fc2ブログ
今日は海の日だが、この年になって今さら海へというのもミスマッチと考え、街に繰り出した。午前中から蒸し暑く気温は軽く30度を超え、空調服のスイッチはずっと入れっぱなしであった。

最初に向かったのは定禅寺通のせんだいメディアテーク(青葉区図書館)である。普段の月曜日なら休館日であるが、祝日の時は開館している。いつものように休館日と思い込んだ人が多かったせいか、館内は結構空いていた。

1メディアテーク

ここは2階の視聴覚室(雑誌閲覧室兼子供コーナー)である。空調の温度設定はやや蒸し暑く、空調服のダイアルを低にしてちょうどいいくらいであった。このあと右奥の視聴覚コーナーで伊能忠敬(1745~1818)の伝記ビデオ(VHS)を見た。

2視聴覚コーナー

図書館を出て向かったのは大町2丁目の仙台市戦災復興記念館である。

3戦災復興記念館前

仙台空襲があったのは1945年の7月10日であった。78年前の自身の被爆体験を語り部として語られているのは、青葉区在住の庄司誠さん(89)である。1階ロビーでは、多くの方が熱心に耳を傾けておいでであった。

4語り部

講演を聞いて館内を見学したあとで、再び街に出た。今日の仙台の繁栄に接すると、78年前の不幸な出来事は微塵も感じられないが、仙台が戦災に遭い尊い人命が失われたことは、心に刻まなければならない。台湾有事も懸念される昨今、改めて平和の尊さを噛みしめる思いであった。

5路地裏

横町コメント
本記事で3841番目の投稿になります。本日が「海の日」というのはずっと頭にありましたが、海に行っても仙台港のフェリーを見るくらいなので、思い切って趣向を変え、歴史に触れることにしました。『大日本沿海輿地全図』を完成させた伊能忠敬の偉業と、仙台という街の成り立ちに改めて触れ、有意義な日となった気がします。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


6六百横町
関連記事

コメント

暑い日は、室内展示がグー✊ですね…。
伊能忠敬と業績の学習と、終戦間際の仙台空襲の戦災復興記念館の見学何よりでしたね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~

月曜の図書館開館日は、空いているのですね。
ゆったりと過ごせて良かったですね。
被爆体験、結構若い方も聴いているのですね。
ちょっと安心しました。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

せんだいメディアテークで伊能忠敬の
伝記ビデオを視聴されたのですね。
現代のような測量機器が無い時代に
精度の高い地図を作成されたことは、
間違いなく偉業ですね。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

「海の日」の今日も、暑かったですね~。

こちらは、今年97歳になる母が入居する施設を訪問。
何気ない会話をした後、「また来るからね~」
とあいさつして、帰ってきました。
こういう平穏が、何より有難いですよね~。。

boubouさん、ありがとうございます。

家の中にばかりいるとエアコンがつけっぱなしになりますので、外に出てみました。こういうモチベーションはすべて空調服があるからです。普通ならうんざりするのですが、そうならないのは空調服様様ですね。
こういう海の日の過ごし方があってもいいのでは?と思い、履行した次第です。

お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。月曜日の開館日(祝日と重なった日)は穴場と言えます。いつもなら混雑する図書館ですが、昨日はゆっくりできた気がします。

おっしゃる通りで被爆体験への参加には若い人もいるようで、了見の広さを感じました。よしんば自分が企業の人事担当なら、こういう若者を採用したいですね。ご配慮により本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。伊能忠敬は50を過ぎてからの活躍がすごかったと聞いています。昔なら隠居の年なのですが、彼はそうでなかった。勤勉なる姿勢は大いに見倣うべきものがあると考えています。

おはからいにより本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。昨日は有意義な一日を過ごされましたね。月曜日でしたが祝日と重なっているところに着目し、メディアテークに向かいました。市街地ウォーキングを兼ねて有意義に過ごせたと思っています。

お陰様で本日もご配慮を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは。

自分も先日戦災復興記念館の展示を見学してきました。ニアミス(?)のように感じてしまいます。
その際はヒロシマ原爆展も企画展として行われており、戦争の悲惨さが心に焼き付いて離れませんでした。

大日本沿「海」、、、ということで立派な海の日の過ごし方かと思います♪

URL | 暇人ity ID:-

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。この暑さですので、いかにモチベーションをキープするかを重視しました。公共施設の空調の設定は軒並みあまいので、空調服を着用しました。これによって見学に専念できた気がします。
地図や写真などの資料が多いので、仙台の古い町並みを調べるのに、戦災復興記念館は最適という気がします。記念館南に面する肴町は、かつて塩釜方面(時代によっては蒲生経由)で鮮魚が運ばれた辺りで、往時の庶民の暮らしが気になります。

こういう海の日の過ごし方も悪くない気がします。お陰様で本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)