fc2ブログ
 The Rolling Stones - Sad Sad Sad - Live  


【コラム】我が後半生を振り返って
ローリングストーンズは過去において日本から入国を拒否されたことがあった。理由はドラッグである。不良というイメージが定着した彼らだが、けしてそれは地ではない。ビートルズと同じイメージでは売れないと踏んだプロデュースサイドの企てにより、彼らは作られた不良になったのである。

作られた不良”とはまさに以前の自分(現役時代)がそうだった。今だから話せるがあの頃は必死だった。家族を養う為に下克上もやったし、寝返りもやった。生き残るためなら手段を択ばないというのがスタンスであった。そんな私を勇気づけてくれた曲がThe Rolling Stonesの曲である。もちろんカラオケでも歌える。それはカーオーディオで何度も聞いたからである。

気が付けば定年が近づいてきた頃には取り巻きが居なかった。自業自得とも言えるが、一番役に立ったのは中途で辞めていった社員だった。会社を辞めたくなければ、彼らと逆のことをやればいいということである。彼らの多くは
①上司や同僚とのコミュニケーションが十分でない。意思をはっきりと伝えることができていない。
②自分の職務や会社への期待を過剰に考えて、自滅している場合が多い。
③上司に圧力を掛けられれば、ネガティブな方向に考えてしまい、反論さえできない。
という傾向が多く見られた。然らば、その逆をやればいいと自分に言い聞かせたのである。そのヒントを自分に与えてくれたのが、反骨に溢れたローリング・ストーンズの曲の数々であった。

その後、日々茨の道に遭遇しながら、何とか定年退職を果たせた。但し継続雇用の話はきっぱりと断った。つまらない奴らの部下になるという選択肢は微塵もなかったからである。時効も過ぎたことだし、本日は久しぶりにあのころの自分に戻り、一夜限りの不良を演じたい。あの頃の自分はよく赴任先のアパートに帰宅してからローリング・ストーンズの曲を聞いて、反骨精神に必要なエネルギーの充電を行っていた。こういうやり方はけしてスマートな方法でないのは百も承知している。或るブロ友様からは風に靡く生き方を視野に入れたらどうか?というアドバイスも頂いたが、不器用で頑固な私にはそんな方法しかなかったのである。もちろん上司には一切媚を売らなかった。

権力に抗う生き方は靡く生き方と異なり、多大なエネルギーを要するが、成就した暁にはそれを補ってあり余るものが得られる。あのとき媚を売らなくて本当に良かった。今は負け惜しみ抜きでそう思うとともに、心の奥底から清々している。ミック・ジャガーの自由奔放な歌を聞くと、あの頃の自分の反骨ぶりが目の前に蘇ってくるのである。

セカンドライフに入った今、表面上に出さずとも「労使は対等であり、報酬は自分の技術への見返りである」という考えを少しも崩してない。「労使は対等である」というセリフは完全リタイヤする日の締めの言葉にとっておきたいというのが偽らざる本音である。同時に自分の考えは一般的な日本人の考えとは明らかに異なり、欧米人の考えに近いとも自覚している。

0ミック・ジャガー

さて、前置きはこれくらいにして、本日履行した雨天ウォーキングのことについて述べたい。週の中休み、9時ころから降り続く雨に屈してられない。そんな気持ちが自分を雨中ウォーキングへと駆り立てた。

1雨天

定禅寺通に達した。結構雨足が強く、傘が手放せない。この後私は一番町を通って中央通に向かった。

2雨の定禅寺

この通りは西からクリスロード、ハピナ名掛丁(仙台初代藩主・伊達政宗公が名を掛けた者が住んでいた)と名称が変わるが、一括して中央通と呼んで差し支えない。

3退屈しない名掛丁ハピナ

ここから先がハピナ名掛丁である。交差点の右にあるのはドン・キホーテ仙台西口本店である。もちろん立ち寄って、隅から隅まで見て歩いた。理由はドン・キホーテの商品が自分の煩悩を著しく刺激するからである。商品を買う、買わないは二の次であり、自分の労働意欲が高まればそれで十分と捉えている。

4ドン・キホーテ雑踏近く

再び、定禅寺通に戻ると、傘が要らないほど雨はすっかり上がっていた。雨は確かに疎ましいが、気化熱によって涼感が得られたのは願ってもないことであり、大きな土産であった。

5西公園方面

帰路は住宅地のウォーキングを愉しんだ。自分は好奇心の塊を自覚しているがゆえに、人々の喜怒哀楽が気になって致し方ない。ゆえに住宅街のウォーキングを多く取り入れているのである。

6雨が上って絶好のコンディション

横町コメント
こうして今回も週の中休みが過ぎて行きました。天気(雨のち曇り)は優れませんでしたが、自分らしい過ごし方が出来たと解釈しています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)