fc2ブログ
これまで月末ごとにブログの分析を行ってきたが、記事のテーマに敢えて棚卸という言葉を使わずにブログ分析と命名してみた。それは棚卸が目的ではなく、飽くまでも分析が目的だからである。分析アイテムはFC2アクセス解析もあるが、これまでの経験上、どうも捉えどころがなく、精度や信頼性を考えるとGoogleアナリティクスに及ばないと考え止めることにした。

一日当たりの平均セッションとPVに関しては横ばい状態である。平均PV1,000を超すにはもう少し時間が掛りそうだ。

1Googleアナリティクス分析推移

次に最近の記事(Googleアナリティクス上では「すべてのページ」)の中でどんな記事が読まれたかである。1位の「業務スーパー芋焼酎黒嘉門」は前回と変わらない。常連さんのアクセスワードになっているのかも知れない。2位は自分のサラリーマン生活リタイヤに関することなので、多く読まれたものと推察している。「著作権切れの日本映画見放題」https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-3425.htmlはYOU TUBE引用の記事であるが、先々月あたりから急にアクセス数が増えているようだ。「仙台の気候と住みやすさ」に関する記事が4位に入ったのは非常に嬉しい。

昨年12月からカテゴリーに「ウイークエンドの私」を増設したが、これに関する記事が6位に入ったのは願ってもないことであった。その他、B級グルメネタが8位と9位に入っている。10位の「理不尽な上司への対処法」は、人間関係に悩むサラリーマンに関心のあるものと察している。

2最近読まれた記事ベスト10

こちらはライティングページベスト10である。その前に「ライティングページ」とは一体何なのか?について説明したい。定義によると、ライティングページとは検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのこととされる。平たく言えばインターネット検索を経てアクセスしてきたユーザー(一見さん)を指すものと解釈している。これに対して「すべてのページ」のほうは、概ね常連さん、お得意さんによるアクセスと考えて差し支えないと捉えている。

3位の唸り坂は郷土史に関する記事で初めてのベスト10入りとなったが嬉しい誤算であった。変わったところでは、往年の二枚目俳優沖雅也の主演ドラマとその後の彼の明暗を描いた記事https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1507.htmlが9位にランクインした。驚くことに10年前(2012年12月更新)の記事を読んで頂いたことになる。こういうことはブロガー冥利に尽きることであるが、是非今後の励みにしたいところである。

3ライティングページベスト10

横町コメント
ブログを運営するからにはモチベーションを高く持ちたいところですが、Googleアナリティクス分析で10年前に書いた記事を読んで頂いたことが判明し感無量です。時折歴史関係の記事にアクセスを頂くことがありますが、エンターテインメント関係の記事は少ないだけに有難い気がします。ブログを閲覧される多くのかたは、自らの役に立つ情報を求めているのは明らかですが、中にはレアな情報を求めておられるかたもおいでです。本日はこれがわかっただけでもよかったと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4七百横町
関連記事

コメント

グーグルアナリティクスはいろんな分析ができるようなのですが、よくわかりません…。貴兄はいろんな手法を研究されているようなので、参考にさせていただきたいと思っております…。

拙ブログも、過去記事に支えられているところがあるので、過去記事は大切にしたいと思っております…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

ブログの棚卸し、お疲れさまでした。
10年前の記事を読まれたとのこと、自分も
ブログ開設時期の記事に対して詳細を知り
たいとのコメントを頂き、コメント返しした
ことがあります。
良いものは良いとことなのでしょう。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

どうも最近ブログの分析がマンネリ化してきたので、角度を変えた視点で眺めてみました。
①すべてのページ:お得意さん
②ライティングページ:一見さん
の区別は定規をひいたようには識別できないのですが、概ねそういう傾向があるようです。②に関しては古い記事が読まれていることでモチベーションが向上します。①に関しては近況報告なども受けているものと捉えています。

要は読者のニーズを如何に読むか?ということになります。一方で「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言いますが、FC2アクセス解析は二兎にも値しないと考え、思い切って打ち切った次第です。

今回の方針転換でいい方向に向かうことを願っています。本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。読まれた十年前の記事はややスキャンダラスなもの(オブラートに包んではいますが…)でしたが、読者心理の普遍を重ねた次第です。それでもシンパシーを感じて頂ければ幸いと考えています。

自分も貴兄と同様に、古い記事にコメントを頂くのを少しも悪く思っていません。逆に大歓迎と捉えています。おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)