fc2ブログ
3862番目の投稿である。私は現在迷彩柄の半袖空調服を所有しているが、以前から洗濯した際のスペアとしてもう一着欲しいと思っていた。今回購入したのは外国製(恐らく中華製)の無地の空調服である。特徴としてはご覧のように反射テープ(前と後ろ)が施されている。これは夜間作業時の視認性を意識したものと思われる。デザイン的には遊び着という印象はなく作業服に近いイメージである。胸ポケットが二つついているのは有難い。眼鏡を入れるなど重宝しそうである。

ちなみに、本品の色柄はスカイブルーである。他のラインナップとしてダークな迷彩柄、ネイビーが存在する。

1正面

ファン用の穴の直径は以前のものと同じなので、新たにファンを購入する必要はない。従って空調服単品での購入である。

2背面

中国語?で書かれた説明書きである。材質は96%が綿である。

3合格品

洗濯して縮まないかが心配である。

4不可干洗い

裏側には背中の中央部のみメッシュがついている。また配線を通すような帯類(輪っか)は一切ついていない。従って胸ポケットの袋の後ろに安全ピンで配線を止めることにした。作りが雑という感は否めないが、かと言って致命的な欠点とまでは言い難い。けして痒い所に手が届いた品ではないが、工夫次第では使えるというニュアンスである。。

5内側配線類

横町コメント
袖を通してとりあえず着用には支障がないのを確認しました。メリットとしてはビジネスシーンにも十分使えることです。懸念要素としては材質が綿なので、涼しさと洗濯した際に縮まないか?という点です。これについては後程フォローしたいと考えています。ちなみに通販での購入でした。ホームセンターやワークマンなどの建設系ウェアーがメインのショップで、このような地味な空調服は手に入りにくいようです。(1、2年前の古い型にはあったようですが、売れ行きがいまいちで、現在の主流は柄物か、カジュアルっぽいデザインがメインになってきています)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


6六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~

ファンは別売りなのですね。
ファンだけでも使うことができるのですね。
わたしは、ミシン使用時、顔だけに当たる小さな扇風機を利用していますが、そんな感じにも使えるのかしら~
替えが必要なくらいに、空調服って使い心地が良いのですね。

URL | 布遊 ID:-

空調服の効能を確認されての2着目の購入ですね…。ファンの使い回しが出来るのいいですね。規格化されているのですね…。、

URL | boubou ID:-

こんばんは

空調服第2弾、流石にトレンディーな横町さん。
涼やかに過ごせそうですね。
薄型のクールベストと併用すると更に涼やか
になるかもです。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

空調服、ガーデニングの作業時にも良さそうですね~♪
今度、お店で見てみようかと思っています。。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。ご質問にお答え致します。自分としては空調服によって夏の過ごし方が変わると考え、二着目の購入に踏み切りました。空調機械に頼らない涼感が得られるのならば、ミニマリストの指向にも繋がるのかも知れません。

少なくともエアコンの運転時間を短くできるものと踏んでいます。お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

物によっては穴のサイズが違うと聞いたことがあります。それだけにファンの直径が穴と合ったのはラッキーでした。一種の賭けでしたが功を奏したようです。

二着体制により、これで空調服を夏中着られると考えています。おはからいにより本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

こんにちは。ここまで空調服に入れ込むとは自分でも思っていませんでした。(笑)迷彩柄は遊び着っぽかったのでビジネスモードのデザインのものを購入しました。まだまだ暑い日が続きそうなので、出番が増えそうです。

ご配慮により本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

こんにちは。昨年初めて空調服を購入したのが盆前でした。運が良ければ型落ち物(来年度は新型を作るならば)のディスカウント品に出遭えるかも知れません。ラインナップが多いのはダブルストーン、ワームマンです。

お陰様で本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)