fc2ブログ
本記事で3851番目の投稿である。今日の仙台は非常に暑かったが、私はバイクを駆って若林区に向かった。もちろん空調服着用である。この道路は宮沢根白石線という都市計画道路で、南鍛冶町工区と舟丁工区(約1km)が2023年3月23日に開通している。従って開通から4カ月経ったことになる。これは南側(宮沢方面)のビューである。

1南側

google map 3D画像で付近の状況と本日のルート(ウォーキング)を確認して頂きたい。炎天下の中、途中に昼食休憩🆒を挟みながら2キロ弱の歩行であった。

2google map 3D画像

藩政時代の地図をご覧頂きたい。現在とはまったく異なり、結構込み入った所だった。現在の南材木町と書かれたところが奥州街道であった。旧道の奥州街道沿いは歴史的建物があるので、新たな都市計画道路は敢えて旧道を外したようだ。

3藩政時代地図

ここは1885年(明治18年)創業 仙台市若林区舟丁の仙台駄菓子『石橋屋』である。舟丁は奥州街道より道一本西の道路である。

4仙台駄菓子石橋屋

こちらは奥州街道沿いの針惣(以前は旅館業を営んでいて多くの著名人が宿泊したとされる)である。以前の記事で建物の内部を紹介している。訪問は9年半前(2014年2月)のことであった。

5針惣

昭和市電通(旧国道4号)との交差点である。宮沢根白石線は途中までしか繋がっていないが、昭和市電通の先は工事中のようで盛り土がなされていた。

6県道22号線

こちかが旧道の奥州街道である。敵から一気に攻め込まれないように、道がクランク型に配置されていて、いかにも城下町という趣である。

7クランク1

都市計画道路 宮沢根白石線の北側のビューである。途中から緩い登りになる。

8北側4車線

東北新幹線の陸橋である。この先は連坊小路を経て新寺小路に至る。空調服があるので熱中症にならずに済んだ。それでもかなり暑かった。この後コンビニに立ち寄りかき氷を頂いた。
🥵💦

9新幹線下

横町コメント
新たな都市計画道路の出現で、このあたりも随分とイメージが変わった気がします。それでも歴史ある建物が残っているようで、胸を撫でおろしました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


10六百横町
関連記事

コメント

新しい計画道路、さすがに広くてきれいですね…。そして、ところどころ、由緒ある建物が残っているところが魅力的ですね…。
写真から、かなり日差しは強いとお見受けしました…。かなり暑かったのではないですか…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

歴史ある建物を保存しつつ、都市開発を
進めるところは称賛に値します。
流石、仙台です。
翻って居住地は古来の市街地を過疎化する
ような施策しかできていません。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

石橋屋さんは、5月に店を閉めてしまい、とても残念でした。。
新しい都市計画道路が出来て、とても便利になった一方で、
従来の街並みが寸断されてしまうこともあって、
街並みを一変させてしまいますね~。

boubouさん、ありがとうございます。

ここは工事中の時に何度か立ち寄ったことがあり、いつか訪れなければと思っていた場所でした。所縁の建物が残っていたので胸を撫でおろした次第です。よりによって猛暑日に近い日の訪問になりました。途中、地下鉄の駅の通路に入って涼を取りましたが、あまり涼しくなかったです😖💧スーパーの中が一番快適🆒だったようです。

お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。新たな道路に立つと、まったく別な場所のように見えます。でも古い建物も保存してあり、調和とも、妥協ともつなかいもの🌫🌪️を感じます。それはさておき、新たな仙台が今後どうなって行くのか、垣間見た気がします。👀

熱中症のリスクと戦いながら歩いていましたが、距離が短かったのが幸いでした。ご配慮により本日もお引き立てを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。石橋屋さんのことは貴兄の記事で紹介されていたのでよく記憶していました。舟丁の一部が残ったのが幸いと言う気がします。街並みの寸断に関してはおっしゃる通りですね。初めて通ると戸惑う気がします。ここから若林城址(現宮城刑務所)には結構近く、政宗公の街づくりの構想に触れた気がします。

おはからいにより本日も格別なるエールを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)