fc2ブログ
 【鬱発症直後の沖縄旅行】で鬱は治ったのか? 


リンク動画について
本日UPした私のYOU TUBE動画である。ブログには平成中期に行った沖縄のことを書いていたが、この旅行が果たしてどんなシチュエーションで行われたかは敢えて明らかにしていなかった。その理由は動画をご覧頂きたい。

暮れの押し迫った12月27日に、私が宿泊したのが、那覇市のスーパーホテルおもろまちであった。那覇空港からはモノレールで10分少々である。隣には免税品を扱うTギャラリア沖縄byDFSがあり、レンタカーも借りられ、何をするにも便利な場所である。

1スーパーホテル

この時期の沖縄の最高気温は18度ほどで、服装に関しては薄いジャンパーで十分であった。二日目はレンタカーを借りて沖縄本島を一周してみた。美ら海水族館を見学し、ランチにはゴーヤーチャンプルーを食べ、途中名護市に立ち寄り、エメラルドグリーンの浜辺に佇んだ。とても同じ日本とは思えない。まるで別世界である。滞在三日目からは那覇市の戦争資料記念館や首里城も見学した。

2名護市の海岸

横町コメント
家族からは「鬱病なのによく沖縄に行ったね」と言われます;そう問われると返す言葉もないのですが、とにかく病気を治したいという一心でした。但し、一度心の真ん中に巣くった鬱病はそんなあまいものではありません。帰宅してからは焦燥に駆られ、針のむしろに座るような毎日が続いたのです。

3動画本日のまとめ

こんなことで鬱が治るのなら、誰しもが南国リゾートなどに足を運ぶことでしょう。鬱を治すには自分と真正面から対話するしかないわけですが、これに気づくのは沖縄旅行から二年以上経った時でした。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

南国・沖縄の雰囲気で完治はできなかった
ようですが、南国特有の雰囲気は本州とは
別物だったと思います。
動画の完成度がより高まっていますね。

URL | ichan ID:-

沖縄旅行に行かれたことは、ブログに書かれていたので知っていましたが、鬱の早期治癒を目指してだったのですね…。環境を変えれば治るかもしれないというお気持ちだったのでしょうね…。しかし、結果的には早期治癒には結びつかなかったわけですが、その世界(沖縄)を知ったことは、いい経験になったと思います…。動画では触れられませんでしたが、結局沖縄の人とは話ができたのでしょうか…。私は、沖縄を自転車旅行した時、飲み屋で現地の人から、本土から来たのかと絡まれたことがあり、店の人がとりなしてくれましたが、まだ、やはり、沖縄の人の中には本土の人間に対していい感情を持っていない人がいるのだなと思わされたことがありました…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。ここ数日は、自分の至らぬ点を把握するために先賢ユーチューバーのサイトを複数見て勉強して参りました。成功の方法(テーマやスタンス)は無数ですが、原則(見易さ、快適性)をクリアしないと高い壁はブレイクできないと踏んでおります。

単なる沖縄旅行ではテーマ(メンタルヘルス)とずれを生じます。従ってストーリーを練った次第です。どうしても堅くなり勝ちですが、硬軟織り交ぜての話術や笑顔も欠かせない気が致します。ご配慮により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

動機については貴兄のおっしゃる通りです。動画に登場する一杯飲み屋さんの主人が沖縄のかたであり、沖縄の人と話をするという目的は達成できました。鬱を発症したばかりで、どうしても閉鎖的になり勝ちの時期だけに、店のかたと話をするのが精いっぱいだったと振り返っています。

枝葉(沖縄スタイルという隔月雑誌を読んでいたことや沖縄や奄美地方のVTRでの視聴など)をつければ、もっと長くできたのですが、長さよりも質を重視しました。沖縄人はプライドが高いわけですが、それを尊重せずにして懇意は生まれないと認識しております。

おはからいにより、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)