fc2ブログ
Bruce Hornsby & The Range - The Way It Is (TOTP 1986)


The Way It Is和訳(by昔時様)

一列に並んで 足踏みしてる
景気がよくなるのを待ってるんだ
わずかな生活保護をいただくために
金がなくちゃ仕事も買えないんだよ

シルクのスーツを着た男が
急いで横を通り過ぎる
貧しい女性達が見てるのに気付いて
ヤツは面白半分にこう言うんだ
"仕事見つけろよ"

どうせそんなものさ
変わらないものだってあるんだよ
どうせそんなもんだ
ああでも きみは信じるのかい?
そう言われてることを…

世の中なんてそんなものさ
世の中なんてそんなものさ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【コラム】
ブログを取り巻く環境はここ数年で大きく変わりつつある。それは複数のブロ友が何らかの理由でブログから去っていったということである。新しいブロ友はゼロとは言えないものの、減って行くほうが圧倒的に多いのである。正直言えばモチベーションに影響しないこともない。だからと言って十数年に渡って継続してきたブログを止めたらどうなのか?YouTubeだけの運営では味気ないものになるのかも知れない。それよりも一人でもブロ友が居るうちはそれを糧として頑張りたい。それが誼というものである。

新たなブログカテゴリーである「ウイークエンドの私」はそんな情勢を見据えて一昨年の2021年の4月23日に始めた。モチベーションをキープするのに欠かせないのが音楽(YouTubeリンク)と酒である。お気に入りの曲を記事のTOPに貼るのが私の流儀である。それはブログでは更新した側にイニシアチブがあるからである。但しこのことを主張するからには他のブロガーのサイトに訪問・コメントする際は良き聞き役に徹しなければならない。最近「自分語り」という言葉があるようだが、これは自分の話ばかりして人の話を聞かない人のことを示すと言う。

こういう人はブログでも散見するが、人の話を聞けないならば良好な人間関係の構築は難しいのではないだろうか?その理をはっきりと述べる。「自分の話をしっかりと聞いて頂くから、私はそのかたの話を聞く気になる」ということである。キャッチボールをするのなら相手が取りやすい球を投げる必要がある。そうすれば相手も取りやすい球を投げ返そうとする。これが”誼”の本質である。自分は性格的にさらりと流せないほうゆえ、どうもわだかまりとして残るのである。

今宵はお気に入りの洋楽を聞きながら、リラックスしている。今後、私のブログがどうなるのかはわからないが、私のブログはブロ友とともにある。もらった誼は返す。これは当然なことだが、私がブログを続ける以上はこれだけは今後も変わらないということを断言したい。

0ブルース・ホーンズビー

三日ばかり雨続きの天候にうんざりしていた私だが、却ってそれが私の負けん気に火🔥を点けた。私の人生は「見返しの人生」であるのを自覚しているが、天候には屈していられないと思ったのである。私は昨年購入したレインブーツを履いて、撥水性のヤッケズボンを履いて雨中ウォーキングにチャレンジした。

1レインブーツ

青葉区役所で所要を済ませてから定禅寺を通りかかる。雨一色といっていい趣である。天気予報によると明日は晴れて気温が上がるというが、にわかには信じられない状況であった。

2定禅寺通との辻

こういう時はカフェに行くに限る。私は一番町のマックに立ち寄り、アイスコーヒーをオーダーして、読みかけの本(仙台出身の作家・佐伯一麦)を読んだ。佐伯一麦氏(1959~)は仙台一高を卒業後、上京して週刊誌記者や電工となり、波乱万丈な人生をエッセイに記し、成功を収めた。

特筆すべきは、彼は2020年から仙台文学館第3代館長に就任したことである。実は私はある文学講座で、彼に逢ったことがある。彼は赤裸々に自分の人生を作品に表し、確固たる地位を築いたのである。

3マックだ

一番町を南下し、広瀬通を過ぎ、ぶらんど~む一番町に達した。ここからは全天候アーケードになるので土砂降りもまったく関係ない。そうこうしているうちに以前の職場の近くに差し掛かった。電力ビルに立ち寄り絵画展を鑑賞したが、そのことは今後に記事に託したい。

4ブランドーム

藤崎デパートを左に折れると中央通(クリスロード商店街)である。「懐かしい。」出勤前に様々なカフェに立ち寄ったことが私の脳裏を過った。中央通はこの後、ハピナ名掛丁となり仙台駅に近づく。途中でドン・キホーテ中央通店に立ち寄り、目の保養をした。ドン・キホーテという店は著しく煩悩を刺激するからである。人間、煩悩があるうちが華と言えるが、煩悩がなくなった私は想像だにできないのである。

5クリスロード商店街

仙台駅前に達した。私は街(石巻市横町)に生まれ育ったが、街の活気は私にとっての何よりの薬💊である。

6駅前

帰宅した私は珍しくハイボールを嗜んだ。ハイボールは若者のドリンクというイメージがあるが、それは私の感性を少しでも若く保ちたいからである。

7ハイボール

横町コメント
週の後半は雨にたたられた今週ですが、それを補ってあまりある恩恵が得られた本日の雨中ウォーキング(推定トータル距離≒6キロ)でした。それでも電力ビルの絵画展など、とても一回の記事では表し切れないので今後の記事に託したい所存です。2020年より仙台市文学館第3代館長に就任した佐伯一麦氏に関しては、過去の記事を調べたところ(2014年12月)に東北学院大学で開催された文学講座を受講していました。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1093.html興味のあるかたはご覧頂きたい所存です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


7六百横町
関連記事

コメント

三日続いた雨に郷をにやして、雨中散歩に出られたのですね…。貴兄らしいと思いました…。通勤時は朝夕ですが、フリーになると昼間の街を歩けますね…。少し感慨を持たれたのではないでしょうか…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

コロナ禍で交流の有ったプログが次々と閉鎖されています。
横町さんも同様だったのですね。
雨中ウオーキング、お疲れさまでした。
車で移動しかしていないですが、早朝は豪雨、
その後は曇天または晴れていました。
明日は暑くなりそうです。
熱中症に注意したいと思います。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

さすがに三日間も雨が降り続くとフラストレーションもMAXに達します。実は知り合いとも会えた(サプライズです)ので、これも何かの因果と思いました。仙台出身の文学者・佐伯一麦氏が三代目の文学館館長に就任し、いよいよ箔がついた気がします。

それを知り、一気に彼のエッセイを読みたくなりました。ドン・キホーテ見物やハイボールは若さをキープする上で追い風になった気がします。おはからいにより本日も格別なるエールを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。ブログを閉じられた(休止とされているかたもおりますが)かたには様々な事情があり、一概には言えない気がします。シニアが圧倒的に多いので気力や体力、アクシデントなどが関係している気がします。

ブログを続ける為に規則正しい生活を送る。そして創作活動も行う。このようなサイクルを長年続けてきただけに、ここ数年の周囲(取り巻き)の変化(ブロ友激減📉)は非常に気になります。🆖その中で”如何に自分流を貫くか”というところがポイントと受け止めています。自分から”なにくそ精神”を取ったら腑抜けになる。それだけは避けたいと思い、雨中ウォーキングに出かけました。ご配慮により本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)