fc2ブログ
本日はYouTubeの話題である。YouTubeを本格的に始めて、そろそろ5箇月経つが現実はあまくない。これまでアップロードした動画は40強で、そのうちパッとしない数作の動画を消したり非表示にした。アルゴリズム的にはパフォーマンスの低い動画をアップしたままだとマイナスに作用するとされるからである。

ようやく通算視聴回数が4000に達したが、1動画当たりの平均視聴回数はおおよそ100前後である。恥ずかしい数値だが、最近は連続でYouTubeお勧めに紹介されたり、チャンネル登録者数が若干増える傾向にある。もちろん満ち潮の後には引き潮が来るので、一喜一憂は無用である。

しいて言えば、自分の追うべきテーマがようやく見つかった気がする。「この5箇月間何をやってきたのか?」と問われれば、技術の習得はもちろん、視聴者が何を望んでいるか?という点のリサーチである。言葉を変えれば、これまでの5箇月間は初心者研修の期間と位置付けられるものと解釈している。

1四千ビュー

さて本題に入りたい。データは「シニアの生活いきいきナビ」からの引用である。最近は熟年層でYouTubeをしている人を見掛けるのが珍しくないが、このサイトでは50代~80代にかけて活躍中の人気ユーチュバーを紹介している。https://seniorlife.infostarline.com/entry48.html

先ずは50代である。男性は一人(あくまでもサイトで取り上げたユーチュバー)しかいないようだ。「シニアの生活いきいきナビ」ではチャンネル登録者数やYouTube運営の推定年収も掲載しているので、興味のあるかたはご覧頂きたい。


2五十代ユーチュバー

次は60代である。

3六十代ユーチュバー

こちらは70代である。

4七十代ユーチュバー

こちらは80代である。サイトで紹介したユーチュバーは80代までであった。

5八十代ユーチュバー

90代となるとさすがに少なくなる。以前紹介した櫻井秀勲の書斎(櫻井氏は作家で1931年生まれ)を先ほど確認したが、92歳となられた今も元気に毎日動画を掲載しているようだ。櫻井氏は著名人ということもあり、恐らくYouTube運営の専属スタッフがいるものと察している。

6櫻井秀勲

こちらは1930年生まれの女性YouTube(ゲーマー)で最高齢のゲーマーとしてギネスブックに登録されたゲーマーグランマさんである。グランマさんは誕生日を迎えればなんと93歳となる。グランマさんの動画を見たが、お洒落であり、とても93歳には見えない。若いゲーマーとも交流されているようで、ここに若さを保つ秘訣を感じた。興味のあるかたはリンク先をご覧頂きたい。https://www.youtube.com/watch?v=Tpqj47mMlY0

7ゲーマーグランマさん

横町コメント
熟年ユーチュバーの活躍を見ると、自分もまだまだ年老いていられないという気になります。アメリカの実業家(詩人)サミュエル・ウルマンは「青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。若くあるためには、創造力、強靭なる意志、情熱、勇気が必要であり、冒険心が不可欠である。人間は年齢を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時に老いるのである。」 と述べていますが、紹介したユーチュバー各位に接するとこの言葉の極意を痛感します。

YouTube攻略の道はまだまだ険しいですが、自分にとってブログとは比べ物にならないくらい挑み甲斐があるのがYouTubeです。これを大きな追い風と捉え今後も動画づくりに精進して参ります。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8七百横町
関連記事

コメント

熟年YuoTuberの話題、確かにネットニュースでもよく見かけるようになってきましたね…。

熟年者の掲げるテーマといえば限られるような気がしますが、その中にあって意外性のあるものが人気を集めるような気がします…。しかし、意外性だけを狙うのではなくて、実利のあるテーマをじっくりと語るのもいいような気がします…。

とはいえ、YouTubeユーザーは、ブログユーザーより気まぐれな気がします…。地に足が付いているのは、ブログの方ではないでしょうか…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

体調不良のため、コメントできずに失礼致し
ました。
熟年ユーチュバーの皆様の元気を少しでも
分けて頂きたいと存じます。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

年齢を重ねるほどに、経験が豊かになり、
それだけ題材の幅も広がると同時に、同じテーマでも、
より深みが出て来るのかと思います。

その上で、それをどのように動画に反映してゆくかなのでしょうが、
そこが相当にハードルが高そうですね~。。

boubouさん、ありがとうございます。

熟年層では年金暮らしというのが一つのパスワードとなっていますが、要はマネーとセカンドライフへの充実度や幸福感は必ずしも比例しないというところがポイントと言える気がします。特筆すべきはゲーマーグランマの生き様ですね。とても92、3歳には見えませんが、趣味に生きているかたが目の輝きが違うなという印象を受けます。

YouTubeは玉石混淆で一概には言えませんが、視聴者層は比較的若いので、俗っぽいテーマのほうが受けやすいと捉えています。貴兄のおっしゃるニュアンスはここにあるのではないでしょうか?但しピラミッドの規模は桁外れに大きいので、その一部の層の心を捉えればいいということも言えます。この5箇月間随分と回り道をしましたが、YouTubeアナリティクスとにらめっこすることで、それが朧に見えてきた気がします。この教訓を追い風にしたいと考えています。

お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。とんでもございません。お体のほう何卒ご自愛ください。実は昨日ネットニュースを見ていて、熟年層の運営するYouTubeサイトのことが話題に上がっていました。男女の比率からすると女性が多いようですね。共通するのはセカンドライフをどうエンジョイするかという話題が多い気がします。

ブログとは異なり、アナリティクスを見ると即座に動画個々の勝ち負けがわかります。これが魅力とも言えますが、逆にこれにこだわり過ぎるとアイデンティティを失いスランプに陥りかねない気がします。始めた当初はハウツー系(YouTube運営のいろはを教えるサイト)を見ましたが、今は卒業し応用期間に入ったと踏んでいます。言葉を変えれば如何に自分流を作り出すかという段階に来ていると考えています。

概してですが、熟年ユーチュバーは年齢の割には若い方が多いという印象を受けます。自分も是非そうありたいと言い聞かせています。おはからいにより本日も格別なるエールを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。この5箇月間を振り返れば主観と客観をいかにして詰めるかの一言に尽きます。自分では面白い、或いは意義があると思っても視聴者はそう感じないものが多く、それはアナリティクスの数値に顕著に表れます。モチベーションが揚がらずに多くは挫折すると言われるYouTube運営ですが、打開はとても一筋縄では行かない気がします。動画にしても静止画にしても一工夫が重要なのですが、その一工夫を地道にコツコツ積み重ねないと花は咲かない気がします。

サミュエル・ウルマンの言葉がいよいよ他人事でないのを実感する日々です。残された人生をつまらなくするもしないも自分次第。これをとくと肝に命じたい所存です。一方で視聴者のアクションを気にしないで、YouTubeを趣味と割り切って運営されているかたもいらっしゃるようで、これはこれで有意義な趣向と考えています。

お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは。
女性の方がより多く紹介されていて、意外に感じました。
YouTube上では老若男女関係なく発信者になれるといういい例なのかもしれません。


いつか横町さんもこういった記事に紹介されるかもしれませんね♪

URL | 暇人ity ID:-

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。止めて行く方が圧倒的に多いのがYouTubeです。それは避けたいので背理法を用いれば止めない方法を修得できると自分に言い聞かせています。紹介したサイトのユーチュバーさんは分野は異なれど、何らかのヒントは得られる気がします。人真似はご法度ですが、人のスタンスからヒントを得て自分流を構築するのは🆗です。

まだまだ発展途上ですが、5箇月の試験期間を経て得られたものは大きい気がします。視聴者が何を見たがっているかが理解できたのが一番の収穫と言えます。これは運営の幹になるものであり、後は枝葉をそれなりに良くすれば結果は自ずとついてくる気がします。お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)