fc2ブログ

今日は勤労感謝の日である。セカンドライフに入って未だに宮仕えをしているが、大雑把に言えば人生の三分の二はサラリーマン生活をしていることになる。「智に働けば角が立つ」で、上役の恣意性に対する許容力が低い自分としては非常に窮屈だが、これはビジネスとして割り切るしかない。人生百年時代と言うと聞こえがいいが、先立つものと健康が無ければ虚しいものとなる。


65歳~69歳で就業している人の割合は9年連続で上昇し2020年で約50%で、70歳以上は4年連続で上昇し2020年に5・6人に1人となっている。66歳~70歳の範囲で年金受給の繰り下げが選択可能となっているが、これは下手をすれば総支給額で損をすることになる。65歳で受け取り、平均寿命(男性の場合80歳)まで生きれば収めた年金額と受給額はほぼ”ちゃら”になるということである。但し、健康寿命(介護を必要としない年齢)はその前には尽きてしまうのである。(男性の場合は平均で72歳くらい)自分の寿命のことはわからないだけに、どうもこの繰り下げにはピンと来ないものがある。(健康に自信があり、且つよほど金銭に余裕があれば別だが)


勤労を尊しと思うのは素晴らしいことだが、一方で完全リタイアして人生のユートピアを謳歌したい想いもある。いつリタイアするかどうかは悩ましいところだが、企業が自分を必要とする以上はもう少し頑張りたいと考えている。それと最近思っているのはユートピアは何も完全リタイアしなくても、自らの考え方一つで手に入るのでないか?ということである。自分は現在週休三日だが、年々有給休暇の日数が二日ずつ増えてきており、これを休みに加算すると1年の半分以上が休日である。然らば有り余る余暇時間が既に備わっているということである。その余暇時間を有意義に使えば、既にユートピアの域に達していると言えるのでないだろうか?


1もぐろふくぞう

YOU TUBEを見ていると完全リタイアして、悠々自適にワンボックスカーで車中泊や釣りを楽しんでいるかたが居られ、羨望を感じるが、それだけがユートピアとは言えない気がする。サラリーマンは確かにいろいろと束縛されるが、アフターファイブの楽しみもあるわけで、このへんは考え方一つでないだろうか?


内閣府によると、勤労感謝の日は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とされるが、これは自他を問わないのでないだろうか?もし自分が就業していれば雇ってくれている企業に感謝をする。そして企業からも就労を感謝される。そういう”持ちつ持たれつ”の関係になればこれ以上の理想はない気がする。現役時代、いろいろとあった我がサラリーマン生活だが、そのわだかまりを捨てることで、新たな境地が拓けるものと考えている。多くのわだかまりが消えてきた今だからこそ、リセットスイッチを押す絶好のタイミングと言えるのかも知れない。


あと何年働くことになるのか皆目見当がつかないが、鍵を握るのは健康ということになる。自分がウォーキングにこだわる理由がここにある。今はマンネリ化しないように時折遠征ウォーキング(交通機関を使って様々な所を歩く。時に他県にも渡る)を行っている。趣味に生き、悠々自適なセカンドライフを謳歌しているユーチューバーには及ばないのかも知れないが、健康さえキープできればユートピアは自ずとついてくると自分に言い聞かせている。


2オフィス

横町コメント

マラソンの君原健二氏(メキシコオリンピック銀メダリスト)はマラソンの試合で、苦しくなると「次の電柱まで走ったら棄権しようと思いながら走り続け、これを何度も繰り返しながら、仕舞には完走してしまう」と述べていました。今の自分も君原氏と似た心理なのかも知れません。


但しセカンドライフのため、束縛の度合いは現役時代と比べれば問題ではありません。辞めようと思えばいつでも辞められるということです。柔軟に考えれば棄権する電柱を少しでも後倒し(ゴールに近い所)にすればいいということです。そう考えれば少しは気が楽になります。


本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

人により異なると思いますが、勤労できる
ことを感謝してエネルギーをチャージする
日とも捉えられます。
セカンドライフの目的を設定することも重要
だと感じます。

URL | ichan ID:-

こんばんは~♬

健康であれば、24時間フリーとなれば、時間を持て余してしまう人がほとんどではないでしょうか~
することがないから病院でも行こうと言うのだけは避けたいと思います。
わたしの場合、趣味の延長で小遣い程度はまかなっており、これをできるだけ長く続けていきたいと思っています。
横町さんも、どんな立場であれ、有効に時間を使われるのではないかと思います。

URL | 布遊 ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。たまたま水曜に重なってしまった今年の勤労感謝の日ですが、思ったことを書き留めたいと感じ、綴ってみました。YOU TUBEに出ているシニアのユートピアは理想ですが、これは考え方次第と捉えています。

自分なりのユートピアを構築すればそれでいいと考えています。本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。YOU TUBEなどを見ていると完全リタイアして趣味を謳歌しているかたに羨望を抱きますが、自分自身には「隣の芝生は青く見える」と言い聞かせております。考え方一つで今がユートピアと言えるのでないかということです。

後は健康を如何にキープするかということですね。自分の場合は動機づけが8割と考えています。マンネリ化させないことはいつものウォーキングルートを微妙に変えてみるということもあります。そういう際にはバイクでの移動も視野に入れたい所存です。ご配慮により、今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

貴兄は、すでに週休3日をこなされ、年休も取られているので、悠々自適の領域に近いと思います…。精神的、経済的にゆとりかあれば、完全にリタイアに入ってなくてもその雰囲気は味わえると思います…。
完全リタイアになれば、帰って時間を持て余す時もあるかもですね…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

貴兄やセカンドライフで趣味を謳歌されているユーチューバー各位を見ますと羨望を感じてしまいます。そんな時は「自己を絶対視せよ」と自分に言い聞かせることにしています。真のユートピアの実現は自分自身の志向性が問題と受け止めております。具体的には与えられた余暇時間をどう使うかです。健康寿命さえキープすればと思いますが、やはりウォーキングの動機づけは重要と考えています。

ご配慮により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)