FC2ブログ
 新街道をゆく 羽州街道 
リンク動画について
司馬遼太郎が山形を訪ねたのは昭和51年秋、今から41年前のことであった。生涯唯一の山形探訪を司馬は「その情景は夢であったかも知れず云々」と述べている。「羽州街道」は「街道をゆく」シリーズの中で東北を扱った唯一の作品であり、過去の記事で取り上げた経緯がある。冒頭で司馬は豊かな庄内平野に注ぐ最上川と芭蕉の句「さみだれを集めて早し最上川」(奥の細道の句)と重ね、この地に並々ならぬ関心を示した。芭蕉がこの句を詠んだのは今から328年前のことである。この句は現代人にとって大河・最上川への果てしない憧憬を抱かせるものである。司馬は芭蕉の詠んだこの句は玄妙な力を持っていると言わざるを得ないという。ともかくも最上川を現(うつつ)の中で一見したかった…それが叶った彼の心境はさぞかし充実したものであったのではないだろうか?
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日、私が3年半に渡って作品を寄稿しているみちのく春秋の編集者・井上康氏と電話で連絡を取った。既に、次回の新春号(1月発刊)と春号(4月発刊)までは「現代サラリーマン処世術」の連載が決まっている。

ミック:今回はサラリーマンの啓発書とも言うべき「現代版サラリーマン生き残り術」を寄稿させて頂きました。原稿用紙にして25枚分ほどの字数ゆえ、①新春号と②春号までの掲載をお願いしたいと思います。
井上氏:わかりました。来年の新春号と春号に寄稿は投稿頂いたサラリーマン啓発書で結構です。時に本誌は最近読者から歴史ものの掲載を望む声が多いのです。来年の夏号以降は歴史ものを書いてもらえないでしょうか?
ミック:例えば、みちのく版「街道をゆく」という企画は如何でしょうか?
井上氏:いいですね。是非お願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
こうして私は来年夏号(7月発刊)以降のターゲットを定めた。後は井上氏の要望に添い、是非みちのく版「街道をゆく」を書きたいと思っている。これで私は彼から大きな使命をもらったと捉えている。

ミック挨拶
井上氏は言葉少ない中に、私に「歴史」に関わるものを書いてもらいたいと述べておられました。仙台藩士・支倉常長に関する小説の後は何を書きましょうか?井上氏は相馬絡みのものであってもいいと言っていました。とにかく私は井上氏から多くを任された(長編、短編は問わない)と受け止めております。

今から、時間はたっぷりとございます。また環境のいい第二の書斎(出入りのカフェ)も手に入れました。然らばこれを大きな追い風として、年末年始の余暇時間を有意義に用い、新たな創作に取り組んで行きたいと考えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

ミック版「街道をゆく」、今から楽しみです…。。。来年7月といえば、私の抗がん治療も終わり体力も回復している(はず)頃と思います…。。。
是非とも、東北を訪れたいものです…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
来年の夏には、歴史小説を投稿するんですね・・・。
ライフワークにもなっている歴史研究、素晴らしい小説になることと思います。
頑張ってくださいね・・・・!

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
今の会社に入って余暇時間が充実して参りました。私にとって朝のカフェで過ごす一時間がゴールデンタイムにございます。この立ち寄りがリズムとなり習慣化することで、読書をするにも執筆をするにも不足はない環境が整ってきました。

まき様のおはからいにより、本日も格別なるエールを賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
リンク動画への考察を頂き感謝申し上げます。NHKの動画リンクはやがて消される運命にございますが、この動画から私は大きなモチベーションを得ています。実はナレーションをしている古屋和雄氏の格調高い読み上げは正に司馬遼太郎の生き写しと受け止めております。

同じ言葉を語ってもナレーション次第で天地の差が出て参ります。私がこのシリーズを全部見てやろうと思った大きな動機が、彼のナレーションによるものです。従って私は図書館のVHS版で新シリーズのみ視聴しています。直江兼続について知りたいと思うのは新潟にブロ友様が居られることで、最上川についてその歴史を知りたいと思うのはつや姫さまの存在が大きいです。

歴史ものの執筆はモチベーションとの戦いですが、如何にこれをキープするかのヒントをこのあたりに見出している某にございます。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
貴兄の東北訪問の夢が成就しますことを心からお祈りしています。ご迷惑でなければ、仙台城址や松島でもご案内仕りたい所存です。

水運と切り離せない藩政時代の奥州の発展ゆえ、日本海に注ぐ最上川には特に感心を寄せています。モチベーションさえ落とさなければ作品は生み出される。これは既に相馬に転勤した際に経験しています。

書く対象はいくらでも転がっていますので、ポイントは如何にゾーンに入り込み、強い思い込みを獲得するかに掛かっています。その起爆剤になるのが司馬遼太郎を初めとした歴史作家の遺作の数々と認識しております。

貴兄のおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
今年は忙しくて相馬野馬追を見られませんでしたが、来年こそはと思っています。貴兄の仰せの通り歴史ものの執筆は今やライフワークの一部となっています。

朝のカフェで過ごす時間が至福となっている昨今、作品を書く環境は整って参りました。後は現地に足を運んで自分が肌で感じたことを文章にしたいと感じています。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

PS:福島県浜通もターゲットの一つにございます。改めまして、貴兄とのバイパスに感謝申し上げます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん おはようございます

来年の秋以降の歴史物との原稿依頼ですね。
素晴らしいモチベーションになりますね。
みちのく版街道を行く」を考えておられるようですね。
ミックさんを知りましたのも「酒田探訪」のきめ細やかな記事からです。
十分なストックも ミックさんが言われるダムですね、
あると思われますので期待しております。

いつの日か 支倉常長が帰国してからの小説が読みたいですね。どうしても気になる存在であります。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
ありがとうございます。ストックは確かにあるのですが、やはり鮮度も重視したい要素と受け止めております。
即ち、今から取材して書くのと、過去の記事を掘っくりかえすのではモチベーションも違って参ります。先ずは東北各地の街道を文献で当たる作業から進めて参りたい所存です。

酒田を初めとした庄内地方は確かに歴史の宝庫でもあります。特に酒田には北前船の立ち寄りが頻繁だったこと、芭蕉が訪れたことなど話題に事欠かない土地柄ゆえ、司馬遼太郎も後ろ髪を引かれたものと察しております。

朝のゴールデンタイムはとにかく絶好調で、このところ読書のペースも相当上がって参りました。後は取材行い己の肌で臨場感を味わい、感動に繋げたい所存です。

つや姫様のおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます。

みちのく春秋の新春と春号も掲載が決まって居られる上
夏号の「みちのく版街道を行く」も決まり本当に素晴らしい事です。
九州からすれば端と端に思え未知に近いので大いに期待が高まります。いずれも楽しみにしています。

URL | suisyou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
ありがとうございます。全国区はとても無理なのですが司馬遼太郎の遺作の「街道をゆく」でブロ友様がお住まいの地域を勉強させて頂くことがよくございます。

東北のことだけを書いているとどうしても狭くなるので視野を広げたいと思っています。suisyou様のお住まいの九州も非常に興味があり、街道がゆくの九州編で拝読させて頂いています。

suisyou様には本日も格別なるエールを賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

みちのく春秋の新春号と春号「現代サラリーマン処世術」の連載が決ってるのですね、
そして夏号にはみちのく版「街道をゆく」の執筆に取り組まれるとは凄いですね、
朝のカフェでの執筆が増えそうですが是非、頑張って良い
作品を残して頂きたいと思います。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
現代サラリーマン処世術は今年の2月に原型のようなものを書きまして、それに昨今の労働問題への考察を書き加えたものです。労働者自身の他に経営者にも読んでもらいたいと考えています。

みちのく版「街道をゆく」は先ずは書きたい処をクローズアップして文献を調べた上で取材に及び、現地の雰囲気を肌で感じたいと思っています。

カフェが第二の書斎になりつつあるのは大きな追い風と捉えています。雲MARU様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
既に投稿が決まっている「現代サラリーマン処世術」が多くの方に読んで頂くのも楽しみですね。
そして、これから挑まれる歴史物は以前の長編大作を読まれている読者の方からも多くの声の反響もあり
待ち望まれているかと思います。
時間も執筆場所も確保でき、楽しみな時間が増えましたね。頑張ってください!

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
ありがとうございます。新しい仕事場にも慣れ、環境も整いようやく歴史を書こうという気になってきました。朝の時間に執筆出来るのは大きいですね。
支倉常長のような長編ものは難しいですが、先ずは短編エッセイでもと思っています。

joeyさんのおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは(^^)

『街道を行く』いいですね~♪
編集長様のミックさんへの信頼が大きいことが伝わります。
なんといっても、説明が細かいのでとても解りやすくて私は好きなんです。

歴史ものも良いですね~
日々の仕事と休日の執筆、とても充実されているように感じます(^^)
目標ができてモチベーションも上がりますね。
どんな歴史ものを書かれるのかも楽しみです。

URL | あ~ちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。

暮れゆく秋を朝夕の寒さに感じる今日この頃…
此の度は、みちのく春秋よりご執筆ご依頼、来年の夏号「7月発行」小説
みちのく版「街道を行く」歴史ものをお考えで、本に掲載されるとの事

まことにおめでとうございます。

ミックさんの歴史への此れまでの研究探究、勿論実績が高く評価され
認められての、吉報を受けられた事と存じ上げます。
ご健康にご留意され、こころよりご奮闘をお祈りいたします。
ナイス(^^https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s326.gif">です。

URL | きく枝 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> あ~ちゃんさん
返しコメントが遅れて大変失礼しました。編集者からの依頼でいよいよ目標が定まりました。新シリーズ版では、古屋和雄氏の名ナレーションが殊のほか気に入っていますが、確か街道をゆくは沖縄編もございました。機会があれば紹介したいと思います。

あ~ちゃん様のおはからいにより、今回も格別なるエールを賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> きく枝さん
ありがとうございます。編集者から「歴史ものを書いてくれ」と言われたからには是非要望に応えたいと考えております。先ずは場所を絞り、文献を調べた上で取材に及びたいと感じております。週休三日で時間もたっぷりあります。これを追い風として執筆に励みたい所存です。

きく枝様のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みちのく春秋への寄稿は執筆意欲を上げるものですね。
しかも次の連載も決まっていよいよ
構想が膨らみそうですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
来年の夏号は七月発刊ですが、それがみちのく版「街道をゆく」の発表となります。
先ずは、この動画でモチベーションを高めたいと考えリンクに及びました。
貴兄のおはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)