fc2ブログ
【シニアライフ講座】謙譲は損なの?それとも…


リンク動画について
3月に入って初めてのYOU TUBE横町チャンネルの更新である。テーマは廃れてきた感のある謙譲語である。現代社会ではモラルが崩壊しつつある。また若年層の多くは謙譲語が板についていないが、その理由について述べさせて頂いた。下図の模式図をご覧頂きたい。謙譲語を尊敬語や丁寧語と比較するならばこのような概念になる。

1イメージ

謙譲語は場数を踏まないとその必要性すら理解できないが、謙譲をどう人付き合いに活かせば良いのかも述べさせて頂いた。

2まとめ謙譲YOU TUBE用ボードJPG

横町コメント
謙譲は若い人のみでなく、外国人にも理解してもらうのが難しい気が致します。日米両国の野球を例に挙げれば、アメリカでは投手が打者にデッドボールを与えても絶対に謝りません。それはわざと当てたわけでないからだと言います。ところが日本の野球などではデッドボールを与えた際、投手が頭を下げます。このあたりが謙譲を理解する国民性の現れとも解釈できるのでないでしょうか?

謙譲はもちろん強制されてするものではありませんが、ないよりはあったほうがいいし、対人関係において、良好な人間関係を構築するのに一役も二役も買う気がします。皆さんはどうお考えでしょうか?本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3七百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

仕事を辞めた今、わたしも謙譲語を使う機会が減ったような気がします。常に意識して使っていった方がいいですね。

URL | 布遊 ID:-

貴兄の日頃の主張を、動画にされたのですね…。
やはり、文章で書くよりはスッと頭に入る印象でした…。それは、貴兄の話ぶりが落ち着いて板についてきたことも、大きいと考えております…。YouTubeのテーマとしては、地味で真面目過ぎると思いますが、それも貴兄らしさですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

謙譲語と尊敬語や丁寧語との関係、大変
分かり易く解説されていました。
若者に限らず年配の方でも「できていない」
方が増えているとも感じます。

URL | ichan ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。モラルとマナーは異なると言われますが、時勢とともに移り変わり行くのがモラル(近い言葉で言えば良識)と受け止めております。「謙譲は死語ではなく現代社会でもでも生きている」という私の信条を動画にぶつけてみました。そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がございました。

おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

硬すぎるというご感想をほうぼうからお寄せ頂いております。しかしながら、キャラクターはそう簡単に変えられるものではありません。であるならば開き直り、この路線で行くしかない。逆に言えばこういうカラーのユーチューバーはそう多くないだけに、そこに特化すればいいと考えています。

おはからいにより、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。昨今の情勢を察するに、謙譲の重要性はあまり取り正されていません。古い考えと言われるかも知れませんが、謙譲を弁えたかた同士が接すればたちまち通じるものを感じます。世界のグローバル化が我が国のモラルにどんな変化をもたらしたか、このあたりに触れた文献は少ないだけに、敢えて今回は踏み込んでみた次第です。

ご配慮により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

こんばんわ~。

最近、こちらが挨拶しても返って来ないなど、
何だかなぁと思う場面が多いですね~。
実力主義も良いのですが、
それ以前の前提としてのマナーが出来ていない場合がありますね。。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。我々よりも上の世代は、こういう風潮をもっと嘆いているのかも知れません。若年層には謙譲は無理でも、仁義礼智信は心掛けて欲しい気が致します。礼節がないということは心の窓を閉ざすのに等しい気がします。また略式挨拶(宜しくお願いしますの挨拶の宜しくを省略してしまうような挨拶)もTPOによりけりと考えています。

政治家を始め、現代は有言実行が不言実行を凌駕している気がしますが、良好な人付き合いを主に考える際、ケースによっては不言実行も悪くないと考えています。YOU TUBEでこのような堅いことばかり述べていると一部からは煙たがられるのかも知れませんが、カラーはそう簡単に変えられそうもないので、少しずつですが風呂敷を人生訓に広げ、徐々に路線変更をと模索しているところです。

おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)