fc2ブログ
先日、製作した電気スタンド置き場で気になることがあった。それは地震による落下への対策が未実施ということである。大型のクランプという手もあるが、不細工なのでアルミアングル(廃材)で自作することにした。どうせ作るのならスライド式ホルダーを目指したい。

1現状

先ずは所定の位置に穴を開ける。アルミ材は柔らかいので特に問題はなかった。

2穴あけ

グラインダーを用いて切断したが、小口がめくれあがって怪我をする恐れがある為、ペンチでバリ取りを行った。

3バリ取り

次にボルトとナットで二つの部材を縫う。ペンチとドライバーを使って締め付けを入念に行ったあとで、ボルトクリッパーを使い、不要なボルトを切断した。直径5ミリのボルトでも切れるボルトクリッパーを使ったので、容易に切断することができた。

4余分なボルトはカットする

これでホルダーが完成した。

5ホルダーの完成

後はテーブルへのビス止め固定である。若干のクリアランスを持たせ、自由にスライドできるようにした。

6ビス止め

ビス止めを終えて完成である。これでいつ地震が来ても安心である。

7完成

横町コメント
昨日、北海道の内陸部で震度5強の地震があり、身の回りの地震対策を再点検しました。それで電気スタンドの落下防止措置が必要であると認識し、早速対策を講じた次第です。「転ばぬ先の杖」と申しますが、この言葉を地で行けるよう、快適性と安全性の両立を視野に入れ、対策を講じたい所存です。尚、コスト的には廃材を用いたのでゼロで済みました。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)