fc2ブログ
 神河かおる 射程1250㎞ トマホークミサイルの導入へ 


【コラム】
久しぶりに神河が征く/わかるニュース解説からのリンクである。以前から神河氏のYOU TUBEを評価している私だが、最近のスレッドは95%近くがウクライナ戦争のことばかりで、正直うんざりしていた。今回は中・露・北という武力をちらつかせる三箇国にどう立ち向かうか?というのがテーマである。

目先の問題としてトマホークミサイル(精密誘導弾式)はアメリカが先進ゆえ、先ずは射程1250Kmのものを購入するしかないが、いずれは射程3000Kmの国産ミサイルを国内で生産し、配備することを検討課題としている。

1最終目標

読売新聞からの引用である。トマホークミサイルの数は最大で500発で2027年までを目安にしている。

2読売新聞最大500発購入

東京を中心に描いた直径1250kmの円をご覧頂きたい。この距離だと中国は無理でも北朝鮮が射程に入る。

3トマホーク射程

以下は産経新聞からの引用である。防衛費の増額については国民の6割が賛成としている。これは与党支持層のみでなく、野党支持層も理解を示している。年齢については若年層ほど増額に賛成で、熟年層になると福祉(年金や医療補助)への目減りを懸念してか、賛成の率が落ちてきている。

4産経新聞 防衛費増額について

神河かおる氏の言うことをまとめてみた。敵基地攻撃能力(反撃能力)と言っても、今のミサイル技術は潜水艦やトレーラーからも発射が可能であり、迎撃が難しくなってきている。それでもトマホークミサイルがあるのとないのでは雲泥の差である。数を多く持てば、相手をけん制することが可能となるのは必至である。

5神河の主張

横町コメント
久しぶりに神河氏の歯切れのいい弁舌に接して、溜飲が下がる思いがしました。流れから言って憲法9条改正を含め、我が国が軍備増強に舵をとるのは必定と思われます。敵対国の圧力に屈することなく、毅然とした態度で臨んでもらいたいと思います。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


6七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)