fc2ブログ
 Boz Scaggs You Can Have Me Anytime 


You Can Have Me Anytime
僕たちが今いる場所には
見知らぬ人がたくさんいて
そしてドアは静かに開いている
僕たちが今いる場所には
危険はないけれど
あのドアは静かに開いて
また呼んでいるんだ

まるでただの友達みたいにふるまって 
「もう行くの?」なんて軽口で
でも本当は君がなんて言うのか怖くて
君も迷ってて

夜の翼がやってきて
君はまた旅立ってしまう
僕にはもう 君の声が聞こえない

今夜、夢は終わる だけど
僕はまだ ずっとここにいる
君はいつでも戻ってきてもいいんだ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【コラム】
今週も一週間が終わった。今年もあと15日しかないが、有給休暇を2日取るのであと5日出勤すれば務めが終わる。15日のうち、出勤は5日のみである。そう思うと気が楽だが、後は惰性で乗り切りたい。立ち上げたばかりのカテゴリー「ウイークエンドの私」だが、今週も先週に引き続いてのアップとなる。ウイークエンドという言葉の響きには”たそがれ”も重ねる。職を辞せば毎日が日曜日となろうが、果たしそれでいいのか?私は最近、この疑問に対して自問自答している。

今は働いているからこそウイークエンドの有難みを感じられるのでないだろうか?振り返れば、毎日が日曜日という感覚は定年を果たした数年前に既に味わっている。すべての束縛から解放された感覚は大空を舞う鳥になった気分であった。但しこんな自由な感覚を完全リタイヤした時点で再び味わえるかどうかはわからない。

今宵はそんな取り留めもない空想を抱きながら、週末の解放感にあやかり、Boz Scaggsの曲に酔っている。合わせる酒はスコッチのロック🥃🧊である。実はこの曲はトヨタのセダン・クレスタのCMのイメージソングに使われた経緯があった。80年代前半と記憶している。

0ボズ・スギャッグス

本題に入りたい。一昨日の水曜日、私は太白区長町の散策に興じた。まず向かったのは仙台市太白区文化センター内の太白区図書館である。中庭にはご覧の通り、クリスマスツリーが飾られ、年末気分を一層引き立てるものとなっている。B1階のテナントには某ドラッグストアも入っていて、何をするにも利便性に事欠かない環境である。

1クリスマスツリー

こちらは地上1階である。借りた本をコーヒーショップで読むのも悪くないだろう。隣にはコンビニ、そのまた隣にはインド料理の店が入っている。

2ドトール、コンビニ、ガネーシャ

太白区図書館では、一時間ほどに渡って視聴覚コーナーで歴史もののビデオ「みちのくの城と合戦」を見た。

3みちのくの城と合戦

小雨模様であったが、このあと長町市街地に繰り出した。道路がS字状を呈しているが、ここは秋保街道と言われた旧道である。道筋の左側の肌色の建物の辺りにはジャンボミカドというキャバレーがあった。

その前はミリオン劇場という名の映画館があったとされるが、そんな昔の事情を知る人も今では少なくなった。ちなみに、ジャンボミカドというキャバレーは、インターネットを介して2010年にこの地に建っているのをはっきりと確認できるのである。https://kokontouzai.jp/archives/3642

4キャバレーミカド

旧秋保街道を離れて脇道に入ってみた。スナック街とも言える風情である。旧奥州街道との辻とは目と鼻の先だが、このような下町的な雰囲気が長町と言う街の持ち味である。

5スナック街

Google航空写真をご覧頂きたい。赤:下車した地下鉄南北線長町駅、黄色:ショッピングセンター:長町モール

6Google航空写真

このあと長町モールに行って目の保養をした。完全リタイヤして、毎日が日曜日となった後の身の置きどころを強く意識した散策であった。

7長町モール内

横町コメント
長町は裏通りに行けば、結構ごちゃごちゃしていますが、四車線の表通りには高層ビルが建ち並び、美観に優れた街並みを呈しています。新旧がいろいろと入り乱れるわけですが、その中に調和が見て取れる魅力あふれるスポットです。ちなみに、「今の仙台市内であなたはどこに住みたいですか?」という問いに対して、第一位になった場所が長町地区とのことでした。長町は副都心としての利便性に富み、仙台市の南部に位置していて開放感に富むだけに、これには十分頷けるものを感じます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)