fc2ブログ
本日、休みにも関わらず私は早く家を出た。目的は日帰り旅行に行くことである。候補としては山形市と福島市の両県庁所在地を考えたが、しばらく行ってないという理由で福島市に行くことにした。7時ちょうど発の福島行き(始発)は仙台駅の高速バスセンターから出発となっている。どうしても特等席(一番前の見通しの利く席)を取りたかった私は12分ほど前から並んだ。この発着所が開くのは6時45分頃のようだ。

1高速バス発着所

東北自動車道に入った。古いブロ友様はご存知だが、私はバスやトラックに目がない。一番前に座る理由として視界の他にドライバーの運転操作が見たいという願望もある(笑)このバスはハンドルの中央のマークから三菱ふそう製ということがわかったが、オートマチック車のようであった。ドライバーから見ればイージーな運転が可能ということなのだろうが、私のようなマニアからすれば、ギアチェンジ操作(自分にとってはショー的な要素を多分に含んでいる)も大きな見どころゆえ、何か物足りないものを感じた。😬💧バスに乗ってそんなことを期待する乗客はごく少数なのかも知れない。

2ドライバー

私はバス(トラック)マニアを自覚するだけあって、昔はエンジン音を聞いただけでメーカーを当てることができた。これは今でも変わっていない。乗ったとたんにこれはHINO(日野ディーゼル)のバスでないことがわかった。但し、HINO以外の三社のメーカー(ISUZU・日産ディーゼル・三菱ふそう)の聞き分けは結構難しい。これは何度も注意して乗らなければわからないことなのかも知れない。長閑な山野の風景には癒される。まだまだ紅葉には早いが、暑くも寒くもなく絶好の旅行シーズンという本日の気候であった。

3風景

十数人の乗客のうち、終点の福島県庁前まで乗って行ったのは私一人であった。数棟の建物からなる福島県の県庁である。

4福島県庁

この後、駅東口の散策を行った。ここはAXCビルアックスビル)と言って1979年に長崎屋福島店として建てられたビルである。その後、テナントとして福島東急インホテルが入ったが2010年に契約を終了し、横浜市に本社を置くブリーズベイホテルが運営する「ホテルクラウンヒルズ福島」として再オープンしている。中に入ってみたが基本設計が古く、活気に乏しく客の入りが良くないようであった。(地階には飲食店、1階には食料品店、3階には楽器店と百均のセリアが入っている)

5AXCビル

AXCビルと道路を隔てた向かい側は何と大規模な再開発工事が始まっていた。既に10月1日から工期に入っており、竣工(予定)は3年半後の令和8年3月となっていた。どんな建物が建つのか?今から楽しみである。

6工事立札

ご覧の通り、再開発の区間は非常に広いセクションとなっている。実はこの辺りに明治元年(1868年)創業の藤金旅館という老舗旅館があり、木戸孝允や竹久夢二が泊まったことがあった。インターネットで調べたところ、この旅館は2018年頃に閉店したらしい。実はこの旅館が営業していた2010年に、私はこの旅館の辺りを訪ねている。詳しくお知りになりたいかたは拙ブログ「竹久夢二が泊まった宿」https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1843.htmlにアクセスして頂きたい。

7再開発看板R8年3月まで

横町コメント
まだまだ書きたいことがいっぱいあるのですが、ブロ友様に負担をかけないことを第一に考え、本日はこれくらいで記事を閉めくくりたい所存です。古来から「旅は人の心を豊かにする」と言われていますが、改めてそれを実感した本日の日帰り小旅行でした。本日発信できなかった福島市の他のことについては、後日、別なスレッドを立ててフォローしたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)