fc2ブログ
昨日、休みを利用してDIYで晩酌用の袖机の改造を行った。先ずは現状をご覧頂きたい。電気スタンドを置いたことでテーブルの上が狭くなり、氷入れや酒器を置くのに少々不自由を来すものとなった。これを改善するべく、いろいろと策を練った。その結果、シンプルにスタンドを置くスペースを左側に増設するのが一番と考えた。

1現状

テーブルの側面はご覧のようになっている。ここで私はこの部材がフラッシュ材(下地のMDF材を、裏表二枚の化粧ベニヤで挟んだ構造)であることに着目した。MDF材は柔らかいので細工がしやすい。そこでドリルを用いて小口の部分をえぐり取ることにした。

2側面

電気ドリルでもんでからマイナスドライバーで削り屑を取り出すと、ご覧のようにひょろ長い穴になる。えぐり取った幅は約9センチ、奥行きは4センチ(内部は空洞)である。

3穴あけ作業

次に、穴に差し込む木片を加工、切断した。表面に出る寸法が12センチで、飲み込みの寸法が10センチで、合計22センチの全長となる。

5挿入する木材

2本の木片を差し込むとぴったりとはまった。後はずれないように、テーブルの下側からビス止めするだけである。

6下地木材

その上に12ミリのコンパネを貼って裏側からビスで固定して完成である。

7ビスで固定擦る

側面から見るとこんな感じである。強度的にはまったく問題なさそうだ。

8側面から見たところ

電気スタンドを置いてみた。どうやら思った通りに行ったようだ😃👌

9完成

横町コメント
この後、さっそく晩酌をしましたが、酒器を置くスペースは十分に確保できて、まったく問題ないようです。これで一層モチベーションが揚がります(笑)

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)