fc2ブログ
3814番目の記事である。
早いもので完全リタイアして半年が過ぎた。完全リタイアする前から、同年代と思しき様々なYouTubeサイトを探り、リタイア後の生活がどんなものなのか?想像していた。社会的な影響が減ることで虚無感にとらわれる人も居るようだが、自分の場合は元々が趣味人間であり、楽観派なので落ち込むことはないが、一抹の寂しさがまったくないといったら噓になる。特に出勤時刻になると、「ああ、少し前の俺なら今頃出勤して、会社に行ってたんだなあ」などと思ってしまう。何かが物足りないのだが、具体的に何が?と聞かれるとはっきりせず、もどかしいのである。

1退職

出がらしの茶などと言えば例えが良くないが、傍から見ればそうなるのかもしれない。特に冬が明けて春が来るのが例年よりも遅く感じられた。冬の間は気候や道路状況などで、否が応でも行動範囲が狭くなるのである。時間を持て余し気味となるわけだが、そういう時こそ読書をするべきであると考え、よく近くのスーパーのイートインコーナーに足を運んでは本を読んだ。年が明け、何か打ち込むものがないとまずいと考えYouTubeを始めた。

YouTubeは覚えることが山ほどあるが、技術面だけではない。ハード面としてはそれなりのパソコンスペックを要求されるのである。自分が選んだのは中古のノートパソコンだが、一応動画を作るのに不測のないスペック(Windows11 16GB)にこだわり、動画開設一箇月後からその恩恵に授かっている。こうしてYouTubeが新たな趣味となり、今日に至っている。

よく完全リタイアした男性はボケやすいと言われるが、毎朝ゴミ出しをすることでかろうじて曜日への認識を把握している。また相変わらず、図書館から本を借りているので、更新の度に街に出ている。図書館では視聴覚コーナーでビデオ(DVD)鑑賞も行っている。そしてたまにはカフェにも顔を出す。そんなことを繰り返しているうちにあっという間に半年が過ぎ去った感じである。

2オフィス街

横町コメント
今、何が物足りないか?と言われたら文芸誌「みちのく春秋」への寄稿がストップ(昨年の12月に創業者が逝去)したことが挙げられます。それに代わるものが何かあればいいのですが…ところで若さを保つ三要素として
①ウォーキング(特に街歩き)の継続
②バイクライディング
③ゴルフ
を挙げたいと思います。①と②は履行していますが、③のゴルフだけは行っていません。これは行く相手がいないことも言えます。最後に今の心境を格言に託します。月並みですが「光陰矢の如し」、「歳月人を待たず」です。今が旬と思ったら迷わずに履行する。しないで後悔するよりもまずはやってみる。残された時間はそう多くないだけにこれに尽きる気がします。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

完全リタイア後の生活を赤裸々に語られましたね…。
YouTubeに取り組まれたことは、あらたな試みとしてよかったのではないかと思っております…。体の老化は適宜ウォーキング等で防げますが、頭の老化の防止は、それよりも難しいと思います…。その点でも、YouTube動画ネタを考えられることは良いことです…。バズるのは至難ですが、継続は力なりで取り組まれることを願っております…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

やっと筋肉痛から立ち直れたので、本日から
通常モードにしました。
ストックしたもののアレンジのみの記事ばかり
だったので、拍手コメントのみにしていました。
他意はありません。
完全リタイア後の道筋、恥ずかしながら描けて
いません。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

頭の体操については人それぞれですが、例えばYouTube動画を作る際の静止画のピクセル数を規定値(1280×720)に合わせるのに、結構暗算を使うのです。極力電卓を使わないことで脳が活性化される気がします。

ブログの記事を書く際は、何も考えずにPCに向かう。構えると書けなくなるので、ひらめきを重んじるようにしています。それだけにメモ帳に都度思いついたものを書き留める(紙媒体、電子媒体は問いません)ことは重要と受け止めています。ひらめいても忘れると言うのは大きな損失と考えるようになってきた気がします。このような習慣は確実にボケ防止に寄与するものと解釈しています。

YouTubeでバズると言っても、自分の場合は弱小サイトゆえ、たかが知れています。(視聴回数はバズっても、たった300超程度です;)でも腐ることなく向上心は持ち続けたいと思います。一般に煩悩にまみれた話題は食いつきがいい。これは想像にかなう部分であり、「大衆心理とは何か?」という問いに如実に答えるものと考えています。

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。ストック記事への指向は貴兄らしいですね。自分はYouTubeではそれを履行しています。書きたい時に一瀉千里で書かないと滞るのはブログも一緒です。ちょっとした心の変化でブレーキが掛かる。それだけデリケートな領域と解釈しています。

完全リタイアして思うのは客観と直感の違いですね。考え方一つで焦燥感にも繋がるしユートピアにもなるということです。自分の場合は敢えてネットと繋がることを選びました。これがダメなら、いよいよ閑居(形而下だけにこだわらない、メンタル的なもの)に棲まえばよいくらいに考えています。
お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)