fc2ブログ
先日、製作した電気スタンド置き場で気になることがあった。それは地震による落下への対策が未実施ということである。大型のクランプという手もあるが、不細工なのでアルミアングル(廃材)で自作することにした。どうせ作るのならスライド式ホルダーを目指したい。

1現状

先ずは所定の位置に穴を開ける。アルミ材は柔らかいので特に問題はなかった。

2穴あけ

グラインダーを用いて切断したが、小口がめくれあがって怪我をする恐れがある為、ペンチでバリ取りを行った。

3バリ取り

次にボルトとナットで二つの部材を縫う。ペンチとドライバーを使って締め付けを入念に行ったあとで、ボルトクリッパーを使い、不要なボルトを切断した。直径5ミリのボルトでも切れるボルトクリッパーを使ったので、容易に切断することができた。

4余分なボルトはカットする

これでホルダーが完成した。

5ホルダーの完成

後はテーブルへのビス止め固定である。若干のクリアランスを持たせ、自由にスライドできるようにした。

6ビス止め

ビス止めを終えて完成である。これでいつ地震が来ても安心である。

7完成

横町コメント
昨日、北海道の内陸部で震度5強の地震があり、身の回りの地震対策を再点検しました。それで電気スタンドの落下防止措置が必要であると認識し、早速対策を講じた次第です。「転ばぬ先の杖」と申しますが、この言葉を地で行けるよう、快適性と安全性の両立を視野に入れ、対策を講じたい所存です。尚、コスト的には廃材を用いたのでゼロで済みました。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

最近、地震が多くなってきたので、
DIYは大正解だと思います。
自分もDIYしたかったのですが、
ゆとりがありませんでした。

URL | ichan ID:-

単なる固定ではなく、スライド式に固定するというところがミソですね…。
貴兄の豊かな発想に脱帽です…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。震度5以上となると穏やかでないものを感じます。それだけに他山の石とさせて頂きました。転倒、落下してからでは遅いので対策を講じた次第です。もちろん購入したばかりの半袖の空調服が役に立ちました。蒸し暑かったので汗拭きタオルは手放せませんが、モチベーション高揚への追い風となったと振り返っています。

ご配慮により、本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

実は地震への対策だけではなく、電気スタンドの位置そのものが剣が峰状態で、晩酌していても落ちやしないか心配でした(笑)タネを明かせば、当初は作業用クランプでしたのであまりにも興を殺ぐものがありました;

おっしゃる通りスライド式としたことは正解だったと振り返っています。ダメ穴については愛嬌です。お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)