fc2ブログ
【変わりゆくモラルへの対応】長年の会社勤めで学んだこと


リンク動画解説
本日YouTubeの横町チャンネルを更新した。会社勤めはどうも苦手だがそれなりに掴んだものがある。会社勤めのコツはけして忍耐(自分を押し殺す)だけではない。若年層とコンタクトを取るためには時に時にフランクも要求される。私が入社した昭和期はこのようなこともなく、礼節誠実さがあれば何とかなるという風潮が強かった。協調性については今も昔も一緒だが、今の企業では協調性を得るのに、フランクも必要というのが私の考えである。

1会社勤めイラスト

まとめである。フランクはモラルや良識とは別物だが、処世世渡りという意味合いにお取り頂ければ私の述べていることがおわかり頂けると思う。

2会社勤めで培ったことのまとめ

横町コメント
完全リタイヤを果たして今だからこそ言えることを動画にまとめてみました。ブロ友の皆さんはどんな考えをお持ちでしょうか?ご意見、ご感想などをお寄せいただければ幸いに存じます。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3七百横町
関連記事

コメント

日頃のお考えを吐露されましたね…。

定年後に勤められた会社での安全指導において得られた教訓なのですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

纏められていることはもっともだと思い
ます。
価値観も時代とともに変遷するかもしれ
ませんが、個々人間でも異なる点には
注意したいと思っています。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

今の会社勤めは昔と異なり、柔軟性の占める割合が高くなった気がします。具体的にはフランクも重要と捉えています。”現代のシーラカンス”を自覚する自分ですが、少しは自分を客観しながら、動画のストーリーを起こしてみました。

そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がありました。本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。個々のばらつきに関してはまとめの1番の”恣意性の介入”に要約させて頂きました。職場で恣意性を感じた時、どう反応するか?これが再就職した自分の課題でした。重要なのはフレキシブルであり、レジリエンスですね。

これがないと不満だらけになってしまいます。わかりきっていることですが、宮仕えで自我を抑え込むには哲学が必要と痛感しています。本日も有意義なご感想を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)