fc2ブログ
 横町動画/奄美大島ホノホシ海岸で拾った丸い石 


リンク動画について
奄美大島に行ってから今年で20年が経つ。あの日ホノホシ海岸で体験したことは死ぬまで忘れないことだろう。山川サラさんは自著「ムンユスイ」の中でホノホシ海岸のことをこのように表している。

外海である太平洋の荒波が岩を削り、石を転がす 
 
  そそりたつ岩に挟まれた海岸に 波音は唸りのように反響し
 
  引き波とともにさらわれる玉石がぶつかりあい
 
  地中に吸い込まれていく泡が音をたてる
 
  目を閉じれば地球というコンサートホールに拍手の嵐が渦を巻く

1ホノホシ海岸

奄美大島は秘境である。ゆえにホノホシ海岸は秘境中の秘境とも言える。カタカナの名称のついた場所は秘境が多いが、この海岸も例外でなかった。

2ブログ用YOU TUBEホーム

横町コメント
ここ数日、YOU TUBE動画をUPするのに苦戦をしています;どうもパソコンの能力が不足しているようです。今まで三つの動画編集ソフト(ビデオエディター、クリップチャンプ、ショットカット)を試しましたが、結局一番最初に使ったビデオエディターが今日の決め手となりました。ショットカットはなかなかの高機能でしたが、空振りに終わりました;試行錯誤は依然として続きそうです。

それはさておき、今宵は黒糖焼酎の燗酒で晩酌を始めました🥰今夜は相当冷え込みそうですが、南国奄美大島に夢を馳せて寝床につきたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。
 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

連日のユーチューブ動画のアップお疲れ様です…。
本日の話題も以前ブログで話題とされたものですが、やはり動画で改めて拝聴いたしますと伝わるものが違いますね…。以前ブログでお話を伺って以来、私も奄美大島へ行きたいと思ったものですが、今回動画を拝見して、ますますその思いが強くなりました…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

昨日の動画についても拝見させて頂きました。
大変参考になりました。
奄美大島に行ったことはないので、斬新な
雰囲気を味あわせて頂きました。
有難うございました。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がございました。山川サラさんのこのフレーズはホノホシ海岸の様子を大変よく表したポエムと受け止めております。

開始当初よりはナレーションをとちらないようになってきましたが、まだまだと言い聞かせています。(笑)おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。大変励みになるお言葉を頂戴しました。独自性を貫くという意味でこういう経験談もありと自分に言い聞かせました。ポイントとして自己主観と客観の最大公約数を模索することと認識しております。例を挙げるのならば”柔らかいコラム”のような含みをもった動画もたまにはありと自分に言い聞かせています。

こういう記事だけでなく、硬軟織り交ぜてのスレッド構成を目指して参りたい所存です。ご配慮により、今回も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

横町さん、おはようございます!

寒い朝に奄美大島のお話が聞けて良かったです(笑)
日本で、南国というと、どうしても沖縄を連想してしまいますが、
奄美大島もなかなか魅力的な島ですね。
そういえば、職場の同僚も、「また奄美大島に行きたいなぁ」なんて
言っていたのを思い出しました。
星が最高に綺麗だって言っていました。

私も奄美大島、ホノホシ海岸に行ってみたくなりました!

仙台は、-7度ですか!? 体験したことのない温度です。
どうぞご自愛ください。

URL | マヤリモ ID:-

マヤリモさん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がございました。こういう個人的なことをYOU TUBE動画にするとどうなのか?と自問自答しましたが、話し方一次第ということを自分に言い聞かせ、GOサインを出しました。

沖縄に比べると人口密度が低く、開発の度合いがさほどでないので島全体に自然が広がっています。地形は非常に変化に富んでいますが、島にしては広いなという印象を受けました。”島時間”にはもう一つの意味があり、同じ時間でも本土に比べてゆっくりと過ぎゆく(1時間が2時間くらいにも感じられる)ことも意味します。
多くの島のかたはウェルカムというスタンスで東北人の私が行っても取っつきやすいものを感じました。後の大河ドラマで西郷さんと奄美大島の関りを知り、増々再訪したいという気持ちが高まってきました。

お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)