fc2ブログ
私は不定期で敬愛して止まないA先輩(以前の記事で紹介済み)からメルマガ(画像と簡単な説明文が入ったメール)を頂戴しているが、今日は桜と菜の花の画像を紹介したい。

場所は埼玉県幸手市権現堂とのことである。菜の花と言って連想するのは文部省唱歌「朧月夜」である。夜になればそれを彷彿させるような風情があるのではないだろうか?美しい花には自ずと人が集うわけだが「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」(出典:史記)を連想するものがある。桜の森だけでもインパクトがあるのに、これに菜の花畑が加われば猶更である。

1その1

先日紹介した坂口安吾の「桜の森の満開の下」のシーン(満開の桜の森には人を狂わせるかのような妖力が潜む)も思い浮かべるくらい見事である。

3その3

権現堂の脇には川が流れるが、その土手に桜が植えられていると言う。一説によると川の土手に桜を植えるのは、人が花見で多く集まり必然的に土手の土が踏み固められて、丈夫になるからであると言うがわからないこともない気がする。日本全国に目を向ければ、このような場所は結構多いのではないだろうか?

4土手と桜

横町コメント
先輩から送られた写真をネタに記事を掲載させて頂きました。桜前線は東北北部に達しようとしていますが、例え緯度が南のほうであっても、標高の高い場所に生育する山桜など、まだまだこれから見頃を迎える桜も多いのでないでしょうか?それだけに全国各地のブロ友から寄せられる桜便りも楽しみにしています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

桜と菜の花のコラボは絶妙な関係にあると
感じます。
美しさだけでなく、何となく心に響くもの
を感じます。

URL | ichan ID:-

こんばんは~♬

綺麗な桜の写真ですね。
わたしも、今年はたくさんの桜を見ることができました。これからは、北の桜を、ブログを通して見せていただくことになりそうです。

URL | 布遊 ID:-

土手の桜と菜の花、実に見事ですね…。菜の花の植え方(種まき時期など)を調整して、上手く桜の開花時期と合わせるようにすると、観光客を集めることができますね…。このような試みは、日本各地でなされていると思います…。中には、これにさらにチューリップ🌷などを合わせるところもあるようですね…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。郷愁というのでしょうか?桜と菜の花のコラボレーションは、古き良き時代の日本の原風景を見ているようで大変癒されます。広角で撮影したものと察していますが、痒いところに手が届いた写真と思い掲載した次第です。

お陰様で本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。毎年この季節になると各地から花便りが届き、ブログをやっていてよかったという気持ちになります。同時に平和のありがたみも実感します。やはり太平無事に勝る好事はない気がします。

おはからいにより本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

ここに人が集まる心理を史記の言葉「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」に託しました。熟年を迎えた者としての理想ですね。桜とのコラボレーションは興味を引いて止まないものを感じます。これぞ日本の春という印象を受けます。

お陰様で本日もご配慮を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)