fc2ブログ
定年後、別企業へ再就職:べからず集


リンク動画解説
今回のリンク動画は過去の経験に基づき、定年後の再就職で留意すべき事(NG集)をまとめてみた。長年サラリーマンを務めると、こんなものだろうという思い込みがあるが、新たな企業ではそれが通用しないこともある。「郷に入っては郷に従え」の通りだが、プライドが邪魔をして履行できないことがある。事例は再就職に失敗するシニアが陥りやすいことである。

1女性ダメJ

以前所属した企業のことは聞かれない限り話さないほうが無難である。また聞かれてもいないことをべらべらとしゃべるのも良くない。先ずは聞き役に徹して社風を探り、慎重に模様を見るべきである。

2自慢話三人J

昨今は組織において”アサーション”が重視されてきている。アサーションとは「自分の要求をきちんと伝えつつ、相手を損じない話術」である。これには礼節や仁も欠かせない。それは同じことを話しても態度が重要だからである。

3アサーション
横町コメント
今回で3844番目の記事です。動画には謙譲の重要性も挙げさせて頂きました。若年層で謙譲が身についている人は少数ですが、人間関係を円滑に進めるには、時に謙譲も必要となる気がします。謙譲が身に着くことで、相手は徳を感じるようになるからです。そうなると信頼関係も自ずとついてきます。論語で言うところの「有隣」(徳は孤ならず必ず隣有り)です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4六百横町
関連記事

コメント

今回も、自らの経験を踏まえた、再就職べからすネタのYouTube動画でしたね…。このシリーズは、動画が積み重なるにつれて、定年後に再就職を考えている人達にとっては役にたつものとなると思います…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

自分は社会人2年目に帰郷して再就職した
経験があるので、良く分かります。
偏見で見られがちなので、極力避けました。
定年後の再就職も同様だと思います。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

確かに、再就職に限らず、日常の中でも、
そのまま通じるところがありそうですね~。
気が付かないうちに、相手に不快な思いをさせていないか…
ドキッとするようなテーマです。
心して、気を付けたいものですね~。
]

URL | penpen_1go ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

YouTubeアナリティクスのデータを見ると
①視聴者としては再就職関係の動画の関心が高い傾向にある。
②視聴時間を長くしたいのはユーチュバーの本音ながら、視聴者からすれば短時間で効率的に情報を得たい。
③なんと言ってもわかりやすい内容が大切。
が把握できます。欲張らずに、先ずはこれらのニーズに応えることが重要と考え動画を作りました。但し単発の矢ではダメなので、二の矢、三の矢を繰り出すことが肝要と受け止めています。

徐々にですが、視聴者のニーズが見えてきたのは追い風になります。後は実績を積むことと考えています。ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。経験談の披露ありがとうございます。範囲を広げれば定年後でなくても、一般論としても言えることと解釈しています。動画の表現手法ですが、ただカメラに向かって語ると堅苦しくなるので、漫画を取り入れ、視覚にも訴えるように趣向を凝らしてみました。まだまだトライ&エラーは続きますが、そこから得たものは得難い教訓となりそうです。

おはからいにより本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。これまで動画を作ってきて、カメラに向かって話しかける姿勢は、ともすれば堅苦しくなるというレビューも頂きました。これを素直に受け止め、漫画を取り入れてみました。徐々に人物の像のイメージを増やし、老若男女問わずというスタンスもと考えています。

同じ内容であっても視聴者が「この動画は面白そう」と思わねば去って行きます。このあたりが難しいところです。YouTubeは内容も重要ですが、一歩踏み込むならば視覚に負う部分が大きいというのが率直な感想です。
お陰様で本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)