fc2ブログ
今日は愛用しているスニーカー二態を紹介したい。一つ目はバイクライディングとウォーキングを兼ねる際に履くスニーカーである。バイクライディング時は万一に備えてつま先に補強が入った安全スニーカーのほうが安心感が高い。但し、強度を追求し過ぎたものはウォーキング時に歩き難い。このスニーカーは両方をそこそこ満たしたバランス型と言える。

但し、購入した際は大きな欠点があった。舌の部分が短く、靴を脱いだ際に落ち込み、再び靴を履くときにいちいち落ち込んだ舌を取り出す必要があるということである。この動作は腰をかがめないとできないので、致命的と思われた。そこで私は思い切った策💡を講じた。舌と靴の側面に大胆に目打ちで穴を開け、それをとじ紐で縫ったのである。

この策は的中して、靴を履く際は腰をかがめることなく、靴ベラさえあればスムーズに履けるようになった。見栄え的にも問題ないようだ。😀👌更に補足するならば、この安全スニーカーの利点は靴底のパターンが特化していて、雨天時や冬場の路面凍結時に、滑りにくいということである。尚購入したショップはホームセンター・ケーヨーデイツーである。

1安全スニーカー改造

こちらは、以前も紹介したが、バイクライディングに特化したワークマン安全靴(形状から言ってスニーカーとは言い難い)である。特徴は底が厚くて頑丈なことである。オフロードバイクに乗る際は時にコーナーリング時、路面に足を着くことがあるので、そんなシーンでは抜群な安心感が得られる。普通のスニーカーで路面に足を着くのは明らかに強度不足だが、この頑丈な安全靴ならば問題ないということである。欠点を挙げるならば靴全体が硬いので長距離のウォーキングには向いていないということである。

2キャメル色

横町コメント
紹介した安全スニーカー安全靴)の他に、ウォーキングのみをする時に履くメッシュスニーカーもあります。通気性が抜群なので夏場でも蒸れません。これらは概ねスリーシーズン(積雪や路面凍結のない期間)になりますが、これらをシチュエーションに応じて使い分けています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

靴は使用シーンに応じたものがベスト
ですね。
いつもながら工夫・改善の精神には
恐れ入ります。

URL | ichan ID:-

軽スニーカーの方の工夫は、いつもながら、流石と思わせるものがありますね…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。一つ目の安全スニーカー、実はケーヨーデイツーで格安で入手すたのですが、その理由がわかりました。舌が短い(脱いだ際に落ち込むと、いちいちかがんで取り出す必要が生じる)ことで非常に使い難いものとなっているということです。このへんに一工夫すればもっと高くても売れるのに…と感じました。

こういう品を見ると無性に手を加えて改造したくなります(笑)安全スニーカーは購入した時点では軒並み硬くて足に馴染まないのですが、使い込んでいるうちに履きやすく、歩きやすいものとなります。このスニーカー、実は外側側面部に裂け(部材の疲労が原因)を生じたのですが、ブラックコーキングを施すことで、ほぼ問題ないレベルとなりました。この靴が更に足に馴染んで本領を発揮するのはこれからですが、改造なくしての愛用はあり得なかったと言えます。

お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

軽スニーカーの”軽”はあてはまらないように思います。それは安全靴を兼ねているので、一般的なスニーカーと比べるとけして軽くないからです。バイクに乗る以上は足を保護する必要があるのでつま先に補強の入った安全スニーカーを愛用しています。スクーターとは違い、補強のない普通のスニーカーは怖くて履けません。キャメルカラーのほうは非常に頑丈で、短靴の中ではヘビーデューティーそのものです。

言えるのは、このような改造を施さないと、非常に使い勝手が悪いことです。一工夫欲しいという品は世にざらにありますが、こういう自己流の改造が功を奏した際の喜びは大きいです。メーカーにはしてやったりと思っています(笑)おはからいにより本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)