fc2ブログ
先日縁なし眼鏡の修理をしているうちにレンズ(角型)の端が欠けてしまった😬;このまま使えないこともないが、柄の部分が回転して緩みやすい。

1現状

YOU TUBEをいろいろと調べているうちに百均各社から販売されているUVレジンの存在を知った。使い方次第では瞬間接着剤よりも高い強度が期待できるという。レンズの欠けを直すたけ、今回購入したのはクリアタイプ(透明)である。

2速乾UVレンジ

型材はシリコン製のものを使うといいらしい。これも百均店で販売されてる。購入したのはダイソーのシリコンモールド(アクセサリーの型材)である。

3型枠材

型材にUVレジンを流し込んだ後で、UVライト(LED)を2分ほど照射した。太陽光線でも硬化するようだが、UVライトを使ったほうが早く硬化するようだ。UVライトには紫外線が含まれるので光源を直接目で見ないようにとの注意書きが記してあった。

4UVLEDライト

型枠を外してみた。一応角の部分は起こせたものの、気泡が入ったようで仕上がりがいまいちである。どうやら型枠の裏側にUVレジンの液体が回ってしまったらしい;

5型枠を外したところ

少しでも見栄えをよくするために工作用のニッパーを使ってバリ取りを行った。

6バリ取り

これで完成である。硬化したUVレジンの強度は結構硬いようなので、当初の目的である柄の回転防止は果たせたようだ。

7気泡は入ったが完成

横町コメント
「失敗は成功の基」と申しますが、本日はダメ元でUVレジンに取り組んでみました。仕上がりこそやや難があったものの、コツは掴めた気がします。気づいたことは”仕上がりをよくするには型材を吟味しなければならない”ということです。これだけで大きな収穫であったと受け止めております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)