fc2ブログ
データは覆面パンダ様からの引用である。ブログとSNSは兄弟だが、それぞれ特徴がある。一言でいうと短いコメントでのコミュニケーションを重視したのがSNSとなる。これには異論のないものを感じる。短文でコミュニケーションを取ろうとすれば、挨拶などは重視されず、必然的にフランクなものが求められるということになる。

1主なSNS

こちらは主なブログである。この中ではアメブロが明らかに毛色の違うものを感じる。アメブロを運営している何人かのブロ友様が居られるが、傍から見ていてもコミュニケーションを取りやすいことがよく理解できる。ライブドアブログFC2ブログはよほど自分を売り込まない限り、多くのブロ友様と交流(コメントを交換し合う間柄)は難しいのでないだろうか?

2ブログの種類

覆面パンダさんもコミュニケーションにおいてはSNSにアドバンテージがあるのを認めている。これに対してブログの強みは長文に対応している点と過去の記事のSEO(インターネット検索に引っ掛かる度合い)の高さを挙げている。自分も同感である。実はGoogleアナリティクス分析によると、自分の歴史関係の記事を多くのかたにご拝読頂いているのを実感するからである。

3ブログとSNSの比較

横町コメント
自分の場合は随筆などの長文を書くので、やはりブログのほうが合っているようです。皆さんはどんな考えを持っておられますでしょうか?ご披露頂ければ幸いです。欲を言えばもう少し、コメントを頂けるようなブロ友様が増えればと考えています。もちろん、ただもらいは致しません。お互い、切磋琢磨しながら有意義なコメントを交換できるようなお付き合いを望んでいます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4六百横町
関連記事

コメント

こんばんは。

興味深い分析ですね。
一般にSNSはタイムリーな内容と親和性が高く、ブログは腰を据えての更新に向くようなイメージがありますが、同じブログの中にも色があって面白いですね♪

URL | 暇人ity ID:-

こんばんは~♬

アメブロは、ヤフーブログの時からのお友達とのやり取りを楽しんでいます。
fc2は記録用。
インスタは、洋裁の型紙記録として・・
読書メーターは、読書の記録用。
みんチャレは、モチベーションアップのためと、
それぞれ、目的を持って。無理のない頻度で楽しんでいます。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

ブログとSNS、目的に応じて使い分ける
のが良いと感じます。
かつてFC2ブログのアクセスが大きく、
メディアにも登場したブロガーさんは、
Amebaに優待されていました。
時折、閲覧していますが、発信力が大きい
と感じています。

URL | ichan ID:-

SNSとブログは、全く別物と考えております…。
SNSは、私の場合、知り合いとの通信手段であり、ブログは、私の生活の記録手段であり、知り合いもおりますが、未知の方との通信手段でもあります…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

初めてコメントさせていただきます。

とても分かりやすい比較で、「なるほど!」と読ませていただきました。

これからも楽しみに、お邪魔させていただきます。

URL | tearose ID:-

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。両者の特質に関してはおっしゃる通りと思います。短文でコミュニケーションを交わそうとするSNSでは、挨拶は省略されやすく、要点のみに触れるという傾向になるのだと思います。但しこのスタンス(フランク優先)をブログに持ち込むと、人によってはつっけんどんな印象を持たれかねない気が致します。

話は変わりますが、私のようにブログを
①情報発信媒体
②昔で言う文通のような誼を交わす場
と考えるブロガーがごく少数派と認識しております。SNSの普及がブログ離れを促進させたのは明らかなところと考えています。(或いはブログは情報発信するだけで十分という概念をユーザーにもたらした)

但し、アメブロは両者のいいとこ取りをしているなという印象を受けます。サイドビジネスには不向きとされるアメブロですが、ことブロガー同士の交流については明らかにアドバンテージありと言っていいのかも知れません。

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。アメブロのことは詳しくないのですが、ヤフーブログで言うゲストブックのようなものがあるのではないでしょうか?実はこれがブロガー同士の交流に大きな影響を与えるのは必定です。即ち、ゲストブックならば記事内容とまったく関係のないことを書いても差し障りがないということです。

これがないということは、人様のブログにお邪魔して自己アピールする際、どうしても記事の内容と関係のないことを書いてしまうことになります。(独りよがりな印象を与えてしまう)この違いがブログを開放的なものにもするし、閉鎖的なものにしてしまう。

そう考えると、やはりゲストブックはあったほうがいい気が致します。(ゲストブックは必要ないと思えば、自らの意志で表示させないことも可能ゆえ、セキュリティー上も問題ない)布遊さんは、いろいろと使い分けておいでのようで、さすがです。お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。アメブロは運営したことがないのですが、傍から見る限りにおいてコミュニケーションが取りやすいように見受けられます。一方で商用目的には使えないわけですが、そこを割り切ればいい気がします。準オールマイティーと言えるのでないでしょうか?

これに対してFC2ブログは閉鎖的(三年半運営して実感)という印象を受けます。個々のブロガーの考え方が情報発信のみで十分というスタンスが強い気が致します。自分としては多いに物足らないものを感じ、このような記事を書くに至りました。ブロ友様とは切磋琢磨しつつ、モチベーションを高めるとともに、良好な信頼関係を構築したいと考えています。

ブログにおいて自分がモラルにこだわる理由がここにあります。おはからいにより、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

SNSを有効に使われているのですね。似ていても異なるものを感ずるSNSとブログです。SNS的なノリでブログにコメントすればフランク過ぎる(時には土足で座敷に上がられるような印象)気がします。近年略式挨拶(本来ならば「宜しくお願いします」というべきところを「お願いします」だけで済ませてしまうetc)は、SNS普及とともに更に広がった概念という印象を受けます。本来ならば、TPOに応じて硬軟織り交ぜるべきところを、全て軟の方向に走る。これは如何なものか?と考えています。

それはさておき、FC2ブログの至らないところは顕著(コメントをもらい難く閉鎖的な印象)ですが、ここまで付き合ってきたのだから今後も…と自分に言い聞かせています。ご配慮により、本日もお引き立てを頂戴しました。お気遣いに感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。


tearoseさん、ありがとうございます。

おはようございます。初めまして。訪問、コメントに深く感謝しております。近年ブログのフランクさが増してきた背景にはSNSの影響を多分に感じます。一方で昔の文通のようなスタンス(礼節を重んじ、先ずは相手のことを先に書き、自分の近況などは控え目に後から書く)が廃れてきたのにはもどかしいものを感じます。短文でコミュニケーションを済ませるSNSとブログでは、やはりコメントのスタンスを変えるべきというのが私の考えです。

ブログ上で人様と良好な関係を築くのであれば聞き役に徹するべきですが、これがどうしてもできないブロガーは結構多く、せっかくコメントを頂いても、自分のブログをアピールしただけに終わるパターンも結構見かけます。やはり誼を深めるのであれば、自分の書いた記事をしっかりと読んで頂きたいというのが本音です。記事で発信したかった本音はここにございます。本日はお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。後程訪問させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

こんにちは

初めてコメントさせていただきます。
やはりSNSと一括りには出来ないですね。
始めるのはどれも簡単ですが、それぞれの特質を知って自分に合っているかを知らないと楽しめなかったり時としてトラブルの元になってしまいますね。
私の場合は、かつて開設していた趣味のHPの延長的な考えでブログを始めました。
なので長文対応や記録のしやすさ、そして過去記事等の検索のしやすさを優先しています。
即時性では劣っていても、様々な事が出来るのがブログの良さだと思っています。

長文失礼しました。
これからもお邪魔させていただきます。

URL | やませみ ID:-

やませみさん、ありがとうございます。

おはようございます。初コメントを頂き感謝しております。ブログ拝見させて頂きました。Yahooブログ終了に伴い、2019に移ってこられたのですね。自分もまったく同じです。FC2ブログはブログのカラーがYahooブログと全く異なり、面食らいましたが、こういうものだと自分に言い聞かせて今日に至っています。

ゲストブックがないことで閉鎖的にならざるを得ない気が致します。自分は器用なほうでないのでSNSはやっておりません。これからもブログ一本で行こうと考えています。趣味でHPを運営されていたとはすごいです。ブログに関する概念に関しては自分も同感するところです。所謂潰しが利くという点が自分にあっていると考えています。FC2ブログはゲストブック機能がないものの、カスタマイズの幅が広い点が利点ですね。このメリットを活かさばそこそこ楽しめる気が致します。

ご丁寧な挨拶痛み入ります。こちらこそ今後とも宜しくお願い申し上げます。ありがとうございます。

おはようございます。
ブログはSNSに比べて長文に対応している点、またSNSは最新記事のみが注目されるのもおっしゃる通りと思います。
SNSほどではないにせよ、ブログでも過去記事が顧みられることが少ないのは寂しく思います。20年ほど前はホームページも立ち上げておりましたが、これは過去記事も最新記事も対等で、掲示板による交流がとても活発でした。そのため、本当はホームページのスタイルが私にはいちばん合っているような気がしています。やり方も忘れてるので今さらまた一からはやれませんが……。

へろんさん、ありがとうございます。

ブログのアドバンテージを追求するとコミュニケーションが第一に浮かんで参ります。FC2ブログのカラーとしてこれが弱い気がします。ゲストブック(運営者の意志次第で任意で開設も閉鎖も可能)を作らなかった理由がよく理解できません。これがブログの魅力をスポイルしているのは否定できない気が致します。

但し、嘆いてばかりもいられないので自ら行動を起こした次第です。気軽にコメントをやり取りできるような関係を望みますが、モラルとしてはフランクとのバランス(柔らか過ぎず硬過ぎず)も求められる気が致します。鍵はブロ友様の記事に訪問した際に聞く耳を有していることに尽きる気が致します。これを肝に銘じて”どんなシチュエーションにおいても矩を越えないスタンス”をステディに続けて参ります。

改めまして、今後とも宜しくお願い致します。本日も格別なる追い風を頂戴しました。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)