fc2ブログ
本日は週の中休みを利して、かねてから下調べしておいた晩翠通のそば店を訪ねた。そば店の名は矢作(やはぎ)である。食べログを見ると今春オープンした店らしい。矢作はご覧の通りアパホテルの2階に入っている。初めての人は少し面食らうかも知れない。

1アパホテル前

アパホテルの位置をGoogle3D立体画像で確認して頂きたい。

1半Google3D立体画像

ここが入口である。どうみてもビジネスホテルの入口にしか見えない。

2アパホテル入口

2階に上がってアパホテルのフロントの前を通過する際、フロントの女性から「いらっしゃいませ」と声を掛けられた。そして中に入ると、更に面食らうことになった;ここにもフロントらしきものがあったが無人で、自販機で食券を買わなければならないようだ。先客が一人いるようだ。

3パンコーナー

事前にネットで調べてから言ったのでメニューは迷わなかった。冷たい肉蕎麦並盛(400g)である。ちなみに、大盛(600g)は¥780、特盛(800g)は¥910であった。食券をスタッフに渡すと「好きな席におかけになってお待ちください」と言われる。

4自販機

待つこと5分でオーダーした肉蕎麦が運ばれてきた。

5並盛冷たい蕎麦

見た目は手打ちだが、どうやら違うようだ。腰もさほど強くなく、麺を太くして手打ち風に似せた蕎麦のようだ。スープは出汁が利いて美味かった。晩酌のことを考えるとこれくらいのボリュームでちょうどいいようだ。😃👌

6蕎麦UP

蕎麦を食べ終わってから建物を出て、晩翠通を望んでみた。ほぼ中央の白い建物が仙台法務局である。付近には高層マンションのプラウドタワー仙台晩翠通が今春オープンしたばかりなので、なかなか活気があった。

7法務局近く

横町コメント
実は法務局の向かいには以前から立ち食いそば店があります。価格設定が¥400~¥500で微妙ですが、もし法務局に用があって時間があれば矢作で食べたいと思いました。また400gの麺の量は成人男子の多くが満足できる量と捉えました。肝心の蕎麦のほうは手打ちではないものの、手打ちに近づける努力を感じた次第です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  ▼▼▼


6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)