fc2ブログ


リンク動画解説
8~9年ほど前の放送動画と思われる。倉敷の居酒屋を飲み歩く人物は太田和彦氏(プロフィールは後に紹介)である。太田氏は全国の居酒屋を飲み歩くのが趣味で、相当の身銭を切ったとされる。但しただの酒好き、旅好きではない。自身の体験を複数の著書に書き、更にはテレビ出演で著名になった人物である。

私にも経験があるが、見知らぬ町を飲み歩くのは楽しいものである。地酒はもちろん、地方の食材を頂くのは、飲み歩き冥利に尽きるのではないだろうか?カウンター越しの主人との会話も板についたものである。

太田氏に興味を持つきっかけになったのが、先日図書館から借りた著書「ふらり旅 いい酒 いい肴3」である。BS11での初放送は2014年と思われる。コロナが下火になってきた感のある最近は、再放送されているようだ。ちなみに東北地方の取材としては、仙台、盛岡、八戸、酒田がロケ地となっているようである。

1ふらり旅 いい酒 いい肴

見開きの写真がまたいい。この時期の冷酒は日本酒党にはたまらないものである。

2見開き

太田和彦氏プロフィール
1946年生まれ。デザイナー・作家・居酒屋探訪家。大学卒業後にデザイナーとして資生堂に入社、日本各地の酒場訪ね歩く。著書に『太田和彦の居酒屋味酒覧〈決定版〉精選204』『ニッポン居酒屋放浪記』『居酒屋百名山』『東海道居酒屋五十三次』『居酒屋おくのほそ道』『東京・大人の居酒屋』『ひとり飲む、京都』『ひとり旅ひとり酒』『居酒屋を極める』『日本の居酒屋――その県民性』『居酒屋吟月の物語』『東京エレジー』など。

1999年、旅チャンネルで「全国居酒屋紀行」がスタート。「太田和彦の日本百名居酒屋」まで、11年ものロングランとなる。一方で2001年からは東北芸術工科大学の教授も務めた。民放に出演の後、2014年からNHKの飲み歩き旅番組「ふらり旅 いい酒 いい肴」に出演し一躍有名になる。太田氏のテレビ出演は後の居酒屋探訪番組の礎となる。2019年には文化庁長官表彰を受賞。

※写真は60代の頃だろうか?2010年代の撮影と思われる。(ごま塩髭に着目👀)

3太田和彦

さて、動画をご覧頂いた皆さんはお気づきと察しているが、9分10秒過ぎにはしゃこの刺身が登場する。主人いわく「しゃこの生食はここだけでは?」と語っているが、珍味中の珍味と言えるのかも知れない。しゃこは鮮度を保つのが非常に難しいので、寸前まで保冷し、急速解凍しているのかも知れない。

4珍味シャコの刺身

太田氏に感化された私は今宵の晩酌のパートナーに日本酒の冷(5度くらい)を選んだ。最高気温が32度まで上がった本日の仙台だが、冷房の利いた室内で日本酒の冷を飲むと、生き返るような気がするのである\😃/

5真横

横町コメント
3835番目の記事になります。本日は煩悩に満ち溢れた記事と言われるのを百も承知の上で記事を書かせて頂きました。太田氏のような飲み歩きは夢かも知れませんが、酒飲みにはたまらない夢でもあります。下戸の方には大変申し訳ありませんが、酒を飲めば心の憂いは去ります。😀👌(短歌行で曹操が述べた惟有杜康」:憂いを晴らすにはただ酒を飲むのみ)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

コメント

ただのおっさんが、日本各地の飲み歩きをブログとかYouTubeとか本にしても、パッとしないと思うのですが、デザイナーとか編集者、文化人がこういう企画をすると売れますよね…。笑。

文章も上手いし、写真もよかったりして…。思わず乗せられますね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

車社会なので飲み歩きはあまり経験が
ありません。
最適な環境したで頂くお酒は美味しい
のでしょう。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

確かにそれはありますね。本を最初に見たとき、太田さんってどんな人なんだろう?と思いましたが、動画を見ているうちに、ポリシーが伝わって参りました。🆗六角精児氏の呑み鉄シリーズもですが、昨今のNHKは時代のニーズに応えて、柔らかい内容の番組作りに取り組んでいるなという印象を受けます。

コロナも明けたので、タイミング的には最適(再放送を含む)と言えるのかも知れません。見どころはカウンター越しに交わされるご主人とのやり取りです。一見こわもての主人ですが、接客業だけあって客扱いが巧みと言う印象を受けました。太田氏はこれに飄々と受け答えしているようで、このあたりも大きな見どころと捉えています。
お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。コロナも落ち着いたので、飲食業の活性(復活)を見直さねばなりません。これは経済振興や、求人にも関わることで、重要なことと察しています。呑み鉄を含めて、NHKの番組の動向を見るとこれが感じられます。

この手の動画では店構えや店内の雰囲気、マスターやママの客への応対は興味津々です。今後も是非この手の動画を追いたい気がします。ご配慮により本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

なかなか素敵なのみ歩きの旅をされていますね。
お酒を飲むだけでは無い旅。
各地の店主さんとお話しされたり。。。
また写真が良いですね♪
酒田の山居倉庫も確かに絵になりますね。

お酒が飲めたら。。。とくに日本酒 良いですよね♪

URL | つや姫日記 ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

おはようございます。図書館で本の表紙(山居倉庫)を見たとき、つや姫さんのことを思い浮かべました。太田氏の酒飲みは道楽を越えたものがありますが、堅苦しくない点も受けている気がします。六角氏の「呑み鉄」も大ヒットしているようですが、最近のNHKはこういう柔軟路線が多い気がします。コロナで景気が淀んだ感のある飲食業界ですが、こういう番組は景気の回復にも寄与するのではないでしょうか?こういう番組に登場する人物は視聴率を大きく左右するだけに難しい気がします。

こういう記事を書くとき、下戸の人には本当に申し訳なく思っています。😖💧
お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)