fc2ブログ
ALBINONI: ADAGIO - XAVER VARNUS' HISTORIC INAUGURAL ORGAN


リンク曲について
ザバー・バーナスのチャーチオルガン演奏アルビノーニ作曲「弦楽とオルガンのためのアダージョ」は3年ぶりのリンクである。ザバー・バーナス(1964~)はハンガリー生まれでカナダ市民権を獲得したパイプオルガン奏者である。

荘厳な曲だが、息を飲み、演奏に聞き入る聴衆の表情を見るのもこの曲の真骨頂と解釈している。アルビノーニの「アダージョ」は第二次世界大戦の焼け跡から発見されたスケッチにレーモ・ジャゾット(音楽研究家)が大幅に書き加えて編曲したものとされる。バロック音楽を代表する名曲だが、パッヘルベルのカノンやヘンデルのオンブラマイフなどと並び、聞き手に人の世の普遍をイメージさせるものがある。

むろん誰にでも弾ける曲ではない。弾き手を選ぶ曲だが、ザバー・バーナスが醸し出す重々しいチャーチオルガンの音色は、多くの人々にとってこれまで歩んできた人生行路を照らし出すかのような荘厳な調べがある。或いは、故人への追悼の曲としても相応しいのかも知れない。私はリンク曲の重複を厭わない。それはブログが我が人生の軌跡と考えている所以である。音楽はあくまでも脇役だが、意中の曲があれば忘れ去る前に何度でも脚光を浴びせたいのである。

0ざばー

完全リタイアして思うのは、虚無感(社会からの疎外感)を回避したいという気持ちである。欲は一般に良いイメージとして語られないが、これがなくなると一気に老け込む気がしてならない。私はそれを強く意識してバイクに跨り街に出た。目当ては青葉区勾当台公園で開催されているTBC夏まつりである。

1夏祭り

宮城県各地のテントが張られ、名産品が出ていた。マスクをしている人も減ってきた。ようやくコロナが明けたんだ。そう思わずにいられない、数年越しになるが待ちに待ったシチュエーションである。

3丸森町名産

横町利郎
記事としては3846番目の投稿です。この後、一番町に足を延ばし、買い物を済ませました。ようやく以前の元気な仙台に戻った気がします。時に定年後の虚無感を感じる昨今ですが、自分にとっての特効薬(若返り術)はバイクライディング&街歩きという気がします。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


6六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

荘厳な調べ、オルガン演奏でこれほどまでに
カバーできるのですね。
週末の余韻を心地良く味わせて頂きました。
有難うございました。

URL | ichan ID:-

オルガン曲はなかなか聴く機会がないので、貴兄のプログで取り上げられるとうれしいですね…。
今回も清々しい曲を取り上げていただいて感謝です…。

完全リタイア後の社会からの疎外感は、じつは、私が、長年勤めた会社を辞めて大学勤務になった時に感じた気持ちでした…。当時は、通勤時間帯が一般サラリーマンより少し遅くなっただけだったのですが、それでもちょっと違う生活を送っているなと感じたのですね…。

そして今、完全リタイアした生活を送っているのですが、今度はサラリーマン生活をしながら細々とやっていたボランティア活動に、逆にドップリとハマる結果となったために、その活動を通じてサラリーマン時代とは違う形で、社会とつながっており、全然疎外感を感じない生活を送っております…。社会とのつながりは、仕事だけじゃないのですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~

定年後の虚無感は、誰もが通らなくてはならない道と思いますが、少しでも楽しく乗り切りたいですね。多趣味の横町さんは、虚無感は少ない方ではないでしょうか~

URL | 布遊 ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂きこの曲をリンクした甲斐がありました。聴衆の息を飲む表情が胸を打ちます。第二次世界大戦の焼け跡から発見されたスケッチに、音楽研究家が大幅に書き加えて編曲したとの謂れは何か因縁めいたものさえ感じます。中世に作られた他の曲(パッヘルベルのカノン、ヘンデルのオンブラマイフなど)との相違には驚くばかりです。

時に俗に染まるのも悪くない。昨日はそんな心情で街に出ました。枯渇しがちになるエネルギーの充電ですね。短時間でしたが効果はあったと振り返っています。

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

パイプオルガンの曲はジョナサン・スコットを中心に随分とリンクしたのですが、カテゴリーに「パイプオルガン」がなかったので街歩きなどに入れていた経緯がありました。昨日、はたとそのことに気づき、カテゴリーとして独立させるしかないと思い、新たなカテゴリーとして「パイプオルガンの調べ」をデビューさせました。励みになるお言葉大変恐れ入ります。

この曲「弦楽とオルガンのためのアダージョ」は人によっては重々しく、精神状態によっては聞くのがしんどいという方も居られました。過去の自分ならそう感じたのかも知れません。

「社会と繋がるのは仕事のみではない」…なるほど貴兄らしい蘊蓄のあるお言葉と受け止めています。是非参考にさせて頂きます。おはからいにより本日も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。完全リタイアして半年が過ぎ、職に就いていた頃のことが脳裏を掠めます。「自分は茶で言えば出涸らしなのだろうか?」と自問自答します。(笑)

そんな自分と対話する為にこの曲を選びました。時に俗っぽいものに浸るのも大切と認識しています。昨日は街にも出ましたが、テレビで様々なスポーツ(高校野球の予選、ラグビーの国際試合、大相撲)を観戦しました。少しは気が晴れた気がします。

もちろん早朝ウォーキングも欠かさずにしました。継続は力なりと申しますが、エンジョイの要素は不可欠と捉えています。お陰様で本日もを格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。


コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)