fc2ブログ
2年ぶりに腕時計の電池の交換を行った。なぜ2年ぶりということがわかったかというと、過去の記事があったからである。ブロ友の中に、ブログを車やバイクと整備記録として使われているかたがおいでだが、こういう際にブログは役立つということを改めて実感している。過去の記事がなければ結構戸惑ったのかも知れない。

何の変哲もない腕時計だが、自分としては機能美に満ちたシンプルなデザインと色(黒の文字盤)気が入っている。7年前の2015年に東松島町のホームセンターサンデーで購入したものであることも、過去の記事によって思い出した。前回の電池交換が2020年8月27日ということは2年もっていないことになるが、電池交換の間隔(第1回目は5年もって2回目は2年しかもたなかった)がなぜ詰まってきたのか?理由は定かでない。

1現状

用意したものはご覧の通りである。ドライバー風の目打ちは裏面の頑固な汚れを取る時と、裏蓋を開ける際に使えるので、非常に便利である。酸化銀電池SR626ダイソーから税込み¥110で購入した。

2用意したもの

目打ちを使うと裏蓋は簡単に外れる。コツとしてはチリやゴミを時計の中に入れないことである。2年前にコツを掴んでいるせいもあって、新しい電池は簡単に収まった。

3交換完了

龍頭の頭が収まる部分には欠き込みがあるので、その位置を合わせる必要がある。ご覧のように赤いマジックでマーキングした。後は力を込めて蓋を閉めるだけである。

4マーキング

最後に時間合わせを行う。龍頭が固くてなかなか出て来なかったが、このような平ペンチ(百均で購入)があれば問題なく引っ張り出せる。😃👌

5龍頭を引っ張り出す

横町コメント
電池の交換にあたっては2年前の記事が大変参考になりました。これであと2年弱くらいは大丈夫であろうと捉えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼


6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)