fc2ブログ
本記事で通算3700番目の記事になります。日頃からご愛顧を頂いている読者様、ブロ友様には厚く御礼を申し上げます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

所用があって宮城県庁に行ってきた。敷地内にはこのような花時計があるが、時刻のほうは調整中とのことであった。或いは春に先駆けて花壇の中に花でも植えているのかも知れない。

1花時計

お目当ては先日見学できなかった最上階にある、18階のロビーは非常に広く、時間つぶしの人などの格好の場所となっている。

2ロビー

こちらが県政広報展示室である。右側の画像の人物は村井知事である。村井知事は自衛官出身である。

3広報展示室コーナー

入口には伊達政宗が海外に派遣したサンファンバウティスタ号(家臣の支倉常長らが乗船)の模型である。政宗の野望が詰まった帆船(500トンのガレオン船)という趣である。

4サンファンヴウティスタ号

展示室の内部はこのようになっている。内容は宮城県の歴史に関することや、12年前の大震災の被災状況などに関するもの、宮城県ゆかりの著名人などである。

5内部

これは戊辰戦争で領地を没収される前の仙台領である。今の宮城県の1・3倍くらいはありそうである。戦争に負けて賊軍となった仙台藩だけに新政府の措置は無念なものがある。

6明治初期の宮城県

極めて興味深い写真があった。明治初期の宮城県庁である。大正4年に新庁舎ができるまでは、このような外観であったらしい。他には仙台藩の藩校である養賢堂(藩の侍を教育した施設)も近くにあったという。方角やおおよその場所が明示されていないのが残念である。

7明治初期の宮城県庁

横町コメント
宮城県庁にはレストランや食堂、コンビニ、海産物特売コーナー、農産物特売コーナー、二つのカフェが入っていてなかなか賑やかで便利のようです。そう言う意味で、隠れた穴場と言えるのかも知れません。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

県庁内の展示室、立派です。
歴史大好き人間にとっては有り難い展示ですね。
明治初期の宮城県庁はお城の一部を利用した
ものなのでしょうか?
風格がある建物のようですね。

URL | ichan ID:-

3700番目の記事、おめでとうございます…!

まさに、継続は力なりで、連綿と続けられてきたことに価値があると思っております…。

県庁の高層階にこのようなスペースがあるというのは、素晴らしいと思います…。振り返って、大阪府庁にこのようなスペースがあるかどうかは知らないのですが、おそらくこのような本格的なものはないと思います…。これは、どの都道府県庁舎にも採用すべきものかなと思ったりします…。住民の税金で建てたものですから、住民にも学べ、楽しめる場所があってもいいですからね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~♬

考えてみれば、わたしは、県庁に足を運んだことありませんでした。遠いこともありますが、用事もなかったです。このようにいろんな展示がしてあり、自由に出入りできるのですね。
昔の県庁って趣がありますね。

URL | 布遊 ID:-

こんばんわ~。

県庁の最上階にある県政資料室、以前、行ったことありますよ~。。
資料展示もさることながら、ここから市街地を一望に出来るのが良いです。
YOUTUBE、ずいぶん完成度が上がって、整って来ましたね!!
いかに努力されているかが、よく伝わって来ます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。ご質問についてお答えします。ここは城ではなく
①養賢堂(仙台藩の侍を教育した場所)
②定禅寺という禅寺(定禅寺通の命名の由来)
があった場所(もしくは近接)です。城はあくまでも仙台城(伊達政宗の仙台開府当時から)、若林城(政宗が晩年に過ごした場所で、江戸詰めで参勤交代で仙台に戻った際の在所)です。
広報展示室というだけあって盛り沢山でない点が逆に良かったです。ボリュームが多くなりますと博物館となるのではないでしょうか?従って宮城のことを浅く知れば十分というかたにはお勧めです。そうは言っても多賀城のことにも触れていて、なかなか見応えがありました。是非再訪を視野に入れたいところですね。

お陰様で、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

ありがとうございます。4000の大台目指して頑張ります。いろいろと意見はあると思いますが、県庁に気軽に足を運んでほしいという意図は十分に感じました。飲食店や特産物店はもちろんテナントや誘致ですが、なかなか活気があり、素晴らしいアイディアと受け止めております。

展示コーナーの入口に等身大の知事の写真があり、ウェルカムをアピールしています。これには県民目線での県政を思い起こさせるわけですが、多くの訪問者には好感度と感じました。ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。絶景とレストラン、そして充実した展示コーナー…ここは隠れ名所と言えるのかも知れません。他の階にも食堂や売店、銀行、カフェなどがあり、一つの街として機能しているかのような印象を受けました。

結構居心地がいいので再訪したいと考えています。(笑)お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。おはからい恐れ入ります。旅先からのコメントでしょうか?自分としては、完全リタイヤすると身の置き所に困るわけですが、図書館以外にこのような新天地を開拓することの意義は大きいと捉えています。

YOU TUBEは難しいですが、真面目にステディに続けているとYOU TUBEのシステム上、視聴者への紹介に載ることがあるようで、今回の二三の動画「セカンドライフシリーズ」がこれに該当したようです。柳の下にドジョウがいるとは限りませんが、学ぶことは多いですね。これを励みに精進して行きたい所存です。本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

県庁広報室
興味が湧いてきます。
とくに伊達政宗やサンファン号は拝見したいです。
戊辰戦争で領地の没収もあったのですね。
それは残念なことでしたね。

URL | つや姫日記 ID:-

こんばんは。
3700回目の投稿おめでとうございますm(_ _)m

このような資料室があったのは知りませんでした。場所柄、土日ではなかなか見れないところかと思います。現役時代には訪問が難しかったのではないでしょうか?

カフェや資料室等、ぜひ半日休みでも取得して訪問したいスポットですね♪

URL | 暇人ity ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

おはようございます。宮城県庁の広報室は、宮城県を広く浅く知ればいいというかたに最適なスポットです。県外からの来訪者も視野に入れたものと察しております。戊辰戦争後の冷遇は我々東北人にとって残念なことでしたが、日本史を語る上で忘れてならない点です。但し戊辰戦争から一世紀半が経ち、薩長に対する特別な情感は若いかたほど薄らいでいるものと察しております。

然るに数年前に歴史講演会に出席させて頂き、東北人として失ってならない自覚(ルーツの経験した血が滲む思い、新政府からの措置に対する忍耐)を抱いた次第です。これは歴史を知れば知るほど湧き上がってくる心情です。

政宗公生誕から450年以上も過ぎ、未だに政宗公を越える人物が、我が宮城から輩出されていないのは大変遺憾なことです。視点を変えれば、それだけ政宗公の足跡が大きかった証と捉えています。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。ありがとうございます。ここは穴場ですが「灯台下暗し」という印象です。宮城県人としては税金を納めているからには活用しない手はない気がします。展示室はくど過ぎない程度のボリュームなのでお勧めです。

テナントや特産物店の誘致はなかなか面白い気が致します。カフェもいい雰囲気なので、今度行ってみたい所存です。お陰様で、本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)