FC2ブログ
ミック随筆「ようやく充実してきたセカンドライフ」
早いものでセカンドライフを迎えてそろそろ一年が経つ。思えば昨年の今頃、「立つ鳥跡を濁さず」を一心に、長年勤めた企業に際し、最後の義を尽くそうとしていた自分が懐かしい。「終わりよければすべて良し」、「有終の美を云々」…世にこの手の諺や言葉は多い。但し、これらの言葉が自分の定年に当てはまるのかどうかは良くわからない。逆に言えば「中途半端で辞められないから最後まで居ただけ」という捉え方もあることだろう。

昨年の夏ごろ、私は再雇用をきっぱりと断り、新たに外海に船出することを決めた。それは自分の可能性を新たな職場で試してみたい(自分の本当の実力を未知なる職場で試したい)という気持ちから来るものだった。そんな私が大型ダンプカーのドライバーになる覚悟を決めるのにさほど時間は要さなかった。自分のやりたいこと(幼いころから抱いていた夢の実現)をやるというのがその趣旨であった。

だが現実はそうあまいものではなかった。年齢とキャリアという双璧が私の前に立ちはだかったのである。数社から断られようやく、或る企業の大型ダンプのシートを手に入れた私は、職務において初心者にありがちなミス(自分では致命的なミスと思っていない)を犯してしまい、もう少し長い目で見てもらいたいという私の願いも届かず、会社を去る羽目になった。

挫折の後で思いたったのが、現役時代のキャリアを生かすことである。その後、就職活動一箇月を経て或る建設会社の安全管理部門に籍を置くことになった。何事も仁を以って臨むのは私のモットーだが、この仕事は特にヒューマンを相手にする仕事である。安全パトロール時に、労いの言葉さえ掛けられない御仁は失格ゆえ、私は特に挨拶や労いの言葉に気を使っているのである。

即ち、安全管理において仁(相手への敬い)のない対応は揚げ足取りと取られかねないのである。こうしたことを踏まえ、回数を重ねるうちに、ようやく信頼関係らしきものが最近出来上がってきた気がする。これによって私はこの企業にとって、初めて求められる人材として認められた気がする。

こうした仕事での好調は文芸活動に追い風をもたらした。朝は出勤前に一時間ほど出入りのカフェで至福の時間を過ごす。読書や執筆活動は単なる趣味に留まらず、脳トレにもなる。朝の時間、冴えた状態のまま会社に出勤できるのは見逃せない部分である。

「どうせ勤めるなら再雇用で示された条件よりもいい条件の企業に就職して見返してやる。」ダンプ会社を辞めた私はこの言葉を合言葉にして新たなセカンドライフの就職活動に励んだ。そして私はそのルサンチマンを順風に変え、その成果を手中にした。今は城郭でいう石垣の普請がようやく終わった気がする。さあ、ここにどんな城を造るか?これから希望を持って構想を練るつもりである。

ミック挨拶
セカンドライフ第二の職場もようやく軌道に乗り始め、新たな光が差し込んでくるのを実感しております。私は尊敬する伊達政宗公の理念とする「己の道は人を頼らず、自分で切り拓く」ことをモットーとして、ここ数年歩んで参りました。その成果がようやく日の目を見た気が致します。また趣味と仕事とのバランスを図る上で、週休三日制も大きな追い風となっています。こうした新たな流れを武器として、これからは新たな歴史小説やエッセイなどの執筆を手がけて参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

こんにちは

物事は収まる場所に
収まるべくして収まるんだなぁと感じております。
昨年退職されて今まで 多くの経験をなさいましたね。
そして今があるわけですが。
これからも多くの未知なることに遭遇されて
その都度前進されて行かれることだと想像できます。

今は何より創作活動の時間が取れるというのが幸せな環境と思います。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

寒気日増しにつのり、冷え込みの厳しき折りお変わりなく
ますますご精栄のことと存じます。
一年を振り返り見られご自身が尽力あそばされた事により、現在やりがい有る
お仕事に就かれたは、日頃のご精励と実績が有ってと思います、これよりは
ご執筆にご趣味にと能力を発揮され貫徹されますようご躍進をお祈り致します。
時節柄ご健康にはくれぐれもご自愛ください、ナイス(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">です。

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

充実したセカンドライフって理想的ですが

ミック様のようなセカンドライフはおくれそうもありません
私は今を頑張るだけでしょうか
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
たった今気付き、訂正に及びましたが、籍と書くべきところを席と書いてしまった私の薄学をお許しください。こういう企業は探してもなかなか見つからない。それだけ自分にもようやく運気が向いてきたのを感じております。

経営者が仁を以って私に接するならば、私は義を以って報いるしかない。今、私はそこまで考えています。一言で言えば「仁義の世界」ですが、今はこの言葉が死語になりつつございます。

私はこの年になって初めて経営者から恩義を感じたわけですが、やはり所属している企業が倫理教育に取り組んでいることが大きいと受け止めております。

suisyou様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
第一希望は逃しましたが、結果としていい企業に就職できたと認識しております。これによって一度は遠のいたディレッタンティズムが蘇って参りました。これを武器として新たな執筆活動にチャレンジして参りたい所存です。

城の石垣も完成したので今度はいよいよ、城を建てる頃と察しております。どうせ建てるなら後悔のないものをと考えています。

雲MARU様のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
人は私の人生を型破りと言います。確かにそうでしょう。一度死に体(相撲用語:既に体勢を失い土俵に土がつく直前となった力士のこと)となった私が再び蘇った。これは奇跡かも知れない。従ってそれをどうしても認めたくない御仁が居ることを私は知っています。

もし、私がそういう連中と道で擦れ違った時、彼らにこう話しかけることでしょう。「あなたがたはいつまで固定概念を引きずっているのか?今の自分は十年前の私とは全くの別人だ!あなたがたは悔しいだろうが、それを認めなければならない。これが偽らざる現実である」と。

joeyさんのおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ブログを読んでいても、ミックさんの充実ぶりが伝わってきます。いろいろ経験したからこそ、今があると言う感じです。それはどんな時もぶれない芯があるからこそと思われます。今後のご活躍も願っています。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
分不相応なお言葉を頂戴し恐縮しています。私には負い目があった。それは十二年前に精神的不調に陥ったことです。但しこれに対する会社の対応が良くなかった。「能力がない」「やる気がない」で片付けようとした。これが私の闘争心に火を点けた。

「ようしお前らがそこまで思うなら徹底的に争い雌雄を決してやろう。さあどこからでも向って来い」今思えば、そういうルサンチマンが伊達政宗や支倉常長の成り切りに繋がりました。こういうことは彼らの想定外(反撃)だった。

こうして私は彼らを逆に追い込み「定年退職」という逆転勝利をもぎとった。彼らはさぞかし悔しいことでしょう。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

セカンドライフに踏みだされて、もう一年近くになるのですね…。いろいろありましたが、ようやく安定した基盤を築かれ始めましたね…。前職の経験を生かすことができ、週休三日という余裕もある…。無用な頑張りが要らず、別分野のやりたいことにも打ち込むことができる…。
私の経験からしても、ほぼ理想の形態だと思いますよ…。。。思う存分これからのセカンドライフを謳歌されることを期待しております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫日記さん
二三年前の私は絶対に負けてなるものかと思っていました。負ければ道理が廃る。これが「俺は絶対に負けない」という信念に繋がりました。

私はその言葉をいつも心の中で叫び、遂に定年退職という勝利をもぎ取りました。こうした経験により、今はどんなことがあっても動じないという強い信念も手中に収めました。

12年前からの出来事を振り返り、度骨折したところは以前より強くなるという普遍性を見出しております。

姫のおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
どんなことがあっても私は負けない。定年までの数年は毎日そう思って出社しておりました。薄氷を踏む思いの出勤がずっと続いたわけですが、どんな時でも心の拠り所は失いませんでした。心の拠り所とは尊敬して止まない伊達政宗公のことでございます。

某は再び与えられたチャンスを天佑と捉え、歴史小説やエッセイ執筆に全力を注いで参りたい所存です。きく枝様のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
とんでもございません。某はまだまだ未熟ゆえ、これからが正念場と認識しております。倫理教育は非常に深いものゆえ、修得には時間を要する。私はそういう気持ちでセカンドライフに向き合って参りたい所存です。

まき様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

>ミック様こんばんは😃🌃
週休3日は余裕も出来て執筆活動やゴルフにと
楽しむ時間も出来て良かったですね🎶
何時かは希望のダンプ姿もhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s450.gif">
見られる日が有るとhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">うれしいですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s317.gif">

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
セカンドライフを始められて 一年になるのですね・・・・月日の経つのは早いものですね。
新たな職場にも慣れて セカンドライフも充実してきたようで何よりだと思います。

これからも執筆活動、そして仕事と頑張ってくださいね。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
ああダンプに乗りたい(笑)これは私の本心ですが、ともたん様にはお見通しのようで恐れ入っております。
第一希望のダンプに乗れないなら、せめて文芸活動https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s271.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s162.gif">やゴルフhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s20.gif">に興じたいと思います。

本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。分不相応なお言葉を頂戴し恐縮しています。芯と言って思い当たるのは数年前に論語に親しんだのが大きな自己改革をもたらしたと受け止めております。

人としてどこに行っても通用する倫理観を身につけたい。そう思うならやはり我が国の道徳の根底に在る儒学を学び、人様にどう接するべきか、日々研鑽を積むべしと認識しております。

ようやく、リズムが出来上がり、本を読む気分になってきました。特に朝のゴールデンタームに文芸活動が出来るのは嬉しいことと自覚しております。

布遊様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。第一希望であるダンプカーのドライバーにはなれませんでしたが、その代わりに得たのは週休三日のもたらす余暇時間にございます。これを生かすも殺すも己次第、然らばこれを文芸に使わずしてどうするのか。今はそんな気持ちで居ります。

ともあれ、支倉常長の歴史小説を書いたときのようなシチュエーションが再び蘇ったのは予期しない嬉しい誤算と認識しております。これを追い風として充実したセカンドライフを過ごして参りたい所存です。

貴兄のおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
ありがとう存じます。ダンプカーには乗れませんでしたが、替わりに差し引きで週に二日の余暇時間を手にしました。これを自分のゾーンに組み入れ、新たな文芸活動を展開したいと考えています。

通勤時は地下鉄の階段を利して飛ばし登りで足腰や心肺機能を鍛えられるのも利点と受け止めております。

貴兄のおはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
ミックさんのセカンドライフの充実ぶりを感じます。
大型免許も今後役に立つ事があるのではないでしょうか。流した汗は必ずどこかで報われると私は信じています。
私もあと7年。
そう遠くないと感じています。
私以外にも
ミックさんの記事に励まされてる人も多いと思います。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
間もなく65歳までの雇用(定年年齢の引き上げ)が企業に義務付けられるはずです。私の場合は過渡期で残るか定年退職選択肢がございました。今回は思いきった心の切り替えが功を奏した気が致します。

今の企業に入り、自分にもようやく運が回ってきた気が致します。yosshyさんにおかれましては、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)