fc2ブログ
 【守りから攻めへ】うつ脱出に成功した方法とは? 


リンク動画について
MY YOU TUBE動画からのリンクである。YOU TUBEは大変厳しい世界である。それは一本の動画に問題があると、サイトそのものの評価がマイナスになってしまうということである。YOU TUBEにはアナリティクスという高度な分析機能がついているが、前回投稿した「パワハラ」に関する動画の視聴キープ率(途中で視聴者が去らずに、動画をしっかり見ているか否かを示す数値)が悪く、これが再生回数の伸び悩みに直結したようだ。

視聴者が途中で去った原因は
①画像が暗いこと
②音声のボリュームが最後の”まとめ”で大きくなったこと
などである。それだけ視聴者の目が肥えてきているということである。YOU TUBEで質の悪い動画を掲載してしまった際は削除したほうがいい(成功した複数のYOU TUBEの動画でのアドバイス)ということである。私は断腸の思いで前回UPした動画を削除した。後は挽回するしかない。それを受けて本日投稿した動画がこの動画である。具体的には
①自然光を取り入れた上での撮影。
②BGMにアクセント(前半はしんみりとした音楽、後半は弾んだ音楽)をつけた。
③サムネイル(本で言えば表紙に当たるもの)をインプレッションクリック率(視聴者のうちで当該サイトの動画をクリックした比率)を意識した上で、吟味した。
を履行した。自分なりに対策は立てたつもりだが、これがいい目と出るか悪い目と出るかが問題である。

1守りから攻めへ

これが私が実際に取り組み、効果があったと思われる項目である。井戸端会議への参加は自分でも驚くが、往時はうつ状態から躁状態に変わりつつある頃のことであった。躁状態になると周囲が見え難くなるが、往時の私には「急に調子が良くなったな」という程度にしか実感として湧かないものだった。

躁状態になってからは取り巻きと軋轢を生み、休職を余儀なくされた。もちろん投薬の種類も変わった。これを敢えて例えるなら、スポーツの球技でいう”インターセプト”と言えるのかも知れない。ちなみに、躁状態における睡眠時間は2~3時間程度で十分であった。

2六項目

横町コメント
私のようなケースは珍しいのかも知れませんが、私の場合は見返しの気持ち(うつの時の悔しさをリベンジするという意味)を強く意識することが躁状態に転じるきっかけになった気が致します。医者が自分に挨拶をしなかったということが不信感に繋がり、それが躁状態へのきっかけとなったのは皮肉というしかありません。今思い起こせば一種の逆療法(ショック療法)と言えるのかも知れません。職場で感じた不信感も同じです。このことが「うつが治ったら絶対に見返してやる」という気持ちに繋がりました。

歴史への傾注もそうですが、中南米を始めとした外国国歌を聞いて気分を高揚させたのもこの頃でした。ところで、動画に出てくる「誓い」(うけい)に関することを書いたのは九州の公務員のかたでした。この著物は今では入手困難となったようですが、題名だけは記憶しています。確か『うつからの脱出』だったと思います。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

YOU TUBEの運用にもノウハウがある
ようですね。
鬱からの脱出、個人により対処法は
ありそうですが、大変参考になり
ました。
良い週末をお過ごし下さい。

URL | ichan ID:-

非常に分かりやすく、理路整然と「うつ脱出法」を説かれていると思いました…。原稿もよく練られていましたね…。
この動画に辿りつかれた、うつに悩まれている方にとって「一筋の光」となるべものだと思いましたよ…。地味ではあるけれども、体験談に基づく、貴重なYouTubeチャンネルだと思います…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がございました。YOU TUBEの難しさは、失敗した動画をいかに分析して教訓を次に活かすかという点です。視聴者は正直で、動画に欠点があると途中で離脱してしまいます。こうなるとYOU TUBEからの評価も落ちるようです。

次に挽回するというよりは、一回一回丹精込めて動画を作る必要があるのを強く実感しております。BGMも少し工夫を凝らしましたが、重要なのは昨日よりも進歩するんだという気概と捉えています。これで10本目の投稿ですが、現存する動画と捨てた動画を比較するとほぼ同数と捉えています。
おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

お褒めの言葉、恐れ入ります。今後ネタが尽きないかが心配ですが、”悠々セカンドライフ”というセカンドテーマに如何に風呂敷を広げられるかが鍵と捉えています。YOU TUBEではハッシュタグも重要なようで、昨日は過去の動画を全て見直し、主要と思われる単語や短い文章をつけました。

今は序の口にも達しない前相撲の段階です。地道ではありますが、なすべきことをなし、早く初土俵に上がりたいと考えています。メンタルヘルスという分野はそれなりにシェアがあるのですが、YOU TUBE上では多くの専門家がおられ、これだけで勝負するのは厳しい気が致します。従って独自性を如何に出すかがキーポイントと考えております。

後は如何に誠意を感じる動画として観て頂けるか否かが焦点と受け止めております。これには動画の質やサウンドなどの総トータルが物を言う気が致します。今は徐々にそのコツを掴みかけてきた気がします。本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)