fc2ブログ
三橋達也 福島県民謡「相馬流山


リンク曲「相馬流山
相馬流山」は相馬にとって国歌ともいうべきもので、極めて格調高い調子で歌われる曲である。ここでいう「流山」とは相馬中村藩(奥州相馬藩)祖の故郷である下総の国「流山」(今の千葉県流山市)の地名にあやかったものである。この歌は1323年、奥州相馬家六代藩主・相馬重胤が従者三十余人を率い、住み慣れた下総を後に、奥州相馬地方に下向した際、口ずさんだものとも言われる。(福島県相馬市と千葉県流山市は1977年に姉妹都市の盟約を交わした)

相馬流山」の起源とも言われる相馬重胤が家臣とともに陸奥行方(現福島県浜通り地方小高地区)に下向してきたのは、それまでの居住地であった下総での勢力争いの末。居づらくなったとも、或いは源頼朝から賜った遠方の地である此の地が家臣の謀反や他からの侵略で奪われそうな懸念があったからとされる。

一方でこの歌は土地の酒造りの時にも歌われたり、鎌倉武士の間に親しまれたとも言われる。元々は侍の間に歌われたもので、相馬野馬追には出陣式時に歌われ、威厳に満ちており、「東奥の君子国」(民俗学者の故岩崎敏夫氏の命名)と称される相馬中村藩の名誉を讃えている。歌詞には野馬追の景観を含んだものが多く見られるのが特徴である。ここで相馬野馬追の起源とされる相馬重胤について触れておきたい。

相馬重胤(生年不詳~1336)
陸奥相馬家6代当主。1323年(元亨3)下総国相馬郡(現千葉県、茨城県)から陸奥行方郡(現福島県浜通り)に移り、後に小高城を築き奥州相馬氏の祖となる。後醍醐天皇の討幕軍に加わり所領を安堵される。以後足利方に属し、1336年(延元2年12月25日)鎌倉で南朝側の北畠顕家の軍に敗れ家臣十数名とともに自害した。通称は孫五郎。

画像は昨年(2022年)の総大将を務めた相馬言胤(としたね)氏(14)である。言胤氏は今年も総大将を務める。

1相馬言胤

第一日目のスケジュールである。見どころは何と言っても相馬中村神社の出陣式である。出陣に際し、言胤氏がどんな訓示を述べるのか注目である。

2一日目

第二日目は野馬追のメインイベントとも言える神旗争奪戦が行われる。

3二日目

最終日の三日目は小高神社(南相馬市小高区)で神事が行われる。

4三日目

相馬家の家系図を見て驚くのは総理大臣を務めた家系(安倍家、岸家、佐藤家、麻生家)と繋がっていることである。相馬家33代当主の和胤氏の義兄が麻生太郎氏ということになる。範囲は政界や実業界などに渡っている。

5家系図

相馬家は一度も領地を変えることなく江戸時代まで続いたが、明治維新後は賊軍とされた。廃藩置県で政府から東京への移住を命じられ相双地方を離れた。相馬家第33代当主の相馬和胤氏は幼少期を東京で過ごした。

元々相馬野馬追は歴代の藩主が中心となり、連綿と続けられてきた。だが相馬家の東京移住後、総大将は親戚筋や家臣の子孫、相馬市長などが名代として務めるのが通例となり、旧藩主直系の相馬家との関わりは徐々に薄れていったという。

そんな中にあって和胤氏は28歳で1969年に初めて総大将を務めた。明治以降で総大将を相馬家の嫡男が務めたのは和胤氏が初めてだったという。和胤氏はその後、1987年まで計7回にわたって総大将を務め、1988年に長男の行胤(みちたね)氏にバトンタッチし、その後は次男の陽胤(きよたね)氏、と毎年交互に務め、そして2022年からは、行胤氏の長男言胤(としたね)氏へと受け継がれた。画像は1987年に最後の総大将を務めた和胤氏である。

6最期の出陣1987

こちらは相馬家34代当主の相馬行胤(みちたね)氏である。行胤氏は現在実業家として活躍されている。相馬では知らない人がいないほどの方である。

7相馬行胤

行胤氏の弟の陽胤(きよたね)氏である。2014年に私が相馬野馬追を見に行った際は総大将を務めておいでだった。陽胤氏も実業家である。

8相馬陽胤

横町コメント
3852番目の投稿になります。古いブロ友様はご存じですが、私は定年するまでの1年半、相馬に勤務したことがあります。その時は2年連続で相馬野馬追を見ることができました。(通算で4度の見学)開催を目前に控えて、あの時の熱い感動が再び蘇るような思いがしています。いつしか機会があれば再びあの日の感動を味わってみたいと考えています。

目の前に展開される勇壮な戦国絵巻は圧巻です。野馬追が開催される三日間、騎馬武者は時空を越えて本物の武士に成り切ります。それは近寄り難いほどの迫力で、胸が高鳴る思いです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


9七百横町
関連記事

コメント

相馬和胤氏が、1969年に総大将について、それ以降は、相馬家の当家筋が総大将を務めているのはいいことですね…。これも、伝統の保持につながると思います…。現総大将が14歳と若く、昨年から務めているとは大したものです…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

伝統を守ることが困難になりつつある中、
相馬家の直系ご当主が務められるようになって
良かったと思います。
東北地方の諸大名家の多くは冷遇されたこと、
改めて感じました。

URL | ichan ID:-

ずっと。。。

こんばんは。
地震、津波、原発事故のために大きな被害を受けた地域で、野馬追も存続が危ぶまれましたが、無事、継続されている様子がよくわかり、安心しました。
ロデオ関連で、一度は訪問したいと考えていますが、大分時間が経ってしまいました。諦めずに、夢の実現に向けて計画を練りたいと思います。
ご紹介記事、ありがとうございます。

URL | yokoblueplanet ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

相馬和胤氏は孫にもアドバイスしているようですが、どんなに暑くても総大将がどうあるべきかを伝えているようです。若き総大将の登場とコロナ明けということもあり、今年は昨年以上に盛り上がりそうです。でも暑さが半端でないので熱中症も心配です。

一時は賊軍とされた相馬が野馬追で元気を取り戻した。1969年はそんな節目の年であったと思います。毎年この時期になると熱い思いが込み上げて参ります。これはビジュアルで見ないとわからない気がします。それぞれが武者に成りきる勇壮な相馬野馬追が今年も恙なく行われることに際し、この上もない慶びを抱きます。

お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。おっしゃる通りで、明治以降で総大将を相馬家の嫡男(当主)が務めたのが1969年ということは長いブランクがあったことになります。戊辰の役から百年過ぎて、ようやくわだかまりが薄れたと解釈できる気がします。今では語り草ですが、相馬家当主の総大将の復活は最初は遠慮気味だったものと捉えています。

凛々しい相馬言胤氏の表情を拝し、ルーツから連綿と続く相馬家の重みをひしひしと実感します。コロナによる縛り(規模縮小)もようやく解け、炎天下で行われる戦国絵巻には期待しています。お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

yokoblueplanetさん、ありがとうございます。

初コメントを頂戴し感謝申し上げます。我がルーツは伊達に関わって、北上川河口で生き延びてきたようですが、定年前の一時期相馬勤務になったこともあり、相馬野馬追を数回見る機会がありました。ルーツは伊達と敵対した相馬ですが「郷に入れば郷に従う」という気持ちでした。震災で大きな被害を被った相双地区ですが、野馬追は規模の縮小こそあったものの、中止することがなかったと聞いています。

相双地区では、多くの住民が毎年この日に備えて、馬の世話をしたり乗馬など準備をしています。それだけに、相馬野馬追は被災後の活力を取り戻すのに一役も二役も買った気がします。
そうおっしゃって頂き記事を書いた甲斐がありました。お陰様で本日はお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

三橋美智也の曲にすがすがしい気分に浸りました。
そして相馬としたね14歳が昨年から大将を勤められているとのこと。
鳥肌がたつくらい素晴らしいですね。
若くて歴史の継承者に拍手を送りたいです。

URL | つや姫日記 ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

おはようございます。相馬言胤氏の昨年の口上(相馬中村神社での出陣に向けた訓示)では堂々たるものを感じました。言胤氏はつい最近元服されたと聞いています。(昨日の言胤氏の口上はこのリンクでご覧いただけます。https://news.yahoo.co.jp/articles/1d1cd4f21dd37f1f4112526ccbaa6f1208f9f182)URLは地元のニュースゆえ、短期間でリンク不能となるのをご容赦願います。

この祭りは勇壮ですが、相馬と言う土地柄がこれほどにじみ出るイベントもない気がします。「花は相馬に、実は伊達に」という言葉がありますが、やはり相馬には花がある。では相馬の花とは何なのか?と問われた際の答えが相馬野馬追という気がします。相双地区では、年に一度のこの祭りに懸けているかたも多いです。それだけに込み上げるようなものを感じています。やはり相馬の殿様の血を継ぐかたが総大将に相応しい気がします。

一方で自分としては、定年間際に逆風に際した際、大いに励みになったのがこの祭りでした。武者の気持ちを持てば、どんな困難でも乗り切れないものなどないと自分に言い聞かせました。

リンク動画についてそうおっしゃって頂き、この曲をリンクした甲斐がありました。今回もおはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)