fc2ブログ
 短歌行 曹操孟徳|漢詩朗読 


リンク動画について
漢詩ユーチューバー・左大臣光永さんの動画のリンクである。自分もYOU TUBE動画でもいつしか中国の漢詩を取り入れたいと思っていた矢先、興味深い動画を見つけた。三国志の英雄・曹操孟徳(155~220)は『短歌行』の中で

對酒當歌 人生幾何

譬如朝露 去日苦多

慨當以慷 幽思難忘

何以解憂 惟有杜康

酒を前にして歌おうではないか。人生など短いもの。
たとえば朝露の如く。日月は速やかに過ぎ去る。
慷慨して鬱憤を晴らそうとするが、心にわだかまった思いは忘れようもない。
どうしたらこの憂いを解くことができようか、ただ杜康(酒)有るのみ。

としているが、今の自分もこの心境である。別にやけ酒を飲んでいるわけでないが、どうもYOU TUBEの伸びが思ったように行かないのである。最低でも30動画をアップしないとYOU TUBE側のアルゴリズム(独自の分析手法)が働かないと言うが、まさに辛抱のしどころという感じである。中には最初からヒット動画を投稿するユーチューバーもいるようだが、多くの場合は分厚い壁の洗礼をもろに受けることになる。

今日は憂さを晴らすために日本酒の熱燗で晩酌している。やはり冬に飲む熱燗は最高である。白楽天(772~846)は『卯時の酒(ぼうじのさけ:明け方のさけ)の中で「一杯を手に持って三口飲んで腸に至れば内臓を春が通り抜けるように温まり、日の光が背をあぶるように火照ってくる」と述べている。

まさに酒飲みの心境をこれほど言い当てた詩は他に類を見ない。酒飲みは酒を飲む際に、酒の肴をあまり食べないものだが、寒い日に燗酒を飲むと誰しも内蔵の中を春が通り過ぎるかのような錯覚に陥るのでないだろうか?

1熱燗

横町コメント
今宵の私にこみ上げてくる情感を漢詩に託せば、上記の二作である曹操孟徳の『短歌行』と白楽天の『卯時の酒』になります。白楽天が言うように内蔵の中を春が通り過ぎれば憂いもなくなることでしょう。今宵はそれを強く感じながら、日本酒の熱燗をたしなんでいます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


2六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

今日のように寒い日は、熱燗が良いですね。
ブログの運営が揺るぎない横町さんですから、YouTubeも直ぐに、思い通りになることと思います。今が、我慢のしどころですね。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

漢詩ユーチューバーさんもいるのですね。
YOU TUBEの世界は奥深いものがありますね。
酒を飲みながら漢詩を楽しむのもありかも
しれません。

URL | ichan ID:-

漢詩の朗読のYouTubeもあるのですね~。

私は、YouTubeをほとんど見ないので、その幅広い世界は実感として分かりませんが、きっと何千の分野で何百万もの動画があるのでしようね…。

そういう世界で、注目を集め、多くの読者を得るのは本当に大変なことだと思います…。
貴兄は、それにチャレンジされている訳ですが、成果をあせらず肩の力を抜いて、ボチボチやられたらいいと思います…。

URL | boubou ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。YOU TUBEは簡単に行きませんが、逆にここに惹き込まれるものを抱きます。挑み甲斐というやつです。毎日が試行錯誤ですが、学ぶところは多いですね。

昨日は熱燗を飲みながら、少しだけ客観を試みました。セミの幼虫時代は長いですが、まさにそのイメージです。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。確かにYOU TUBEには決まりきった型がないですね。その中で如何に自分流を確立するかということですね。酒を飲んでも視聴者にしっかりとしたメッセージが伝わればそれもありと考えています。要はユーチューバーの人間性が大きく作用する気が致します。近いうちにセカンドライフと持つべき志向についても動画に上げたいと考えています。

おはからいにより、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

以前にもYOU TUBEのことを玉石混淆と申し上げましたが、「言うは易く行うは難し」を痛感する昨今です。石の上にも三年を常に自分に言い聞かせ、数値は気にしないようにしています。モチベーションさえあれば何とかなるくらいの気持ちです。

お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)