fc2ブログ


リンク動画解説
まあまあの天候だった昨日、私は仙台・青葉まつりを見物してきた。お目当てはすずめ踊りである。定禅寺通にはご覧のように、踊り手が集結していた。昨年はコロナの影響ですずめ踊り一番町で行われず、定禅寺通のみとなっただけに、ようやく本来の姿に戻ったと言える。このようにあちこちで人だかりができ、「ようやくコロナが明けたんだなあ」という印象を受けた。

1竹中前J

これはぶらんど~む一番町商店街で見かけた某鉄道会社の山車である。

2JR山車J

ぶらんど~む仙台一番町商店街で撮影。このチームは最も印象に残った踊り手である。衣装、踊り、表情(笑顔)とすべてがそろったという印象を受けた。踊りは動画でご覧頂きたい。

仙台のすずめ踊りは、慶長8年(1603)、仙台城移徒式(新築移転の儀式)の宴席で、泉州・堺(現在の大阪府堺市)から釆ていた石工たちが、即興で披露した踊りが起源と言われている。西国らしい小気味よいテンボ、躍動感あふれる身振り、伊達家の家紋が「竹に雀」であったこと、はね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことからすずめ踊りと名付けられた。

戦前までは石切町(現在の八幡町)の石工たちによって踊り継がれ、毎年、大崎八幡神社の祭礼には「すずめ踊り」を奉納するのが通例となってい。 現代の『仙台すずめ踊り』は、「すずめ踊り」の原型をとどめつつも、老若男女に楽しめるよう工夫されており、仙台の風物詩として定着してきた。

3ぶらんどーむ唐草J

横町コメント
昨日は一番町を歩きながら、やはり5月の仙台はこうでなければいけないと思いつつ、すずめ踊りを夢中で撮影していました。至近距離で踊り手や楽隊を見ると、熱気と気合が伝わって参ります。完全燃焼しているなという印象です。待ちに待っただけに3年間の鬱憤を晴らすかのようにさえ見えました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4六百横町
関連記事

コメント

泉州、堺由来の雀踊り、会場を賑やかせるのですね…。関西人としてうれしいです…。
本当に、来年の賑わいが戻ってよかったです…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

仙台・青葉まつりが無事に開催できて良かったです。
すずめ踊り、小気味良いですね。
ノリノリ気分にさせてくれました。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

青葉まつりを堪能されて来たようですね~♪
予定があって、見に行くことが出来ませんでしたが、
動画を拝見して、現地の熱気がよく伝わって来ました。
ありがとうございました。

boubouさん、ありがとうございます。

天候が微妙で気が気でなかったのですが、なんとかもってくれたようで良かったです。出店のほうも撮りたかったのですが、余裕がなかったですね。すずめ踊りの定着は伊達家の家紋の一つである「竹に雀」が取り持つ縁と言えそうです。久しぶりに盛大に青葉まつりが開催され政宗公も喜んだことでしょう。

お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がありました。YouTubeのアルゴリズムにこだわる必要はないと自分に言い聞かせて作りました。自己客観はほとぼりが冷めた後でいいと思っています(笑)

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。半年前までの自分の通勤路ゆえ、見逃す手はないと言い聞かせました。4年前の感動をもう一度とも念じていました。五月晴れとは言えませんが、雨が降らなくて幸いでした。
実はピントが追いきれてないものがあり、動画を篩に掛けて編集しました。すずめ踊りは動きが速いので勉強になりました。

おはからいにより本日も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)