fc2ブログ
去る11月14日の記事でも触れたが新型コロナの致死率についての続報をお伝えしたい。これは静岡県内における新型コロナの致死率の推移である。第8波では0.08%(1250人に一人)になっている。第3波では45人に一人が亡くなっていたので、いかに毒性が弱まったかがわかる。(これに反して感染率は上がっている)

1テレビ静岡ニュース

これは静岡県における季節性インフルエンザとの比較である。重症化率はインフルエンザの約10分の1にも関わらず、致死率があまり変わっていないところが気になる。

2インフルエンザとの比較

厚生労働省専門家組織脇田座長)は21日、新型コロナの致死率を発表している。それによるとデルタ~オミクロン~オミクロンからの変異株(BA2、5など)に移る過程で大幅に下がってきているようだ。

3致死率低下by朝日新聞

今回の厚労省の発表は第8波収束後の感染症5類並みへの変更の布石と思われる。今でも街中ではほとんどの人がマスクをしている。すっかりコロナ恐怖症に陥った国民を納得させるには時間が掛るという感じである。

4今頃の発表は遅すぎないか?

横町コメント
厚生労働種の発表のタイミングはどうも遅いという印象を免れません。懸案の重症化率が低い割に致死率が高いのは、基礎疾患が原因での死亡を差し引かないのが大きな原因と考えています。中国では既にこの基準が変わった(基礎疾患が原因の死亡をコロナによる死者数に入れない)ようですが、我が国でもコロナ恐怖症から脱却するために、この基準を見直す必要があると考えています。

皆さんはどんなお考えを持っておられるでしょうか?お聞かせ頂ければ幸いに存じます。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


5七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)