fc2ブログ
 Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond 1990 Live 


ピンク・フロイド「輝けクレイジーダイヤモンド」


若かった頃太陽のように輝いていたことを覚えているかい?

輝け、クレイジー・ダイヤモンド


今は空に佇むブラックホールのようなものが君の瞳の中に映る

輝け、クレイジー・ダイヤモンド


遠くで君を笑う声がしても君を知る者はいない、

君は伝説で苦しんでいる。それでも輝くんだ!


君は秘密を知るのが早すぎた。

俺は月に向かって叫んだ!

輝け、クレイジー・ダイヤモンドと


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


【コラム】

ピンク・フロイドの奥深い洋楽を聞きながら今週も無事に週の半ばを迎えた。セカンドライフにおける賽は振られた。出る目は決まっていると言っていいのかも知れない。後はどうあがいても五十歩百歩かも知れない。但、自分にとっての五十歩と百歩は違うと考えている。彫刻で言えば最後の仕上げ行程に差し掛かったと言える。


然らば、現状に満足することなく少しでも輝きたい。上昇志向こそが自分の取り柄と考える所以である。但しその志向も健康あってこその物種である。天命には二つあると孔子は言う。一つはどうにもならない運命、もう一つが己が生かされているうちに成すべき仕事である。今の自分にとって最大限に努力すべきことは後者の天命である。


これまでは家族や自分の為にというのがほとんどであった。だが今は違う。人生の締めくくりを前にして、どうすれば人の為に役立つことができるか?ということである。例えば、執筆活動。郷土史なら人の踏み込んでいないところに敢えて踏み込む。ここに私は打ち込むべき使命を感ずるのである。


仕事は建設業の安全管理を担当している。現役時代の経験を活かして、自分のスキルをできるだけ多くの御仁に伝えたい。これが今の自分の励みになっている。人と接する仕事だけに、礼節と仁義が欠かせないのである。50を前にして人生の壁にぶち当たった自分だが、儒教を修得することでピンチを脱することができた。令和という新たな時代を迎え、儒教など過去の産物とも受け取れるが、けしてそうでない。


人間という言葉の成り立ちを考えて頂きたい。人と人の間に何があるべきか?これを考えれば、儒教で言う五常仁義礼智信)は現代でも不可欠なものであることを認識することだろう。当然のことながら礼節は相手に対して期待するものではない。自らが率先して行わなければならないことである。それと上下関係なども存在しない。「貴殿と私は立場において全くの対等ですよ」という意志表示である。仁は相手への思いやりであり、自分が言われて嫌なことはけして言動に表さないということである。五常でいう義は誼に近い。義理で事を為すのと誼で為すのでは大違いである。自分が目指すのはもちろん誼のほうである。


他人と誼を交わすことで信(信頼)は自ずと形成される。智は見識を意味するが、けして博識を鼻に掛けてはならない。あくまでも謙虚に振舞わらないと智は意味を成さない。江戸時代の儒者・三浦梅園「学問は置き所によりて善悪分かれる。臍の下よし、鼻の上悪し」と述べているが、この意味がわからない識者(謙譲を知らない)は、折角持ち合わせた知識を活かすことができない。有体に言えば「謙譲がないと人心が離れやすい」からである。我が国における倫理観で、近年謙譲と言う美徳が薄れてきているようだが、修行が足りないと言わざるを得ないのである。


0ピンクフロイド


さて、一昨日の話である。図書館から借りていた本の更新(返却と継続)の手続きに、私は泉図書館を訪ねた。泉図書館はベガルタ仙台の本拠地であるユアテックスタジアムとは目と鼻の先に位置している。


1泉図書館828


七北田公園には池があるが、運よく噴水が上るのを見ることができた。これだけで足を運んだ甲斐があったというものである。


2噴水


空調服を着用してのウォーキングであったが、木陰に入ると相乗効果で涼しく感じられた。やはり空調服を購入したのは大正解であった。


4木陰


横町コメント

ウォーキングにおいては、マンネリ化防止と言う意味で様々な所を歩いています。七北田公園界隈は過去の記事にも何度か登場していますが、改めてその恩恵に浸った一日でした。もちろん本もいっぱい借りました。これを毎朝のカフェで読みたい所存です。


本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

 ▼▼▼


6六百横町

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)