一族の生き様を見ると「生き残ることが如何に容易でないか」を改めて、認識する気が致します。やはりきれいごとだけで世を生き残るのは至難の業と捉えています。

貴兄の厚誼により、本日も格別なるエールを賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんこんにちは。

最初に、ミントさんへの返信の中の「成美公」と書かれているのは「成実公」ではないでしょうか?

さて、伊達に最後まで抵抗して滅ぼされたとされる十文字氏がその後何故涌谷伊達の家臣と成れたのか?
下記を見ると、真田一族と似た様に(歴史上では多々見受けられるが)、一族で敵対して、どちらが勝っても負けても、家名が残る様な事が有ったのでは⁇

『天正九年(1581)伊達氏と相馬氏の合戦の際には、おそらく亘理家中にあったであろう十文字新助なる人物が、相馬勢の部将村松薩摩(後の駒ヶ嶺城城代)によって討ち取られている。十文字氏自身も伊達、亘理方と相馬方に分裂していたのかも知れない。』

https://www22.atwiki.jp/sakushiro/pages/166.amp

URL | サクラパパ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> サクラパパさん
ご教示を頂き、また間違いをご指摘頂き感謝しております。話したいことは山ほどございますが、ブログ上のやり取りでは何ですので、サクラパパさんとは相馬郷土研究会(会員でなくても参加可能)などの席で逢って話がしたいと思います。

本日も厚誼を頂戴しました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

素晴らしいブログ上での出会いがありましたね。
きっとブログだけでは無く
実際にお会いに也 お話しになる日が近いのかと思います。読んでいるこちらまでワクワクしてきました。

ミックさんの真摯な記事がありて
真摯なコメント 情報がブーメランのように還ってきますね。素晴らしいことです。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
情報を頂いたさくらパパさんには大変感謝しています。ブログを通じての「知の回廊」は多いですが、これが歴史になりますとオフ会に至る確立は高くなる。これは私の経験則です。実際相馬郷土研究会主催の講演会で初のオフ会となったブロ友様としては南相馬のIさん、仙台のTさんがいらっしゃいます。

こうしたことを積み重ねることで執筆欲は一層向上に至ると考えています。本日も激励を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは.。o○
十文字一族は凄いですね!!
有名な十文字学園まで創っていたとは知りませんでした
やはり豪族だった一族は末裔も凄いのですね。。。
ここまで調べたミック様も素晴らしいです

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
私よりもさくらパパさんをお褒めになってください。十文字一族は伊達側、相馬側に別れて真田家のような体制で生き残りを図ったとの情報も頂きましたが、根拠を調べた上で出直したいと思います。

ぼたんさんには本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

中世から続く家柄の歴史がブログを通じて判明
するのは素晴らしいことですね。
やはり双方向のコミュニケーションのなせる技
ですね。ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ミックさん 今日2度目の登場です。こんばんはm(_ _)m

何やら大変に私の事、彼方此方でお褒め頂き、汗顔の至りですσ^_^;

逢隈の地元で「十文字氏」や「十文字舘」などの事をいろいろ聞いても、なかなか興味ある方が少なく、通り一遍の同じ様な事しか聞けなかったのに、地元の生まれでも育ちでもないミックさんが、熱く「十文字氏」の事に興味持たれ、いろいろ調べられている事に、地元に暮らす者として感謝しています。
その他多くの各地の歴史を、プロではない様な?ミックさんが掘り下げて書かれている事に、頭が下がる思い出すm(_ _)m

相馬郷土研究会の日程を早く教えて頂ければ、私もお会いして多くの事をお話ししたいと思います。宜しくお願いしますm(_ _)m

URL | サクラパパ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
私は実生活もブログも儒教で指すところの五常(仁・義・礼・智・信)を心掛けていますが、五常の他に「怪力乱神を語らず」を以って良好な人間関係構築を心掛けています。もちろん両者には接点も多く、自分もまだまだ未熟者で志半ばの修行の身であることを自覚しております。
しかしながら、ルートに多少の違いはあれど目指すべき山の頂上への方向は確と見つめているつもりです。

半端者の私ですが、今回、新たな人脈が出来た気が致します。私は志を同じくする仲間がブログで出来ることを何よりの幸いと思っています。
おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> サクラパパさん
過分な評価を賜り恐縮しております。但し、「プロではないような」というのは半分違います。実は私は或る季刊誌(2誌)に投稿を寄せる身だからです。執筆だけでは食えないので仕方なくサラリーマンをしながら、副業として歴史ものを書いているのです。

私から折り入って提案がございます。
①先ずはヤフーブログを開設されてください。
②開設されたら私と逢い、二人で「(仮称)仙南歴史研究会」を設立し、様々な情報を基に交流しながら研鑽に及ぶ。

私は単なる郷土史家に留まらず、大局観を持った創作家を目指しています。今取り組まねばならないのは「みちのく版・街道をゆく」の執筆(出版はほぼ決定)です。

改めまして、今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

新しい発見があると嬉しいですね。
あちこちにアンテナ張ってあるから、そう言った情報が入ってくるのですね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
風呂敷は広く広げすぎると内容が薄くなり勝ちですが、そうならないように郷土史をしっかりと学び、基礎を構築して参りたい所存です。
記事を通じて人脈が広がるのはブロガー冥利に尽きます。この繋がりを大切にして己のモチベーションUPに繋げて行きたいと考えています。

今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)