fc2ブログ
パッヘルベル カノン マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団


リンク曲について
ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel)作曲のカノンは教会音楽(室内楽曲)である。正式な曲名は『三つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグニ長調』(原題: Canon a 3 Violinis con Basso c. / Gigue) である。ヨハン・パッヘルベルバロック時代ドイツの作曲家だが、それにしても荘厳極まる曲を作ったものである。

中世に作られた他の曲の多くが淘汰されていったが、洗練されたものだけが現代にも受け入れられ名曲として認められている。いずれにしても17世紀後半に作られた曲が、長い年月を経て人々の心をとらえるのは、その曲の中に哲学的な調べ(響き)を含む証と認識している。古今東西、人が好むものには一定の法則があり、優れた芸術家のみがそれを察知する。

ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹(1907~1981)は、随筆などに様々な蘊蓄を残しているが、その中に「現実はその根底において常に簡単な法則に従って動いており、達人のみがそれを洞察する。現実はその根底において常に調和しており、詩人のみがこれを発見する。」という言葉がある。

然らば、湯川の言う詩人を音楽家と言い換えることも可能と言える気がする。ヨハン・パッヘルベル(1653~1706)は優れた感性により調和の極意を見出し、この曲に表すことに成功したに違いない。この曲を聞いて思うのは世の普遍である。

巷を沸かせている札幌の例の事件を思い浮かべて頂きたい。人生は思い描くようには行かない。一見、幸福そうに見える家庭でも何らかの苦悩を抱く。要は人には他人の苦悩がなかなか見えないわけであり、これが人生の普遍である気がしてならない。

それゆえに幸福の尺度は他人と相対視するのは無意味である。幸福感は自分なりの尺度で絶対視すべきであり、他人と比べるのはナンセンスである。然らばこれをとくと自分に言い聞かせる必要があると考えている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、本題に入りたい。最近蒸留酒に目のない私だが、そのスタンダードはウイスキーにあると考えている。あるYouTubeによると、ウイスキーには次のような効能があるという。もちろん適量を守っての話である。特に”アンチエイジング”と聞いて触手の動く人も多いのではないだろうか?

1ウイスキー効能

Uカーブ(Vカーブ)という相関曲線があり、ウイスキーを少量飲めば、確実に死亡率が下がるという。一方でアルコールは少量でも有害という説もあるが、現段階でどちらの説が正しいのかは定かでない。酒を嗜む私としてはUカーブ(Vカーブ)の存在を信じたい。

2Uカーブ

今宵はそのようなことを脳裏に浮かべつつ、パッヘルベルのカノンの調べを堪能しウイスキーを嗜んでいる。

3卓上だ

横町コメント
3850番目の記事です。私は日本酒も好きなので、夏場は冷酒も嗜みます。但し健康のことを考えればウイスキー、焼酎(甲種)、ラム酒などの蒸留酒となります。敬愛して止まない父方祖父は七十代半ばまで生きましたが、日本酒好きなことだけが記憶の片隅に残っています。祖父が蒸留酒を飲んだかどうかは定かでありませんが、祖父の酒道楽は私の後半生の生き様に大きな影響を与えています。

私は何かに行き詰まった際に、祖父ならどうするかをシュミレーションしますが、これが打開策に繋がるのは珍しくありません。孫の私から見た我が祖父(農家の次男)は軍人ということもあり、プレッシャーには強く、バランス感覚に優れた人間だったのかも知れません。

いろいろと考えるうちに、祖父のルーツ(仙台藩士・川村孫兵衛に従い、伊達政宗の北上川開削事業に携わった陪臣で、その後は石巻の大街道開拓事業に携わる)に行きつきますが、岩手県南部から北上川沿いに南下した我がルーツ(元々は葛西家臣で、その後は伊達家臣に組み込まれる)は代々不撓不屈の精神を持ち、血のにじむ思いで数々の修羅場を掻い潜り、生き延びてきたようです。

ルーツからその血を引き継ぐ私としては残された人生を、一日でも無駄にすることなく、有意義な日々を送りたいと考えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4七百横町
関連記事

コメント

こんばんは♪
Uカーブについては大変興味深いですね。
男性60ccだと水割りでちょうどグラス一杯分くらいでしょうか。

古の祖先に思いを馳せながらのウィスキー、有意義な夕べになったのではないでしょうか♪

URL | 暇人ity ID:-

この曲も何回かリンクされていると思いますが、夢というか、明るい未来を感じさせる美しい曲ですね…。
酒と私の関係については、常に自然体であろうと思っております…。日々の量については、特に量を決めず思う量を飲んでおりますが、極端に多い日はありません…。
酒と共にいい人生を送りたいと思っております…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~

ウイスキーが、ポリフェノールを含んでいて、身体に良いとは知りませんでした。先日、北海道に行ったとき、ニッカウヰスキーに寄り、自分用にウヰスキーを買って帰りました。少しずつ飲みましたが、思いのほか香りが良かったです。また、買ってみようかしら・・

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

横町さん、こんはせんは

リンク曲素適でした。
適量を守れば良いとの見解もありました。

URL | ichan ID:-

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。ご質問(🥃の量)についてはダブルとのことです。昨日は飲み過ぎて3倍近く行ってしまいました😖💧

酒を飲んで文章を考えるのは至福の時間です。雑念も去って行く気がします。ご配慮により本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

こういう穏やかな曲をよく作ったものだと思いますね。聞いているだけでリラックスできる曲ですが、長年に渡る淘汰の網を搔い潜ってきた理由がよくわかる気がします。病院の待合室などのBGMにもいい気がします。酒を飲みながら一日の憂さを晴らす。これが祖父の酒飲みの原点だったと推察しています。

幼い時に三つか四つまでに見た祖父の酒飲みでしたが、寸分も乱れることのない、普段とさほど変わらないものだったと記憶しています。おはからいにより本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。ウイスキー🥃が百薬の長として機能する量は思った以上に少なく、酒飲みには物足らない気がします。中には寝酒と割り切っているかたも居られる気がします。この量だと毎日でもまったく問題ないようです。

おはからいにより本日も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂きこの曲をリンクした甲斐がありました。Uカーブ(Vカーブ)の存在は信じたいところですね。でもこの量に押さえるのは至難の業という気がします。今は週二回の休肝日を設けていますが、この量なら寝酒として毎日飲んでも行けるものと考えています。

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

大好きな
パッフェルベルカノンです。
心が落ち着きます。

URL | つや姫日記 ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

おはようございます。そうおっしゃって頂きこの曲をリンクした甲斐がありました。最近古いブロ友様が、様々な事情で去って行き、モチベーションが低下しそうになっていました。😖💧

そんな中で、何とか自分らしさをキープしたいと考えています。ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)