fc2ブログ
2週間前の10月6日、眼鏡の上から掛けられるサングラス(百均のダイソー)を紹介したが、今日はその欠点と欠点を補う改造を紹介したい。昨日このサングラスを老眼鏡の上から掛けて、車でゴルフ場に向かおうとしたところ、真横の部分が見えないことに気づいた。

人間の視野は水平方向が200度と言われるが、このサングラスを掛けると左右が柄のブラインド(死角)に入り、十分な視界が得られないのである。例えば車を運転している時に真横に自転車が来てもぼやけてしか見えない。これでは事故を起こす可能性が十分にある。いくら百均とは言え、「こんなもの作りやがって」という感じで私は無性に腹が立ってきた。

そういう経緯もあり家に帰ってから改造に取り組むことにした。サイド部分を見るとほぼ円形のフォルムでケガキが入っている。この部分を利して穴を開けることにした。

1現状写真

当初はカッターで何度も切れ目を入れてみたが、この方法は時間が掛かりそうなので諦めることにした。

2カッターでは無理

そこで思いついたのははんだごてを使い、プラスチックのフレーム(柄)を溶かす方法である。本来ならば電熱線を使えば奇麗に仕上がるところだが、ないため苦肉の策である。😖

3はんだごて

電気ドリルも使いながらなんとか穴を開けることに成功した。この作業は火傷のリスクがあるので皮手袋を着用の上で慎重に作業を進めた。

4穴あけ概ね完了

穴を開けた部分(小口)はどうしてもギザギザになるので、ニッパーや爪切り、小型ペンチでバリを取らなければならない。

5七つ道具

普段は滅多に使うことのない爪切り(百均製品)が結構活躍してくれた。

6バリ取り

丸ヤスリを使えばもっと滑らかに仕上がるのだろうが、ないのでこれくらいで妥協することにした。

7完成一歩前

横町コメント
この改造で少なくとも視界が十分に確保できない最悪な状態は脱することができたと受け止めております。但し、穴が開いた状態では格好が悪いので、今後は透明度の高いアクリル板を貼って仕上げるつもりです。但しフルフェイスのバイク用ヘルメット着用時に掛けるならば、なんら問題ないと考えています。それにしても百均メーカーは安価だからと言って、安全性を蔑ろにしてもいいと考えているのでしょうか?どうも納得の行かないものを感じた今回の顛末でした。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)